自然・気候

自然・気候

帯広市の「気候の特徴」とは?季節ごとの傾向などを解説【十勝平野】

日本の農業生産の要でもあり、地理的には十勝平野の中央・道内では太平洋側寄りに位置する「帯広市」。 こちらのページでは、帯広市の気候の特徴について、各季節ごとの特徴や札幌市との比較等を詳しく見て行きたいと思います。 帯広市の気候「全体的な特徴...
自然・気候

【十勝地方(管内)の気候】全体の傾向・季節や地域ごとの特徴は?

北海道の道東・太平洋側に位置し、日本の食料供給を支える国内一の農業地域でもある「十勝地方(十勝総合振興局管内)」。 こちらでは、十勝地方の気候について、その全体的傾向・季節ごと、地域ごとの特徴・札幌市との比較などを詳しく見て行きたいと思いま...
自然・気候

【根室地方の気候】全体の傾向・季節や地域ごとの特徴は?

南鳥島を除く国内では最も東側に位置する北海道「根室地方」。 「海に面したイメージ」を思い浮かべる方も多いかもしれませんが、実際に気候・自然環境は海の影響を大きく受ける地域となっています。 こちらでは、根室地方の気候について、その全体的な特徴...
自然・気候

根室市の「気候の特徴」とは?季節ごとの傾向などを解説【海洋性の気候】

北方領土を除く国内の最東端に位置し、オホーツク海と太平洋に面する形で突き出した(根室半島)地理的特徴を持つ根室市。当ページでは、根室市の気候の特徴について、季節ごとの傾向や札幌市との比較などを詳しく考察・解説していきます。 根室市の気候「全...
自然・気候

富良野市の「気候の特徴」とは?季節ごとの傾向などを解説【海から遠い内陸部】

美しい風景やテレビドラマによる知名度によって多くの人が訪れ、道内でも屈指の観光地として知られる富良野市。当ページでは、富良野市の気候について、各季節ごとの特徴・札幌市との比較等を詳しく解説・考察していきます。 富良野市の気候「全体的な特徴」...
自然・気候

島根県の「雪事情」とは?

山陰地方に位置する「島根県」は、その気候のイメージとしては鳥取県と似たような形で「冬は雪が降る」という印象を持たれることが多くなっていますが、実際のところ、県内の「雪事情」はどんな状況になっているのでしょうか? こちらでは、島根県内で降る雪...
自然・気候

松江市の「雪事情」とは?【雪は多くも少なくもない】

こちらのページでは、中国地方の日本海側に位置する島根県の県庁所在地「松江市」の「雪事情(雪の降る・積もる傾向など)」を解説していきます。 松江市は、日本海側の地域としては雪が少な目ですが、年によってはかなりの大雪となるケースもあるなど、冬の...
自然・気候

熊本県・熊本市の「雪事情」とは?

こちらでは、九州の中では福岡県に次ぐ人口規模を持つ「熊本県」について、冬の「雪」というテーマから、その基本的な状況(雪事情)を解説していきます。なお、解説する内容は全て「過去の一般的な傾向」です。 熊本県は、一般に雪が少ない地域として知られ...
自然・気候

【宗谷地方の気候】全体の傾向・季節や地域ごとの特徴は?

北海道・日本国内では最も北側に位置する「宗谷地方(宗谷総合振興局管内)」。 緯度が高い地域に位置することから「とても寒冷」なイメージがありますが、気候的特徴は「海」の影響も強く受けるため、単に寒いだけではない場合もあります。 こちらでは、宗...
自然・気候

阿蘇地域の「雪事情」とは?【熊本県】

こちらでは、熊本県内の内陸部、九州屈指の観光地として名高い阿蘇地域(南阿蘇村・阿蘇市・高森町・南小国町・小国町・産山村=阿蘇カルデラ周辺)について、冬の「雪事情(雪の降る・積もる傾向など)」を解説していきます。 阿蘇地域は全国的に見て雪が多...
自然・気候

稚内市の「気候の特徴」とは?季節ごとの傾向などを解説【国内最北端】

当記事では、北海道のみならず「日本国内」の最北端にあたる「稚内市」の気候について、季節ごとの傾向や札幌市との比較などを詳しく解説していきます。 稚内市の気候「全体的な特徴」 稚内地方気象台の雨温図 降水量平均気温日照時間平均風速降雪量最深積...
自然・気候

釧路市の「気候の特徴」とは?季節ごとの傾向などを解説【太平洋沿岸】

北海道道東地域の太平洋沿岸に位置し、日本で最も東側に位置する「人口10万人以上の都市」である一方、一般には「夏の涼しさ」でも有名な釧路市。 当ページでは、釧路市の気候の特徴について、各季節ごとの傾向・札幌市との比較等を詳しく解説・考察してい...
自然・気候

【釧路地方の気候】全体の傾向・季節や地域ごとの特徴は?

北海道の「道東」地域の太平洋側に位置する「釧路地方(釧路総合振興局管内)」。 一般には「釧路湿原」や「摩周湖」などの観光・冷涼な環境で知られ、長期滞在される方も多い地域です。 こちらでは、釧路地方の気候について、その全体的な特徴や季節ごと・...
自然・気候

留萌市の「気候の特徴」とは?季節ごとの傾向などを解説【日本海に面する】

当ページでは、北海道内で小樽・石狩・稚内とともに日本海に直接面する数少ない「市」である留萌市の気候について、季節ごとの詳しい特徴や札幌市との比較について解説していきます。 留萌市の気候「全体的な特徴」 留萌特別地域気象観測所の雨温図 降水量...
自然・気候

【留萌地方(管内)の気候】全体の傾向・季節や地域ごとの特徴は?

北海道の日本海側北部に位置する「留萌地方(留萌振興局管内)」。西側を海に面した地域は、季節風を直接受けるため、冬場の気象条件が厳しい地域としても知られています。 こちらでは、留萌地方の気候について、その全体的傾向・季節ごと、地域ごとの特徴・...
自然・気候

【日高地方(管内)の気候】全体の傾向・季節や地域ごとの特徴は?

北海道の太平洋側に位置し、道内の山地でも特に急峻な日高山脈がある一方、海沿いは雪が少なく「冬」はしのぎやすいことで知られる「日高地方」。 こちらでは、日高地方の気候について、その全体的傾向・季節ごと、地域ごとの特徴・札幌市との比較などを詳し...
自然・気候

【檜山地方の気候】全体の傾向・季節や地域ごとの特徴は?

当記事では北海道の道南地域に位置する「檜山地方」の気候について、その全体的な特徴や季節ごとの傾向・各自治体ごとの大まかな特徴などを解説していきます。 檜山地方の気候とは? 檜山地方の位置(出典:地理院地図・一部作図) 檜山地方は、道内では渡...
自然・気候

札幌市「8月の気候」は?気温・天気の傾向・服装など基本を解説

こちらでは、札幌市の「8月の気候」について気温・天気などの傾向を詳しく解説していきます。 札幌市の8月は、北海道とはいえ「夏らしさ」をしっかり感じやすい時期である一方、年によっては後半以降ややひんやりする場合も見られるほか、秋雨前線の影響を...
自然・気候

札幌市「12月の気候」は?気温・天気の傾向・服装など基本を解説

こちらでは、札幌市の「12月の気候」について気温・天気などの傾向を詳しく解説していきます。 札幌市の12月は雪が降る・積もることはごく一般的で、大雪に見舞われる場合もあるほか、1日を通して氷点下の「真冬日」となる日も増えていくなど、本格的な...
自然・気候

札幌市「3月の気候」は?気温・天気の傾向・服装など基本を解説

こちらでは、札幌市の「3月の気候」について気温・天気などの傾向を詳しく解説していきます。 札幌市の3月は、大まかに言えば「雪が残っている」ことが多い時期で、新しく雪がまとまって積もることもあるなど、「冬の延長線上」にあたります。但し、近年は...
自然・気候

札幌市「5月の気候」は?気温・天気の傾向・服装など基本を解説

こちらでは、札幌市の「5月の気候」について気温・天気(雨・雪)などの傾向を詳しく解説していきます。 札幌市の5月は、花や緑の美しい風景が一気に広がり始める時期で、北海道の遅い「春本番」の到来となります。1年の中でも過ごしやすく、安定した天気...
自然・気候

札幌市「11月の気候」は?気温・天気の傾向・服装など基本を解説

こちらでは、札幌市の「11月の気候」について気温・天気などの傾向を詳しく解説していきます。 札幌市の11月は「晩秋」から「冬の始まり」にかけての時期であり、紅葉の見頃から落葉の段階を迎えるなど、季節は足早に進んでいきます。気温もどんどん下が...
自然・気候

「蝦夷梅雨」とはどういうものか【実は定義なし・近年多用】

初夏(6月)の北海道。この時期は本州では「梅雨入り」の便りが届くようになるものですが、北海道は一般に「梅雨がない」土地であるとされています。 確かに北海道の6月に観測される気象データは、雨は少な目で「梅雨」らしい傾向があるとは言えません。 ...
自然・気候

札幌の「降水量」はどのくらい?【年間・月間データ】

当ページでは、観光に訪れる際などに役立つ札幌市の「気候(気象)」について、「降水量」というテーマに絞って、年間の降水量・月間の降水量・各都市との比較・一定以上の雨が降る頻度など、様々なポイントからその状況を見て行きたいと思います。 年間の降...
自然・気候

札幌市「7月の気候」は?気温・天気の傾向・服装など基本を解説

こちらでは、札幌市の「7月の気候」について気温・天気などの傾向を詳しく解説していきます。 札幌市の7月は、北海道の比較的短い「夏」へと入る時期であり、時にはかなり暑い日となる場合もあります。また、年ごとの天候の差が大きめで、平均した場合それ...
自然・気候

越前市・鯖江市の「雪事情」とは?【福井市と比較的似た傾向】

こちらのページでは、福井県の「越前市」・「鯖江市」について、その「雪事情(雪の降る・積もる傾向など)」を解説していきます。 越前市・鯖江市は雪は比較的多い地域で、まれに50cm~1m前後の大雪となる場合もあるなど、その雪事情は近隣の「福井市...
自然・気候

高松市・香川県の「雪事情」とは?

こちらでは、四国の中では北東側に位置する香川県と、その県庁所在地である高松市について、冬に「雪」が降る・積もる頻度や量といった「雪事情」を解説していきます。 一般に四国は雪が少ない地域とされる通り、香川県・高松市も雪は少ない傾向がありますが...
自然・気候

札幌市「6月の気候」は?気温・天気の傾向・服装など基本を解説

こちらでは、札幌市の「6月の気候」について気温・天気などの傾向を詳しく解説していきます。 札幌市の6月は、まだ「春らしさ」が見られる一方で「初夏」の装いも見られるようになる時期で、全体的には天候が安定し、観光などには適した時期と言えます。 ...
自然・気候

奄美大島における「雪」とは?【降った記録を見る】

九州側よりも沖縄側に近く、気候としては「亜熱帯」に含まれる鹿児島県の奄美大島。こちらでは、奄美大島における「雪」という、余り関係のなさそうなテーマについて、過去に雪が降った記録などを含め解説していきます。 奄美大島では、一般的に雪が降ること...
自然・気候

小樽市の「気候の特徴」とは?季節ごとの傾向などを解説【海沿いの豪雪地】

道内屈指の観光地であり、日本海(石狩湾)に面した港町となっている「小樽市」。こちらのページでは、小樽市の気候について、季節ごとの傾向・札幌市との比較等を詳しく考察・解説していきます。 小樽市の気候「全体的な特徴」 小樽の雨温図 平均気温降水...
自然・気候

【後志地方(管内)の気候】全体の傾向・季節や地域ごとの特徴は?

北海道の日本海側に位置し、観光で有名な小樽・倶知安・ニセコ、また日本海に突き出した「積丹半島」のある「後志(しりべし)地方」。 こちらでは、後志地方の気候について、その全体的傾向・季節ごと、地域ごとの特徴・札幌市との比較などを詳しく見て行き...
自然・気候

佐賀県・佐賀市の「雪事情」とは?

こちらでは、九州の北部に位置する「佐賀県」について、冬の「雪」が降る・積もる頻度や傾向など、その「雪事情」を解説していきます。なお、解説する内容は全て「過去の一般的な傾向」です。 佐賀県は、雪が少ない九州に位置するため、決して積雪が目立つよ...
自然・気候

草津温泉の「雪事情」とは?【積雪1m以上も一般的】

こちらのページでは、首都圏から多くの観光客が訪れる全国屈指の温泉地である群馬県の「草津温泉」地域について、その「雪事情(雪の降る・積もる傾向など)」を解説していきます。 草津温泉一帯は、標高が非常に高いほか県内では北側に位置し日本海側からの...
自然・気候

前橋市・高崎市の「雪事情」とは?【平地の雪は基本的に少ない】

こちらのページでは、群馬県の県庁所在地・群馬県最大の都市である「前橋市」と「高崎市」について、市街地を基準とした「雪事情(雪の降る・積もる傾向)」を解説していきます。 前橋・高崎市は関東平野一帯の北側に位置し、気候としては冬は乾燥してよく晴...
自然・気候

群馬県の「雪事情」とは?【雪の量の極端な南北差】

こちらのページでは、関東地方北部に位置し、関東平野一帯と険しい山地など様々な地理的特徴を持つ「群馬県」について、「雪事情(雪の降る・積もる傾向など)」というテーマから詳しく解説していきます。 群馬県は平野部と山間部、北部と南部の気候の差が極...
自然・気候

【上川地方(管内)の気候】全体の傾向・季節や地域ごとの特徴は?

北海道の中央部に南北に細く伸びる地域で、海に一切面していない内陸部に位置する「上川地方」。 内陸ということで「寒い地域」として広く知られる一方、拠点都市である旭川市は道内第2の都市で、30万人以上の人口を持つ地域となっています。 こちらでは...
自然・気候

【網走地方(オホーツク管内)の気候】全体の傾向・季節や地域ごとの特徴は?

北海道のオホーツク海側に位置する「網走地方(オホーツク総合振興局管内)」。 一般には「流氷」や「知床」の自然で知られ、観光で訪れる方も多い地域です。 こちらでは、網走地方の気候について、その全体的な特徴や季節ごと・各自治体ごとの大まかな傾向...
自然・気候

北見市の「気候の特徴」とは?季節ごとの傾向などを解説【オホーツク海側内陸部】

本ページでは、北海道オホーツク海側にある都市としては最も規模が大きい「北見市」の気候について、各季節ごとの詳しい特徴・札幌との比較などを解説していきます。 北見市の気候「全体的な特徴」 北見アメダスの雨温図 降水量平均気温日照時間平均風速降...
自然・気候

網走市の「気候の特徴」とは?季節ごとの傾向などを解説【オホーツク海・流氷】

こちらの記事では、北海道の道東・オホーツク海側地域に位置し、一般には「流氷」で広く知られる網走市の気候について、各季節ごとの詳しい特徴や札幌市との比較などを解説・考察していきます。 網走市の気候「全体的な特徴」 網走地方気象台の雨温図 降水...
自然・気候

北海道・札幌の「秋雨」とは?雨の傾向・量などを解説【梅雨がないけど】

6月から7月にかけての「梅雨」。これが存在しない日本で唯一の地域としては、札幌を含む北海道が存在します。 一方で、北海道・札幌に「雨が多い」シーズンが全くないかと言えば、必ずしもそうとは言い切れません。梅雨ほどの注目は集めませんが、「秋雨」...
自然・気候

岩見沢市の「気候の特徴」とは?季節ごとの傾向などを解説【冬は豪雪】

札幌の通勤圏内に入る地域である一方、メディア等で度々「ドカ雪」が降る場所として取り上げられることも多い「岩見沢市」。当ページでは、冬に限らず岩見沢市の各季節ごとの気候の特徴、札幌市との気候の比較等を詳しく解説・考察していきます。 岩見沢市の...
自然・気候

【空知地方(管内)の気候】全体の傾向・季節や地域ごとの特徴は?

北海道の内陸部に位置する地域で、札幌~旭川間を結ぶルート沿いの各都市(岩見沢・滝川・深川など)がある「空知地方」。 こちらでは、空知地方の気候について、その全体的傾向・季節ごと、地域ごとの特徴・札幌市との比較などを詳しく見て行きたいと思いま...
自然・気候

【石狩地方(管内)の気候】全体の傾向・季節や地域ごとの特徴は?

北海道の道央地域に位置し、最大都市の「札幌市」・空の玄関口「新千歳空港」があるため道内の経済・交通など各種の「拠点地域」となっている「石狩地方」。 こちらでは、石狩地方の気候について、その全体的傾向・季節ごと、地域ごとの特徴・札幌市との比較...
自然・気候

【胆振地方(管内)の気候】全体の傾向・季節や地域ごとの特徴は?

北海道の太平洋側に面する地域で、苫小牧・室蘭という北海道最大の港湾・工業都市を有する地域でもある「胆振地方」。 こちらでは、胆振地方の気候について、その全体的傾向・季節ごと、地域ごとの特徴・札幌市との比較などを詳しく見て行きたいと思います。...
自然・気候

苫小牧市の「気候の特徴」とは?季節ごとの傾向などを解説【太平洋側】

北海道最大の工業地・港湾を持ち、複数のフェリー航路も乗り入れる拠点都市「苫小牧市」。当ページでは、苫小牧市の気候について、各季節ごとの傾向や札幌市との比較を詳しく解説・考察していきたいと思います。 苫小牧市の気候「全体的な特徴」 苫小牧市の...
自然・気候

室蘭市の「気候の特徴」とは?季節ごとの傾向などを解説【海の影響大】

北海道では苫小牧に次ぐ2番目の工業都市であり、海に面することから冬場が温暖なことでも知られる室蘭市。こちらの記事では、室蘭市の気候について、季節ごとの特徴・札幌市との比較等を詳しく解説・考察していきます。 室蘭市の気候「全体的な特徴」 室蘭...
自然・気候

みなかみ町の「雪事情」とは?【関東で最も雪が多い地域】

こちらのページでは、新潟県と接する群馬県最北端の「みなかみ町」の「雪事情(雪の降る・積もる傾向など)」を解説していきます。 みなかみ町は、関東地方では最も雪が多い地域で、全国的に見ても屈指の豪雪地帯となっています。地域にもよりますが積雪2m...
自然・気候

群馬県で雪が多い地域・少ない地域はどこ?

こちらでは、北関東に位置する群馬県内において、「雪」が多い地域・少ない地域はどこか?というテーマについて、様々な側面から見ていきたいと思います。 雪の量というものは、「アクセス可能な場所」・「市街地」・「山岳地帯」など、様々な「物差し」で考...
自然・気候

千葉県の「雪事情」とは?【雪は少ない地域・ほとんど積もらない場所も】

こちらのページでは、関東地方南部に位置し、東京湾と太平洋に面するなど海が身近な環境でもある「千葉県」の「雪事情(雪の降る・積もる傾向など)」について、データなども見ながら詳しく解説していきます。 千葉県は、全体的に雪は少ない地域で、環境によ...
自然・気候

鹿児島県の「雪事情」とは?【南国ながらまれに降る?雪の量の地域差大】

こちらのページでは、九州南部・南西諸島にかけての温暖・多湿な地域に位置する「鹿児島県」について、その「雪事情(雪の降る・積もる傾向など)」について、詳しく解説していきます。 「南国」・「亜熱帯」のイメージが強い鹿児島県は、雪は全域で少なく「...
自然・気候

【地域別解説】札幌市「豊平区」の「雪事情」【やや少ない】

雪が多い札幌市内は、市内のどこへ行っても毎年必ず50cm以上の雪が積もり、場合によっては1m単位の雪になることもある豪雪地域です。 一方で、各区・各地域の状況を見ると、市内でもやや多い地域・少ない地域があったり、ある気象条件で降りやすい地域...
自然・気候

大山(鳥取県)の「雪事情」とは?

こちらのページでは、鳥取県・中国地方の「最高峰」であり、山の中腹(大山寺周辺)はスノーリゾート・観光拠点として多くの人が訪れる地域にもなっている「大山」について、観光拠点となっている「大山寺」周辺地域を基準とした「雪事情(雪の降る・積もる傾...
自然・気候

倉吉市周辺・三朝温泉の「雪事情」とは?【地域差が大きい】

こちらのページでは、鳥取県中部の倉吉市・三朝温泉周辺地域について、その「雪事情(雪の降る・積もる傾向など)」を解説していきます。 倉吉市周辺は、海からの距離・気温の違いなどにより雪の量が大きく異なる場合があり、雪がそれほど多くない地域・かな...
自然・気候

米子市の「雪事情」とは?【鳥取市より雪が少な目】

こちらのページでは、中国地方の日本海側、鳥取県西部の拠点都市である「米子市」について、その「雪事情(雪の降る・積もる傾向など)」を解説していきます。 米子市は、同じ鳥取県の県庁所在地である鳥取市よりは雪が少な目ですが、時には大雪となる場合も...
自然・気候

札幌市「1月の気候」は?気温・天気の傾向・服装など基本を解説

こちらでは、札幌市の「1月の気候」について気温・天気などの傾向を詳しく解説していきます。 札幌市の1月は一年の中では最も寒い時期で、昼間も氷点下の気温となる場合が多いほか、雪も最も多く降る傾向を持ちます。積雪は基本的に次第に増えていく傾向に...
自然・気候

「北海道開発局」とは何をする組織?【位置づけ・業務内容などを知る】

こちらでは、北海道における国の各種公共事業の実施を行う「北海道開発局」について、その組織としての位置づけ・所管する業務など、基本となる知識を解説していきます。 前身は「北海道開発庁」・現在は国土交通省の一組織 北海道開発局は、歴史的なルーツ...
自然・気候

山口市・山口県の「雪事情」は?

こちらでは、中国地方の最も西側に位置し、瀬戸内海・日本海のいずれにも面する「山口県」とその県庁所在地「山口市」について、冬の「雪」が降る頻度や量といった「雪事情」の基本を解説していきます。なお、解説する内容は全て「過去の一般的な傾向」です。...
自然・気候

高知市・高知県の「雪事情」とは?

こちらでは、一般に「南国」と呼ばれることも多い四国の南部に位置する高知市・高知県について、冬の雪の降る頻度や量など「雪事情」を解説していきます。 高知県内は、一般に雪が多い地域とは言えませんが、地域による差が大きいことも特徴で、高知市のよう...
自然・気候

【地域別解説】札幌市「清田区」の「雪事情」【少ないはほんと?】

札幌市内では、冬になるとどの地域でも雪に覆われ、道路環境が悪くなったりするなど生活も「雪」を前提とした暮らしに変わります。一方で、雪がよく降るといっても、地域ごと・区ごとで見ると降る量や降るタイミングなどに差があり、いつでも同じような降り方...
自然・気候

【地域別解説】札幌市「東区」の「雪事情」【意外と多い】

札幌市内は冬になると雪に覆われ、どの地域でも多くの積雪を前提とした日常生活を送ることになります。一方で、区ごと・地域ごとの特徴を見ると、降る条件や降る量については、市内でも場所によって差が目立つこともあります。 当ページでは、丘珠空港のある...
自然・気候

【地域別解説】札幌市「白石区」の「雪事情」【積雪が少な目?】

札幌市内はどこでも毎年多くの雪が降りますが、その降雪量の合計や雪の降るパターン、雪が積もる時期については、地域や標高により一定の差があります。 本ページでは、市内の東側に位置する「白石区」について、その「雪」事情を詳しく見て行きたいと思いま...
自然・気候

山形県の「気候の特徴」とは?季節ごとに詳しく解説

こちらでは、東北地方の日本海側に位置する「山形県」の気候について、全体的な特徴や季節ごとの傾向などを詳しく解説していきます。 山形県の気候「全体的な特徴」 山形の雨温図 新庄の雨温図 酒田の雨温図 山形県は、地理的には東北地方の中では日本海...
自然・気候

岩手県の「気候の特徴」とは?季節ごとに詳しく解説【本州一寒い】

こちらでは、東北地方の中では太平洋側に位置する「岩手県」の気候について、全体的な特徴や季節ごとの傾向などを詳しく解説していきます。 岩手県の気候「全体的な特徴」 盛岡の雨温図 岩手県は、東北地方の中では南北に伸びる奥羽山脈の東側、位置的には...
自然・気候

秋田県の「気候の特徴」とは?季節ごとに詳しく解説【豪雪・強風】

こちらでは、東北地方日本海側に位置する「秋田県」の気候について、全体的な特徴や季節ごとの傾向などを詳しく解説していきます。 秋田県の気候「全体的な特徴」 秋田県は、東北地方の日本海側に位置する地域であり、北は青森県・東は岩手県・南は山形県と...
自然・気候

宮城県の「気候の特徴」とは?季節ごとに詳しく解説

東北地方の拠点都市である仙台市のある「宮城県」。こちらでは、宮城県の「気候」について、季節ごと・地域ごとの特徴などをなるべく詳しく見ていきます 宮城県の気候「全体的な特徴」 仙台の雨温図 石巻の雨温図 宮城県は、東北地方の中ではやや南側・太...
自然・気候

鳥取市の「雪事情」とは?【時にかなりの大雪も】

こちらのページでは、中国地方(山陰地方)の日本海側では最も東に位置する都市で、鳥取県の県庁所在地でもある「鳥取市」について、その「雪事情(雪の降る・積もる傾向など)」を解説していきます。 鳥取市は温暖な気候である一方雪は比較的多く、年によっ...
自然・気候

札幌で夏の「夕立(ゲリラ豪雨)」はあるのか?【雷】

夏の天気と言えば、本州各地、とりわけ北関東や内陸部の山地といった地域では夕方に積乱雲(入道雲)が発達し短時間で豪雨をもたらす「夕立」が一つの風物詩とも言えるほど一般的な存在です。 一方で、北の大地・北海道について見ると、余り「夕立」と言われ...
自然・気候

札幌の「湿度」は?年間の傾向や首都圏との比較などを解説

冬は寒く夏は涼しいとされる北海道・札幌。気候という面では、気温の上下や雪の状況などは大きくクローズアップされやすいテーマですが、札幌の「湿度」というテーマは、余り話題に上ることはありません。 こちらでは、手肌のケアやのどの調子などに直結する...
自然・気候

鳥取県の「雪事情」とは?【西日本屈指の多雪地域】

こちらのページでは、中国地方の日本海側(山陰地方)に位置する「鳥取県」について、その「雪事情(雪の降る・積もる傾向など)」というテーマから詳しく解説していきます。 鳥取県は概ね温暖な気候を持つ地域ですが、西日本では特に雪が多い地域の一つとな...
自然・気候

札幌は晴れやすい?それとも曇りが多い?日照時間のデータから考える

札幌の気候というと、夏は涼しい・冬は寒い・雪が多い・災害が少ないといったイメージを持つ人が多くなっています。一方で、観光や自然を満喫するために必要な気象の条件としては、「晴れた天気」というのもまた重要です。 本記事では、札幌における「晴れや...
自然・気候

札幌と旭川「雪事情」の違いを解説【どちらの雪が多いのか】

冬は雪に覆われる北海道。北海道で最も人口が多い札幌市、2番目に人口が多い旭川市は、いずれも日本海からの雪雲の影響を受ける範囲にあり、道内でも太平洋側と比べ雪は多くなっています。 当ページでは、いずれも雪の多い札幌市と旭川市について、多い中で...
自然・気候

ライラックとはどんな花(樹木)?【札幌市内の名所・見頃などを解説】

北海道の道都「札幌市」を象徴する花(樹木)として一般的に知られている「ライラック」。 こちちらでは、その花・樹木としての基礎知識、札幌市内における位置づけや名所・見頃などをまとめて解説していきます。 ライラックの基礎知識 和名ムラサキハシド...
自然・気候

札幌の桜「開花日・満開日」は?過去のデータを見る

北海道・札幌は一般に春の訪れが遅い地域として知られており、桜の開花時期や満開時期も、首都圏や京阪神など本州一帯の太平洋側地域と比べ、極めて遅くなっています。 こちらでは、札幌市における桜の開花日・満開日を過去のデータを示しながら、その傾向や...
自然・気候

札幌市の桜開花と「気温」の関係を考える

札幌の桜は、開花時期は首都圏や京阪神など本州の温暖な地域と比べると1か月以上遅く、時期に応じた「季節感」にも大きな違いがあります。 当ページでは札幌市の桜について、「開花の時期の気温」・「開花前の気温」など具体的な気温との関係性について、複...
自然・気候

札幌の「初冠雪」とは?時期はいつ?【手稲山】

札幌における「冬の便り」としては、最も象徴的な「初雪」のほか、「初霜」や「初氷」そして「初冠雪」といった項目が気象庁によって観測されています。 当ページでは、その中でも最も早く訪れることが多い「初冠雪」について、その時期などを全国的な比較も...
自然・気候

札幌市内の「雪」を「地域ごと」に考える【雪の多い所・少ない所】

日本国内の都道府県庁所在地の中では、青森市に次いで(ほぼ同じ)雪の多い都市である札幌市。市内では、どの地域であっても冬場は毎年比較的多くの雪に覆われ続けますが、毎年の降雪量や、あるタイミングで降る雪の量を見て行くと、地域ごとに一定の違いも見...
自然・気候

札幌・北海道に「梅雨」はない?【データから見る】

札幌や北海道各地の気候の傾向としては「冬が寒い・雪が多い」とか「夏が涼しい」といったものが一般的に挙げられますが、この他に最も特徴的な要素としては、「梅雨がない」こともよく言われます。 梅雨がない。というと、梅雨が一般的な本州(特に西日本な...
自然・気候

札幌の冬「路面凍結」はどんな感じ?【基本を知る】

1年間に100日以上雪が積もり、真冬には1か月の半分くらいが最高気温0℃未満の「真冬日」になる札幌のまち。 冬場の札幌は、まさに「雪」と「氷」のまちと言っても過言ではありませんが、そのような中で生活する上で、一番気になる部分と言えば「道路」...
自然・気候

【地域別解説】札幌市「手稲区」の「雪事情」【初冠雪】

毎年多くの雪が降り、少なくとも100日程度は雪に覆われ続ける札幌のまち。市内ではどの地域でも一定量の雪が降りますが、降る量や降る条件・各年ごとの違いといった状況を見て行くと、区ごと・地域ごとの差は比較的はっきり分かり、どこでも同じ感覚でよい...
自然・気候

【地域別解説】札幌市「南区」の「雪事情」【山沿いは豪雪地】

札幌市内には10の行政区があり、それぞれに山地が多い・平地のみ・海から遠い(近い)といった地理的な特徴があります。冬場の「雪」について見ても、それぞれの地理的な特徴に応じて「降り方」・「積もる量」は一定の違いがあり、どの区でも同じという訳で...
自然・気候

【地域別解説】札幌市「北区」の「雪事情」【雪が多いあいの里・ホワイトアウト】

都心部も含め毎年必ず50cmを大幅に上回る積雪となる札幌のまち。市内はどこでも冬場は雪に覆われますが、降るパターンや積雪量、年による違いなどを見て行くと、各区・各地域ごとに比較的はっきりとした差が見られることもあります。 本ページでは、札幌...
自然・気候

【地域別解説】札幌市「中央区」の「雪事情」【都心・気象台あり】

札幌市内の積雪は、市が観測するものは各区ごとに観測施設がありますが、気象庁が観測するものは南区の山沿いにあるアメダスを除いては、中央区の札幌管区気象台のみで観測されています。 こちらでは、気象台のある札幌市「中央区」について、その「雪事情」...
自然・気候

【地域別解説】札幌市「西区」の「雪事情」【雪が多い西野】

雪がどこでも比較的多く積もる札幌市内。一方で細かく見て行くと、地域ごとに降る量や降るパターン、降る頻度などには一定の違いがあるなど、どこでも全て同じという訳ではありません。 本ページでは、札幌市内でも琴似・発寒地区などを有する「西区」につい...
自然・気候

【地域別解説】札幌市「厚別区」の「雪事情」【森林公園】

札幌市内は冬になると年間100日以上は雪に覆われ、多い時期には1m前後の積雪となることもあるなど、全国屈指の「豪雪都市」です。 一方で、降る・積もると言っても、各区・地域ごとに見ると、その年ごとの気象条件などに応じ、積雪は一定の差が見られる...
自然・気候

札幌・北海道における「PM2.5」とは【濃度・影響はあるのか】

「大気汚染」に関する用語として最も一般的なものといえば、テレビなどでも取り上げられることのある「PM2.5」が挙げられます。 PM2.5と言えば、かつて中国大陸からの大気汚染物質の流入が酷かった時期(現在は環境対策により大幅に改善傾向)は西...
自然・気候

札幌と岩見沢「雪事情」の違いとは【近いのに差が大きい】

全国的に見ても非常に雪が多い地域である北海道の札幌市。 一方で、周辺地域との比較で見た場合、札幌は時に「雪が少ない」と言われることすらあります。その大きな要因というのは、約30km少々離れた場所にある「岩見沢市」の存在。 岩見沢市では、市街...
自然・気候

都道府県庁所在地「年間平均気温ランキング」

当ページでは、日本国内の各都道府県庁所在地について「平均気温」という観点からその気温をランキング形式でまとめていきます。 平均気温のデータは、気象庁が1991年~2020年に観測したデータに基づく「平年値」を基本としています。平年値は各年ご...
自然・気候

札幌市の面積はどのくらい?【各地との比較も】

北海道の道庁がある最大都市「札幌市」。 札幌市は市街地も大変広い一方、実のところ広大な「山間部」も含んでおり、その広さはかなりのものです。 当ページでは、観光をする際の予備知識にもなる「札幌市の地理」についてその「面積」というテーマに絞って...
自然・気候

沖縄県で雪が降ることはある?【雪事情】

日本の中でも最も温暖で亜熱帯の気候を持つ「沖縄県」。沖縄県の気候に関して見た場合、「雪」というテーマは最も縁遠いようにも見えますが、本当に沖縄で雪が降ったことはないのでしょうか。 こちらでは、「沖縄で雪が降るかどうか?」という少しユニークな...
自然・気候

広島県の「雪事情」とは?【地域差大・豪雪地帯も】

こちらでは、中国地方最大の人口を持つ県であり、瀬戸内海側から山深い地域まで、様々な地理的特徴を地理的特徴を持つ「広島県」について、冬の雪が降る頻度や量など「雪事情」の基本を解説していきます。なお、解説する内容は全て「過去の一般的な傾向」です...
自然・気候

日本国内の都道府県庁所在地「降雪ランキング」

日本は、世界的に見ても雪が多い地域として知られており、多くの人口が住む場所でも大雪となったり、毎年のように雪化粧したりすることはごく一般的です。 こちらでは、日本国内における1年間の降雪量や最深積雪(一番雪が積もった日の積雪量)・雪日数につ...
自然・気候

岡山県の「雪事情」とは?【南北で全く違う傾向】

こちらのページでは、中国地方の山陽(瀬戸内)側に位置する「岡山県」について、その「雪事情(雪の降る・積もる傾向など)」というテーマから詳しく解説していきます。 岡山県は、瀬戸内海沿岸は極めて雪が少ない地域である一方、北側ほど雪の頻度は増え、...
自然・気候

津山市の「雪事情」とは?【南北差が大きい】

こちらのページでは、岡山県北部の主要都市である「津山市」について、その「雪事情(雪の降る・積もる傾向など)」を解説していきます。 津山市は比較的寒冷な環境で、市街地でも雪が時折積もる気候である一方、市内の南北で雪の降る回数・量が極端に違う特...
自然・気候

冬の日本海側は「乾燥しない」は本当か?

こちらでは、冬の「乾燥」というテーマについて、「カラカラの風が吹き付ける首都圏」との対比として言われることがある「日本海側は乾燥しない(しにくい)」という状況について、「それは本当なのか?」という観点から、なるべくわかりやすく解説していきた...
自然・気候

札幌と小樽「雪事情」の違いとは【やや似た傾向も】

本数の多いJR線で気軽に移動出来る北海道最大の都市「札幌」と、観光都市「小樽」。2つの都市は、いずれも日本海に比較的近い位置にあり、冬は雪が多くなります。 こちらでは、札幌と小樽について、いずれも雪が多いとは言え、それぞれの雪の量は特にどち...
自然・気候

札幌の初霜・初氷はいつ?過去のデータから傾向を見る

冬の訪れを告げる最も一般的な記録と言えば、「初雪」の観測というものがあります。一方で天気ではなく「気温」で見た場合は、そのシーズンではじめて「霜」や「氷」が観測された「初霜」・「初氷」の記録というものも冬の訪れを実感する上で大きな節目と言え...
自然・気候

札幌には海がある・ない?結局どっち?【海の玄関口】

北海道最大の都市であるのみならず、日本国内でも第5位の規模を誇る札幌のまち。 観光をする際の「予備知識」にもなる札幌のまちの地理を考える場合に、時折疑問として上がりやすいテーマは、「札幌って、海はあるの?」というものがあります。これについて...
自然・気候

札幌・北海道に「黄砂」は飛んでくる?【頻度・濃さ・影響などを解説】

「春の天気」と言えば、過ごしやすく穏やかなイメージがありますが、時に飛んでくる「黄砂」により視界が悪くなったりするという現象も春に発生することはよく知られている通りです。 春の訪れが遅い北海道・札幌は、黄砂の発生する中国の砂漠地帯から離れて...
自然・気候

過去の「南岸低気圧」による主な「大雪事例」まとめ【首都圏・平成以降】

こちらでは、首都圏に積雪をもたらすことがある「南岸低気圧」について、基本的に「東京で積雪10cm前後~となった」ような特にまとまった雪(大雪)となった事例について、一般的に記憶に残っていることも多い「平成以降」の事例に関して、過去の事例をま...
自然・気候

除雪費は全て市町村の負担?国の交付金・補助制度について知る

冬になると日本海側の地域を中心に「雪」が積もることが多い日本国内では、雪の影響を受ける自治体ではその「除雪費用」が予算の中で比較的重要な位置づけを持つ場合があります。 一方で、その「除雪費用」の「財源」については、「なんとなく」のイメージで...