【一覧形式】奈良市内にある「花の名所」と「花の見頃」完全まとめ

この記事では、奈良市内にある有名な「花の名所」とその「見頃」について、季節ごと・お花ごとに一覧形式でご紹介して参ります。見頃については例年の傾向となっていますので、場合によっては表示している期間よりも早く咲きはじめることや、早く散りすぐこと、また遅くなることもありますので、ご訪問の前には開花状況などを別途確認して頂くこともおすすめします。

月ヶ瀬梅林

規模:10000本 見頃:2月中旬~3月下旬

関西最大規模、全国でも有数の梅の名所である「月ヶ瀬梅林」は、一見「奈良市内」とは思えない奈良市最東端の月ヶ瀬地区の名張川沿いに広がっています。

【月ヶ瀬梅林】ダム湖沿いに広がるのは「関西有数の大梅林」

奈良公園(片岡梅林)

規模:250本 見頃: 2月下旬~3月中旬

・月ヶ瀬梅林などと比較すると極めて小さな梅林ではありますが、奈良公園内「飛火野」の西側、浮見堂の北側に広がる「片岡梅林」は奈良駅周辺では貴重な梅の名所となっています。

【片岡梅林】奈良公園内随一の「梅の名所」では紅白色とりどりの梅が咲き誇る

追分梅林

規模:数百本 見頃:2月上旬~3月中旬

・奈良市西部、矢田丘陵沿いに広がる「追分梅林」は平成20年頃までは月ヶ瀬梅林に次ぐ圧倒的な規模を誇る梅林として有名観光スポットとなっていましたが、病害により一度梅の木が壊滅し、現在「復興」が進められている状況となっています。規模はかつての4千本からは大幅に減少していますが、近年は一部で再び梅が咲きはじめ、小さなイベントなども開催されるようになっています。

【追分梅林】かつての大梅林は少しづつ復興への道を歩む

その他のスポット

秋篠寺元興寺(極楽坊)東大寺境内・平城宮跡などでも2月~3月頃にはちらほらと咲く梅を楽しむことができます。

椿

白毫寺(五色椿)

見頃:3月下旬~4月中旬

白毫寺の椿は、赤・白・ピンクやそれらが混じった色など、美しくカラフルな「五色椿」と呼ばれる椿で有名となっています。椿は咲き誇る際のみならず、苔むした地面に落ちてからも大変美しく、見頃には数多くの写真愛好家らが訪れます。

【白毫寺】五色椿や萩が有名な「花の寺」では「えんま様」がお迎えする

【白毫寺五色椿】美しい「散り椿」を味わえる「奈良三名椿」の一つ

護国神社

見頃:3月中旬~4月中旬

・戦没者を祀る奈良県護国神社では、観光客からの知名度は低いですが、2万3千本とも言われる規模を持つ奈良市最大の椿を楽しむこともできます。なお、見頃の時期には境内では「椿まつり」も開催されます。

【奈良県護国神社】戦没者を祀る空間は「椿」と「桜」の名所としても知られる

伝香寺(ちり椿)

見頃:3月下旬~4月上旬

・花びらが散る様が大変美しいことから、「散り椿」や「武士椿(もののふつばき)」と呼ばれる伝香寺の椿。お寺の知名度はそれほど高くはありませんが、奈良市内有数の椿の名所として美麗に散る椿を一目見ようと観光客が訪れる「穴場」スポットとなっています。

【伝香寺】「散り椿」の美しさと「はだか地蔵尊」で知られるお寺は率川神社のすぐそばに

その他のスポット

この他には、元興寺(極楽坊)法華寺(華楽園)唐招提寺境内・春日大社(若宮神社)周辺でも美しい椿を味わって頂けます。とりわけ春日大社の「若宮椿」は5月頃まで味わえるなど、その他の椿と異なり見頃が長いという特徴があります。

なお、「椿の名所」としては「東大寺開山堂」も椿の名木「のりこぼし」で有名となっていますが、残念ながら椿の見頃には拝観することができません。

馬酔木

奈良公園内各所(飛火野界隈など)・春日大社境内 (ささやきの小径)・ 東大寺境内各所

【奈良公園】「世界遺産」に囲まれた自然あふれる奈良観光の拠点ゾーン

見頃:3月下旬~ 5月上旬

雪柳

海龍王寺

規模:150本 見頃:3月下旬~4月上旬

奈良最大の「雪柳(ユキヤナギ)」の名所として知られる古刹「海龍王寺」は、見頃になると白く美しい花に境内が包まれ、幻想的な風景が広がります。

【海龍王寺】平城宮の歴史と深いつながりを持つ寺院は「雪柳」の名所としても名高い

その他のスポット

奈良市内では、このほか法華寺境内・興福院周辺などでも雪柳を味わうことができます。海龍王寺・法華寺・興福院はいずれも奈良市街地北側の「佐紀・佐保路」に位置するお寺であり、散策しながら複数の「雪柳」の名所を見て回ることが出来るようになっています。

レンギョウ

不退寺

見頃:3月下旬~4月上旬

・黄色の美しい花を咲かせる「レンギョウ」は、奈良市内では法華寺などからも近い位置にある在原業平ゆかりのお寺「不退寺」がその名所となっています。

【不退寺】在原業平が創建したと伝わるお寺は佐保路の隠れた「花の名所」

桜については、「佐保川」の桜並木奈良公園や氷室神社の桜平城宮跡の桜、また4月以降の九重桜・八重桜など、奈良市内のあちこちに「桜の名所」があります。

「桜の名所」については、下の記事で詳細に解説していますので、そちらをご覧ください。

【徹底調査】奈良市内にある「桜の名所・お花見スポット」一覧【長く楽しめる】

ツツジ

依水園

見頃:4月下旬~5月上旬

・奈良で最も美しい庭園とも言える東大寺境内に隣接する「依水園」では、春になると平戸ツツジ、霧島ツツジが新緑とともに咲き誇ります。

【依水園】季節ごとの彩り豊かな「絶景」が広がる奈良最大級の日本庭園

十輪院

見頃:4月下旬~5月上旬

・規模は小さなものですが、石仏で有名な「十輪院」でも、本堂の美しい建築を囲むように平戸ツツジが咲き誇ります。

【十輪院】様々な「石仏」の魅力を存分に満喫できるならまちエリア有数のお寺

その他スポット

いわゆる「観光地」ではありませんが、奈良市内を貫く主要な道路である「やすらぎの道」沿いには、近鉄奈良駅から鴻ノ池陸上競技場周辺にかけてや、学園前エリア周辺などでツツジが一面に咲き誇ります。また、帯解寺や、春日大社萬葉植物園などでも美しいツツジを見ることができます。

ぼたん

元興寺極楽坊

【元興寺(極楽坊)】ならまちの町並みに囲まれる「世界遺産」は飛鳥時代からの歴史を今に伝える

見頃:4月中旬〜5月上旬頃

元興寺塔跡

見頃:4月中旬〜5月上旬頃

・一見民家のような空間にも見える穴場観光スポット「元興寺塔跡」では、桜やチューリップが咲き誇った後には、「牡丹(ボタン)」が華やかな色合いで咲き誇り、新緑と美しい共演を見せてくれます。

【元興寺塔跡】季節ごとの風景が美しい隠れた「花の名所」はかつての五重塔跡

春日大社境内一帯

見頃:4月下旬~5月上旬

藤原氏の氏神らしく「藤」があちこちに咲き誇る春日大社ですが、その中でもとりわけ立派な「藤」としては、本殿の近くにある「砂ずりの藤」と呼ばれる巨大な藤、また若宮神社を包み込むように咲き誇る「八ツ房の藤」があります。

【春日大社】原始林を含む広大な境内地を有する「世界遺産」は「藤原氏」ゆかりの神社

【砂ずりの藤】春日大社で最も有名な藤の木は樹齢800年の圧倒的存在

春日大社萬葉植物園

見頃:4月下旬~5月上旬

・天然の藤のみならず、多種多様な藤をじっくりと鑑賞したい方におすすめなのは、春日大社が運営する「萬葉植物園」内の藤20品種、200本もの藤が咲き誇る園内は見頃には圧巻の風景となり、日本有数の藤の名所と言っても差し支えない空間が広がります。

【春日大社萬葉植物園】「藤」のシーズンには大変なにぎわいを見せる風雅な空間

興福寺境内

見頃:4月下旬~5月上旬

・興福寺境内には、南円堂のすぐそばに「左近の藤(南円堂藤)」と呼ばれる藤があり、朱色が鮮やかな南円堂の建物と藤棚に咲き誇る藤の絶妙なコラボレーションをお楽しみいただけます。

【興福寺南円堂】朱色が美しい八角円堂は年1回のみ特別開扉される

奥飛火野

見頃:4月下旬~5月上旬

・一般に観光スポットとしては扱われていないのが、飛火野の更に奥にある「奥飛火野」と呼ばれる空間に咲き誇る天然の藤。近隣の「鹿苑」で工事が行われているため、その期間中は飛火野方面からは立ち入ることができないようですが、周辺整備が完了した後は、再び幻想的な風景を気軽に楽しむことができそうです。

【奥飛火野】有名な「飛火野」の奥に広がる野生の藤などが美しい「秘境」

カキツバタ(杜若)

法華寺

見頃:5月中旬

・春季と秋季のみ特別公開される「名勝庭園」では5月になると「カキツバタ」が咲き誇り、庭園の水辺が美しい紫色に包まれます。

【法華寺名勝庭園】杜若や皐月が美しく咲き誇る静かな空間

依水園

見頃:5月中旬

【依水園】季節ごとの彩り豊かな「絶景」が広がる奈良最大級の日本庭園

薔薇

霊山寺

規模:約200種2000本 見頃:5月上旬~6月上旬

奈良市内最大の「バラ」の名所として知られる「霊山寺」のバラ園。多種多様な色合いのバラが咲き誇るバラ園は、一般的「奈良」のイメージとはまた少し違ったエキゾチックな風景を楽しめる空間として、大勢の観光客でにぎわいを見せます。

【霊山寺バラ庭園】お寺の中にある奈良最大級の「バラの名所」

黄菖蒲

不退寺

規模:800本 見頃:5月下旬~6月中旬

・杜若と同じ時期、もしくは少し後に咲き誇る「黄菖蒲」は、不退寺境内の池の水辺などを黄色に染め上げ、春から初夏へと移り変わる季節感を感じさせる風景を生み出しています。

【不退寺】在原業平が創建したと伝わるお寺は佐保路の隠れた「花の名所」

菩提樹

西大寺

見頃:6月中旬

・西大寺には、「愛染堂」の前に西大寺中興の祖である叡尊上人が直々にお手植えになったとも伝わる樹齢約800年の菩提樹があり、美しい黄色い花々が初夏を彩ります。

【西大寺愛染堂】圧巻の愛染明王坐像はかつての「近衛家」の住まいにお祀りされる

十輪院

見頃:6月中旬

【十輪院】様々な「石仏」の魅力を存分に満喫できるならまちエリア有数のお寺

花ショウブ

柳生花しょうぶ園

規模:園面積1万平米・80万株 見頃: 6月上旬~7月上旬

奈良市唯一かつ最大規模の「花しょうぶ」の名所は、奈良市街地から離れた奈良の奥座敷、「剣豪の里」柳生エリアにある「柳生花しょうぶ園」。こちらでは圧倒的な規模のしょうぶ畑のみならず、アジサイも数多く咲いており、初夏のみずみずしい風情を存分に味わって頂くことができます。

【柳生花しょうぶ園】美しい菖蒲に加えアジサイなども咲き誇る貴重な空間

アジサイ(紫陽花)

般若寺

見頃:6月

【般若寺】コスモス寺として有名な「きたまち」を代表するお寺

新薬師寺

見頃:6月

【新薬師寺】日本最古・最大級の十二神将像があるかつての巨大寺院

元興寺境内

見頃:6月

【元興寺(極楽坊)】ならまちの町並みに囲まれる「世界遺産」は飛鳥時代からの歴史を今に伝える

柳生花しょうぶ園

【柳生花しょうぶ園】美しい菖蒲に加えアジサイなども咲き誇る貴重な空間

見頃:6月

奈良春日野国際フォーラム甍内日本庭園

見頃:6月

【奈良春日野国際フォーラム甍内日本庭園】季節ごとの風景を静かに味わえる奈良公園内の隠れた名所

※奈良市内には、隣の大和郡山市の「矢田寺」ほどのあじさいの名所はありませんが、お寺などの境内にちらほらと咲くあじさいを楽しむことが出来ます。

コスモス(初夏咲き)

般若寺

規模:7品種5万本 見頃:6月

「コスモス寺」として広く知られる般若寺は、「秋咲き」コスモスほどの規模はありませんが、初夏にもたくさんのコスモスが咲き誇り、「アジサイ」と「コスモス」の共演を楽しんで頂くこともできます。

【般若寺】コスモス寺として有名な「きたまち」を代表するお寺

蓮(ハス)

喜光寺

規模:200鉢 見頃:6月下旬~8月上旬

奈良で最も有名な「蓮の寺」として広く知られる「喜光寺」本堂を背景に咲き誇る蓮の花を写真におさめようと、蓮の見ごろには数多くの写真愛好家、観光客が訪れます。なお、蓮の花はどのスポットでも基本的に朝早いほど美しく花が開き、昼から午後にかけては花が閉じてしまう傾向がありますのでご注意下さい。

【喜光寺】行基菩薩ゆかりのお寺は美しい「蓮」でも有名

薬師寺

規模:250鉢 見頃:6月下旬~8月中旬

世界遺産「薬師寺」も蓮の名所として知られており、鐘楼周辺などの境内に蓮の鉢が並べられています。

【薬師寺】白鳳時代の面影を味わえる一方で多数の真新しい仏堂も立ち並ぶ奈良有数の巨大寺院

唐招提寺

規模:50鉢 見頃:7月~8月

・同じく世界遺産の「唐招提寺」の境内にも本坊前など複数の場所に蓮の鉢が並べられており、緑の多い境内を一層さわやかな風情で包み込んでいます。

【唐招提寺】美しい奈良時代の建築が複数残される「鑑真和上」ゆかりの寺院

元興寺

規模:50鉢 見頃:7月~8月

【元興寺(極楽坊)】ならまちの町並みに囲まれる「世界遺産」は飛鳥時代からの歴史を今に伝える

その他のスポット

この他には、ならまちの十輪院奈良国立博物館前の池などでも蓮を見て頂くことができます。

百日紅(サルスベリ)

奈良公園

見頃:7月中旬~8月下旬

・「花」の名所が少し少なくなる夏場のシーズンですが、奈良公園内では浮見堂周辺と浮雲園地周辺を中心にたくさんの「百日紅(サルスベリ)」の可憐な花を目にすることが出来ます。

【奈良公園】「世界遺産」に囲まれた自然あふれる奈良観光の拠点ゾーン

東大寺講堂跡

見頃:7月中旬~8月下旬

【東大寺講堂跡】大仏殿の裏手にある自然あふれる静かな「遺跡」

白毫寺

見頃:9月下旬

「萩の寺」として広く知られる白毫寺は、とりわけ参道(石段)周辺に群生する萩はお寺の古めかしい風情とあいまって大変美しい風景を生み出します。また、萩の近くから生駒山と奈良市街地へ向けて広がるすがすがしい眺めも魅力です。

【白毫寺】五色椿や萩が有名な「花の寺」では「えんま様」がお迎えする

元興寺(極楽坊)

見頃:9月中旬~ 9月下旬

・ならまちの世界遺産、「元興寺(極楽坊)」でも、本堂を包み込むように数多くの萩の花が咲き誇ります。

【元興寺(極楽坊)】ならまちの町並みに囲まれる「世界遺産」は飛鳥時代からの歴史を今に伝える

元興寺塔跡

見頃:9月中旬~ 9月下旬

・知名度は低いですが、「元興寺」の「塔跡」では、境内一帯が萩の花に包まれるような風景が広がり、ならまちの「裏庭」とも言えるような独特の風情を味わうことが出来ます。

【元興寺塔跡】季節ごとの風景が美しい隠れた「花の名所」はかつての五重塔跡

新薬師寺

見頃:9月下旬

・十二神将像で知られる薬師寺も萩の名所となっており、「白毫寺」とも近いため、萩の名所を合わせて巡るのもおすすめとなっています。

【新薬師寺】日本最古・最大級の十二神将像があるかつての巨大寺院

唐招提寺

見頃:9月下旬

・世界遺産の唐招提寺でも境内に萩が美しく咲き誇り、美麗な奈良時代の建築である「金堂」を背景に萩の花の写真を撮影することも出来ます。

【唐招提寺】美しい奈良時代の建築が複数残される「鑑真和上」ゆかりの寺院

その他のスポット

薬師寺秋篠寺円成寺などでも9月中旬~下旬ころを中心にちらほらと咲く萩の花をお楽しみいただけます。

コスモス

般若寺

規模:20種類15万本 見頃:9月下旬~10月下旬

関西有数のコスモス畑が広がる「般若寺」は、初夏咲きのコスモスも美しいですが、秋咲きのコスモスはそれを上回る圧倒的な規模を誇るものであり、お寺が完全にコスモスに包み込まれたような幻想的な風景を一目味わおうと、見頃には平日・休日を問わず多くの観光客でにぎわいを見せます。

【般若寺】コスモス寺として有名な「きたまち」を代表するお寺

阪原の里

見頃:10月上旬~10月下旬

・奈良市街地から柳生方面へ向かうバスで40分ほどの位置にあるのどかな農村「阪原」地区では、国道沿いの田畑一帯にコスモスが咲き誇り、農村風景とコスモスを同時に楽しめる空間となっています。

【阪原の農村風景】柳生街道沿いの農村集落一帯は佇んでいるだけでも気持ちの良い風景が広がる

ススキ

平城宮跡

規模:宮跡内全体 見頃:10月~11月

・奈良県内では曽爾高原が有名な「ススキ」の名所として知られていますが、奈良市内では有名な「平城宮跡」が驚くほどのススキの名所となっています。草原にあまりにもごく普通に群生しているので、「観光資源」として扱われている訳ではありませんが、美しいススキと大極殿・朱雀門の共演は実に感動的な風景となっています。なお、平城宮跡は近鉄電車で奈良駅に行く際に必ず通過する場所ですので、車窓からススキを眺めてみるのもおすすめとなっています。

【平城宮跡のススキ】近鉄電車からも見えるのどかな「秋の風物詩」

若草山

見頃:10月~11月

・平城宮跡以外には、奈良を代表する観光地である「若草山」も山頂付近などに数多くのススキが群生しており、奈良盆地の眺めを味わいながら秋の風情を存分に感じて頂くことが出来ます。

【若草山】「山焼き」で有名な奈良を代表する観光名所(みどころ・入山料金・ルート・アクセスなどを解説)

ウワナベ古墳・コナベ古墳周辺

見頃:10月~11月

【ウワナベ古墳】日本有数の規模を誇る古墳周辺は美しい水辺が広がる

【コナベ古墳】「ウワナベ古墳」に隣接する古墳では春には「桜との共演」も楽しめる

薔薇

霊山寺

規模:80種500本 見頃:10月中旬~11月中旬

・春にもバラが咲く霊山寺では、秋咲きのバラもまた見事なものとなっており、園内で花を見るのみならず、お寺の喫茶店ではローズティやバラのアイスクリームなどもお楽しみいただけます。

【霊山寺バラ庭園】お寺の中にある奈良最大級の「バラの名所」

紅葉

奈良市内の紅葉の名所は、奈良公園周辺を中心に、正暦寺、円成寺、また平城宮跡や月ヶ瀬湖界隈など様々なスポット、エリアで楽しんで頂けるようになっており、紅葉シーズンは1年で最も観光客の多い時期の一つにもなっています。

紅葉スポットの詳細については、以下の記事で詳しく解説していますので、そちらをご覧ください。

奈良市内の「紅葉の名所・みどころ」一覧

奈良市内には、京都などと比べると有名スポットは少ないものの、美しい紅葉を味わえる空間が多数あります。

南天

正暦寺

規模:1000株以上 見頃:11月下旬~12月上旬

【正暦寺】奈良市内随一の「紅葉の名所」かつ「日本清酒発祥之地」としても有名なお寺

さざんか

平城宮跡新薬師寺不退寺漢國神社

見頃:1月~2月

・冬に見頃を迎える花はその他の季節と比べると少なくなりますが、「さざんか」はとりわけ平城宮跡では比較的数多く咲いており、冬の寒々とした風景の中ではひときわ目立つ存在となります。

スイセン(水仙)

般若寺

見頃:12月~2月

・コスモスの印象が強い般若寺ですが、冬になると境内は美しいスイセンの花で彩られ、コスモスの鮮やかさとはまた違った落ち着いた雰囲気を味わうことが出来ます。

【般若寺】コスモス寺として有名な「きたまち」を代表するお寺

元興寺

見頃:1月~3月

【元興寺(極楽坊)】ならまちの町並みに囲まれる「世界遺産」は飛鳥時代からの歴史を今に伝える