観光のご案内「唐招提寺」(基本情報・東大寺関連各ページ一覧)

概要

唐招提寺(とうしょうだいじ)は、奈良公園・東大寺などのある奈良駅周辺エリアからは少し離れた「西の京」エリア、「薬師寺」とも比較的近い位置にある奈良有数の規模を誇るお寺です。

唐招提寺は奈良時代に中国(唐)から渡来して日本に仏教文化を本格的に普及させることに尽力した「鑑真和上(がんじん)」が創建したお寺として知られており、大変有名な僧侶とは言え「個人のお寺」であったため「南都七大寺」には含まれていませんが、仏教の戒律研究の拠点として大いに栄えた歴史を持っています。また、戦火を比較的免れてきたために、「金堂」・「講堂」・「宝蔵・経蔵」などは奈良時代から残されてきた建築物となっており、その華美な印象を感じさせない静かな雰囲気の伽藍(境内)と合わせ、日本有数の美しい寺院としても知られています。

歴史-「鑑真和上」が創建した戒律研究の拠点として

唐招提寺の歴史は、興福寺や薬師寺・元興寺など「南都七大寺」に含まれるお寺のように、飛鳥時代や奈良時代の初頭にさかのぼる歴史は有していません。

唐招提寺は、日本に正確な仏教の戒律を伝授する手法を持ち込んだ人物として知られ、幾度となく渡航に失敗しつつ、最後は失明した後にようやく日本へと渡ることに成功した中国(唐)の僧侶である「鑑真和上」個人が創建したお寺となっているため、その他のお寺とは少し異なるルーツを持つ事になっています。

鑑真和上は、天平勝宝5年(754年)に来日に成功し、平城京などで戒律を授けるシステムが未熟であった日本の仏教に正確な戒律伝授のシステムを整えることに尽力しますが、天平宝字3年(759年)に天武天皇第七皇子である新田部親王がかつて住んでいた邸宅の跡地を朝廷から与えられ、お寺を創建することになります。鑑真和上は4年後には亡くなったため伽藍(境内地)の整備の多くは死後となっていますが、同じく中国から渡来した弟子たちがその遺志を継いで金堂をはじめとする境内の建築物を整備していき、奈良時代の終わりごろから平安時代の初めごろにかけて順次整備が進められ、僧侶らが「律宗」の仏教戒律研究を行う拠点として機能することになりました。

その後の唐招提寺は、平安末期には荒廃状態となり興福寺の末寺となったとも言われていますが、鎌倉時代には中興を成し遂げ「覚盛上人」と呼ばれる僧侶が戒律の復興と境内の建築物の復興に尽力し、「鑑真の再来」とも言われるほどの繁栄をみせたとも言われています。唐招提寺はその後も往時の勢いこそ失われても、戦国時代の大きな戦火も免れ、江戸時代にも一定の規模を守り、廃仏毀釈の時代もどうにかくぐり抜けるなど、奈良のその他のお寺と比べると創建当初の面影を強く残したまま歴史を積み重ね、現在は奈良を代表する観光地の一つとして大いににぎわいを見せる空間となっています。

主要な文化財(仏像)

唐招提寺は奈良でも屈指の「国宝」の宝庫として知られており、近隣の薬師寺と比較しても国宝級の文化財が充実した空間となっています。国宝の多くは「金堂」に集められる形となっており、拝観もして頂きやすい環境となっています。

本尊廬舎那仏坐像(国宝)

唐招提寺の金堂の中央部に安置されている本尊廬舎那仏坐像は、奈良時代に造立された像の高さは3メートル、光背を合わせると5メートルに達する大きな仏像であり、光背には864体にものぼる化仏も表現されているなど壮大な雰囲気を感じさせる存在となっています。

薬師如来立像(国宝)

廬舎那仏坐像と同等の重厚感、存在感を放つ薬師観音立像は平安時代初期に造立されたものであり、伏し目がちの表情が特徴的な仏像となっています。

千手観音立像(国宝)

こちらも本尊に匹敵する存在感を放つ千手観音立像は、953本もの腕を現在も残す日本有数の千手観音さまとして知られており、華やかな雰囲気の中にも透き通った美しさをも感じさせる存在となっています。

鑑真和上坐像(国宝)

本堂ではなく、御影堂に安置されている(御影堂修理中は新宝蔵で特別公開)国宝の鑑真和上坐像は、唐招提寺を創建した鑑真和上のお姿を精巧に表現したリアリティあふれる像となっており、年に1度だけ特別公開される存在となっています。現在ではこの国宝の精巧なレプリカが「開山堂」に別途安置されており、こちらは随時ご覧いただけるようになっています。

「花」の隠れた名所です

唐招提寺は、その知名度は基本的に建築や仏像によるもので、いわゆる「花の寺」として有名な存在とは言えませんが、「喜光寺」・「薬師寺」とともに「ロータスロード」と呼ばれるなど「蓮」の名所としても知られ、境内の本坊周辺では鉢に植えられた美しい蓮の花を夏になるとご覧いただけるようになっています。また、4月下旬から5月の初めごろには鑑真和上の故郷である中国の揚州から送られた「瓊花」と呼ばれる白い美しい花が御影堂周辺で咲き誇り、日本では唯一と言ってよい「瓊花」の名所にもなっています。

なお、境内は近隣の薬師寺とは異なり緑・自然が大変豊かな空間となっており、これらの花の見頃に限らず、どの季節に来ても気持ちの良い空気を味わえるようになっています。

唐招提寺のみどころ・風景

金堂

金堂は、奈良時代に建立された唐招提寺境内では最大規模の仏堂であり、南大門(入り口)の真正面から望む美しい姿は「奈良を象徴する風景」の一つとして大変有名な存在となっています。

堂内には本尊である巨大かつ大量の化仏を有する光背が特徴的な廬舎那仏坐像、また伏し目がちの表情の薬師如来立像、1000本近い腕が現存する圧巻の千手観音立像、また厳めしさと穏やかさの両方を感じさせる四天王像梵天・帝釈天立像(いずれも国宝)が安置されており、まさに「国宝の宝庫」と呼べる空間となっています。

講堂

講堂は、金堂の裏手(北側)に位置する金堂に匹敵する巨大な建物です。この講堂は、金堂がこの地で新築されたのに対して「平城宮」の「東朝集殿」と呼ばれる建物を移築したというユニークな系譜を持つ存在となっており、唐招提寺のお堂でありながら、現在唯一残される「平城宮」にあった建物となっており、その存在感以上に貴重な存在となっています。

金堂に仏像が集中して配置されているため、講堂はその規模に比して仏像の数は少なくなっていますが、堂内には鎌倉時代に造立された弥勒如来坐像、またずんぐりとした姿の持国天・増長天立像が安置されており、ぜひ見ておきたい存在となっています。

鼓楼

鼓楼(ころう)は、金堂と講堂のすぐそばにある小さな国宝建築であり、鎌倉時代に建立された建物となっています。鼓楼は、「うちわまき」の行事で「うちわ」を参拝者に撒くための会場として、また仏舎利を奉安する施設としての役割を果たす建物となっており、豪華な金色の「金亀舎利塔」など、仏舎利を納めるための容器などはそれ自体が宝物として国宝に指定される存在となっています。

礼堂

礼堂(らいどう)は、金堂・講堂・鼓楼と同じく境内の中心部にある長細いお堂です。建物は隣接する鼓楼に安置されている仏舎利へ礼拝をする空間として設けられたものであり、堂内には釈迦如来立像なども安置されていますが、内部の拝観は基本的に出来ません。なお、礼堂の建物は中央部に「馬道」よ呼ばれる通路が設けられており、ここを通って講堂・鼓楼側から宝蔵・経蔵方面へと通り抜けが出来るようになっており、写真撮影にも適したスポットとなっています。

宝蔵・経蔵

宝蔵・経蔵は、礼堂の東側すぐの位置に南北に2つ並ぶ「校倉造り」の倉庫です。北側にある「宝蔵」、南側の「経蔵」はともに奈良時代頃の建立と考えられ、いわゆる「正倉院」などとも近い時期の建築となっていますが、「経蔵」に関しては唐招提寺創建前からこの地にあったともされ、正倉院よりも更に古い「最古の校倉造り」である可能性もある大変貴重な存在となっています。

開山堂

開山堂(かいざんどう)は、かつて徳川家歴代将軍をお祀りするお堂として建立された小さなお堂であり、現在は「御身代わり像」として唐招提寺を創建した「鑑真和上」の坐像のうち、御影堂に安置されている国宝の坐像の精巧なレプリカを安置する空間となっています。なお、堂内・鑑真和上坐像の撮影は一切禁止となっています。

御影堂

御影堂は、唐招提寺境内北側にあるお堂であり、かつて興福寺一乗院の「宸殿」として使用されていたものを昭和期に唐招提寺に移築したユニークな系譜を持つ建築となっています。堂内には奈良時代に造立された臨場感あふれる「鑑真和上坐像」、また日本画家の巨匠「東山魁夷」画伯が長期間を費やして描いた大作である障壁画も設置されています。なお、拝観は開山忌が行われる時期に限られ、毎年6月5日~7日の間のみ鑑真和上坐像などを拝観して頂けるようになっています。

なお、現在御影堂は平成27年から約5年程度の期間を見込む形で大規模な修繕が実施されているため拝観は不可能となっており、鑑真和上坐像の特別公開は新宝蔵において実施されています。

鑑真和上御廟

鑑真和上御廟は、境内の北東端にある創建者「鑑真和上」の墓所です。鑑真和上御廟は奈良のお寺としては珍しく、八角形の壁に囲まれ、立派な宝篋印塔も持つ「古墳」のごとき墓所となっており、周辺には小さな池もあり蓮や鑑真の故郷である中国から送られた花である「瓊花(けいか)」も花を咲かせる自然豊かな空間にもなっています。

戒壇

戒壇(かいだん)は、唐招提寺境内の西側、金堂などからは少しだけ離れた自然豊かなエリアに静かに佇む巨大な「石造物」とも言える施設です。

この施設はかつて「戒律」を授ける場所であった「戒壇院」の跡地であり、江戸時代の末期に戒壇院が焼失した後は建物は再建されることはなく、現在はその遺構である石檀部分と宝塔のみが置かれた状況となっていますが、宝塔と巨大な石檀の織りなす風景は日本国外にいるかのような異国情緒漂う独特の雰囲気を醸し出しています。

新宝蔵

新宝蔵は、唐招提寺の所蔵する貴重な文化財の一部を展示する施設であり、かつて講堂に安置されていた「旧講堂木彫群」と呼ばれる個性的な木彫像を中心に、奈良時代の勅額や金堂の屋根の上にかつて設置されていた鴟尾なども展示されています。なお、新宝蔵の拝観には通常の拝観料に加えて新宝蔵の拝観料が必要となっています。

南大門

唐招提寺の拝観受付のある「南大門」

唐招提寺の南側、バス停のすぐそばにある「南大門」は、昭和35年(1960年)に奈良時代の天平様式を再現する形で建てられた唐招提寺の山門であり、切妻造り・五間の中央に三扉という形式になっています。門には拝観受付を行うスペースが併設されているほか、東大寺のように門の両側に「仁王像」などが設置されている訳ではなく、全体的に質素なイメージを感じさせる門となっています。

なお、掲げられている「唐招提寺」の扁額に関してはレプリカであり、奈良時代に天皇により記された勅額は新宝蔵において展示がなされています。

地蔵堂

地蔵堂は、開山堂の北側に位置する小さなお堂であり、弘法大師により造立が図られたともされる地蔵菩薩立像(重要文化財)が安置される空間となっています。拝観は地蔵盆のシーズンである毎年8月23日・24日のみに限定されています。

中興堂

中興堂は、唐招提寺を鎌倉時代に復興し鑑真和上の再来とも言われた覚盛上人をお祀りする空間であり、内部には覚盛上人坐像(重要文化財)が安置されています。拝観は毎年5月19日に行われる中興忌梵網会(うちわまき)当日のみ可能となっています。

醍醐井戸

醍醐井戸は、奈良時代に鑑真和上自らが造り上げたとも伝わる古井戸で「本坊」の近くに位置しています。現在は名水が湧き出しているという状況ではありませんが、八角形の井戸枠と覆屋を持つ井戸の姿は長い歴史を感じさせる存在となっています。

本坊

唐招提寺本坊

本坊は、建物自体はいわゆる観光ルートに組み込まれている施設ではありませんが、前庭付近は夏になると朝方に美しい花を咲かせる「蓮」の名所となっています。「蓮」に関しては同じく蓮がみどころの一つである「喜光寺」・「薬師寺」とともに「ロータスロード」と呼ばれており、蓮のシーズンになると3つの寺院では共通拝観券なども発売されています。

その他のみどころ・風景

境内の神社

唐招提寺境内の「弁天社」

境内の南側、観光客の移動するルートからは少し外れた場所には「弁天社」と呼ばれる神社があります。

開山堂のそばにも小さな神社があり、苔むした檜皮葺の屋根が趣深い存在となっています。

芭蕉翁句碑

芭蕉翁句碑(唐招提寺)

開山堂のすぐそばには松尾芭蕉の句碑があり、元禄元年(1688年)に芭蕉が鑑真和上坐像をご覧になった際に詠まれた句「若葉して 御目の雫拭ばや」が記されています。

北原白秋歌碑

北原白秋歌碑(唐招提寺)

芭蕉の句碑の近くには、北原白秋歌碑も設置されており、鑑真和上を偲んで詠んだ歌「水楢(なら)の柔き嫩葉(わかば)はみ眼にして 花よりもなほや白う匂はむ」が記されています。

会津八一歌碑

唐招提寺金堂前の會津(会津)八一歌碑

金堂の近くには、有名な會津八一の歌碑も設置されており、金堂の佇まいをうたった短歌「おほてらの まろきはしらの つきかげを つちにふみつつ ものをこそおもへ」が記されています。

松瀬青々句碑

戒壇に近い位置には松瀬青々の句「門を入れば 両に稲田や 招提寺」を記した句碑も設置されています。

西方院

金堂などのある境内から近鉄電車の線路を挟んで西側には、「奥の院」とも呼ばれる塔頭「西方院」があります。こちらは観光客向けに通年公開されているようなスポットではありませんが、収蔵庫には快慶晩年の作である阿弥陀如来立像が安置されていることで知られています。

次項では、唐招提寺の主な年中行事について解説していきます。

主な年中行事・特別公開

唐招提寺では、年間を通して数多くの行事が行われます。最も知名度が高いのは5月の「うちわまき」であり、整理券配布なども行われます。

特別公開については、行事に合わせて公開される(中興堂・礼堂・地蔵堂・鑑真和上坐像)形となっており、一部で拝観料が必要となります。

年中行事及び特別公開の詳細については、以下の関連記事でご案内しておりますので、そちらも合わせてご覧下さい。

関連記事:奈良・唐招提寺の年中行事・特別公開日程まとめ

日時行事場所・会場
4月中旬~5月中旬「御影堂供華園」の特別開園期間御影堂供華園
5月19日中興忌梵網会講堂・講堂前舞台
5月19日うちわまき鼓楼前特設会場
5月19日「中興忌梵網会」に伴う中興堂特別公開中興堂
6月5日~6日開山忌舎利会講堂・礼堂東室(御影堂)
6月5日~7日「開山忌」に伴う鑑真和上坐像の特別公開新宝蔵(御影堂)
8月23日~24日「地蔵盆」に伴う地蔵菩薩立像の特別公開地蔵堂
毎年中秋名月の日観月讃仏会金堂(御影堂前庭)
10月21日~23日釈迦念仏会礼堂
10月21日~23日「釈迦念仏会」に伴う礼堂特別公開礼堂
12月15日お身拭い金堂
12月31日除夜の鐘鐘楼
1月1日 ・3日修正会・餅談義礼堂
1月15日大般若転読法要礼堂
2月15日涅槃会礼堂

拝観情報

拝観料

◇境内(金堂など)の拝観料

大人600円、高校・中学生400円、小学生200円

※30名以上の団体:大人480円、高校・中学生320円、小学生160円

※障害者割引:半額(介助者1名も半額)

◇御影堂の拝観料

大人500円、高校・中学生300円、小学生200円

※御影堂は修理中につき拝観して頂くことが出来ません。

◇新宝蔵の拝観料

大人200円、高校生・小中学生100円

拝観時間

境内:8時30分~17時(拝観受付は16時30分まで)

※年中無休

新宝蔵:9時~16時

特別公開期間

新宝蔵:3月1日~6月30日・8月10日頃の数日間・9月1日~11月30日・12月31日~1月3日

御影堂(鑑真和上坐像):毎年6月5日~7日(修理期間中は公開されません)

御影堂供華園:毎年4月中旬~5月頃 9時~16時 ※開花状況により開園期間が設定される形となっています。

礼堂(金亀舎利塔):毎年10月21日・22日 9時~16時

地蔵堂(地蔵菩薩立像):毎年8月23日・24日

中興堂(覚盛上人坐像):毎年5月19日

御朱印・縁起物の授与などについて

唐招提寺の御朱印の授与、また縁起物の販売などについては金堂から東に少しだけ離れた位置にある売店(御朱印所)で行われています。売店では専用の御朱印帳のほか、「うちわまき」で撒かれるものと同じ形のうちわも販売されています。

次項では、交通アクセスについてご案内致します。

アクセス(電車・バス)

近鉄奈良駅から

奈良交通バスを利用

近鉄奈良駅8番バス乗り場から「奈良県総合医療センター」行き乗車、「唐招提寺」下車、北にすぐ

所要時間20分~25分程度

運賃260円

近鉄電車を利用

近鉄奈良駅から2駅先の大和西大寺駅へ移動(特急以外のすべての列車)、大和西大寺駅からは「橿原線」の「橿原神宮前」・「天理」行きに乗り換え(普通電車を利用・10~15時台は急行も利用可能)、「西ノ京」駅下車、北に徒歩9分

所要時間20分~25分程度

運賃260円

JR奈良駅から

奈良交通バスを利用

JR奈良駅(東口)6番バス乗り場から「奈良県総合医療センター」行き乗車、「唐招提寺」下車、北にすぐ

所要時間15分~20分程度

運賃260円

近鉄西ノ京駅から

近鉄西ノ京駅から唐招提寺へは、西ノ京駅の東側出口から出て頂き、薬師寺「玄奘三蔵院伽藍」西側に伸びる一本道を北に歩いて頂くと突き当りのすぐ東側が唐招提寺の拝観受付・南大門となっています。所要時間は徒歩9分程度となっています。

駐車場について

唐招提寺には、150台分の駐車場がお寺の南東側に設けられています。しかしながら駐車料金は普通車で500円と有料であるほか、観光シーズンには渋滞しやすく、周辺道路が広い訳ではありませんので、基本的には公共交通機関をご利用になることをおすすめします。

近隣観光スポット

薬師寺(玄奘三蔵院伽藍)から北に徒歩9分(玄奘三蔵院伽藍南側の出口から出て頂く形となります)・薬師寺(白鳳伽藍)から北に徒歩9分・垂仁天皇陵から南東に徒歩9分・薬師寺休ヶ岡八幡宮から北に徒歩14分・大池から北東に徒歩20分・喜光寺から南東に徒歩20分

唐招提寺周辺地図