【快速急行】大阪・神戸~奈良を結ぶ「近鉄奈良線(阪神なんば線)」とは?便利な使い方を解説(運賃・所要時間など)

こちらの記事では、大阪・神戸と奈良を結ぶ交通手段として最も有名な「近鉄奈良線・阪神なんば線」について、その概要(運賃・所要時間)や便利な使い方を解説していきます。

近鉄奈良線は、大阪難波~近鉄奈良間を30分台で結ぶ他、阪神神戸三宮駅から阪神線・近鉄奈良線経由の「快速急行」が日中約20分間隔で運行されているため、神戸から奈良方面への最も便利な交通手段として知られています。

大阪・神戸~奈良間のアクセスについては大阪駅や天王寺駅を経由してJR線を利用してアクセスするルートも一般的ですが、運賃面では近鉄・阪神線利用が圧倒的に有利となっています。

なお、JR線の使い方・大阪~奈良間のアクセスの詳細については、関連記事でも詳しくご案内しています。


関連記事:【大和路快速】大阪と奈良を結ぶ「JR大和路線」とは?便利な使い方を解説(運賃・所要時間など)
関連記事:【徹底比較】大阪から奈良へのアクセス手段まとめ(近鉄・JR)【電車で奈良へ】
関連記事:【徹底比較】神戸周辺から奈良へのアクセス手段まとめ(近鉄・阪神・JR)【電車で行く】

近鉄奈良線(阪神なんば線)とは?

大阪難波~奈良間の最短・最速・最安ルート

近鉄大阪難波駅

近鉄奈良線は、大阪「ミナミ」の中心にあたる「難波」エリアと「奈良」を結ぶ最も便利な交通手段です。

奈良市内へは距離ベースでも最短、所要時間も最速、運賃も概ね最安(奈良駅まではJR線も同額)となっており、難波から奈良市中心部へのアクセスであれば、JR奈良駅のすぐそばに行く理由がない限りは、基本的に近鉄奈良線のご利用が便利です。

近鉄大阪難波駅~近鉄奈良駅間は「快速急行」・「急行」がほぼ終日約10分間隔で運行されており、36分~40分程度で移動することが出来ます。

なお、大阪駅・梅田方面等から「JR大阪環状線」をご利用の場合については、鶴橋駅で近鉄奈良線への乗り換えが可能です。

神戸三宮~奈良も直結「阪神なんば線」

神戸三宮駅始発の奈良行き快速急行

近鉄奈良線は、大阪難波より西側は「阪神なんば線」として阪神線に直通しており、尼崎・西宮・芦屋・神戸三宮方面へ直通しています。

近鉄奈良線を走る「快速急行」は、朝夕の一部を除いては大半が「神戸三宮駅~近鉄奈良駅」間を直通運転しており、神戸方面~奈良間を乗り換えなしで移動することが可能です。

快速急行は約20分間隔で運行されており、三宮からの場合は近鉄奈良駅まで約80分程度で運行されています。

なお、単純な所要時間ベースでは、JR線の新快速を利用する場合が神戸~奈良間の最速ルートになる場合もありますが、運賃面では圧倒的に阪神・近鉄線経由のルートが安くなります。

便利な乗換駅「大和西大寺駅」

関西有数の「乗り換え駅」である近鉄大和西大寺駅

近鉄奈良線は、主に大阪・神戸方面から奈良を結ぶ際に便利にご利用頂ける路線ですが、その利便性は「近鉄奈良駅」へ行く場合に限りません。

近鉄奈良駅の2つ手前の「大和西大寺駅」では、唐招提寺・薬師寺最寄りの西ノ京駅や郡山城跡最寄りの近鉄郡山駅へアクセス可能な「近鉄橿原線」へ便利に乗り換え可能となっています。

大和西大寺は、「平城宮跡」や「秋篠寺」・「西大寺」・「菅原天満宮」などへも徒歩圏となっており、近鉄奈良駅で下車して東大寺・奈良公園などの観光をする前に途中下車してみるのもおすすめです。

「特急」は使える?

大阪難波駅に並ぶ特急券自動券売機

関連記事:【早い・快適】奈良に行くなら近鉄特急。その乗り方・料金・本数は?【電車】

近鉄奈良線については、本数の多い「快速急行・急行」の他に、「特急」も運行されています。

特急については、近鉄線の特急は全て「特急料金」が必要なため、運賃に加えて特急料金を払う事になり、合計の料金は2倍ほど掛かります。

また、特急は平日は夕方や夜間のみに運行され、土日祝日は昼間時も運行されますが約1時間おきの運行のため、必ずしも本数面では利便性が高い存在とは言えません。

近鉄奈良線の特急はどちらかと言うと、混雑しやすい時間帯や観光客の方が「ゆったり座って移動」するための列車となっています。

「座ってゆっくりしたい」場合を除いては、約10分間隔で運行されている「快速急行・急行」のご利用をおすすめします。

なお、近鉄・阪神線を直通する特急は運行されていません。神戸方面からの場合は快速急行をご利用下さい。

列車種別・停車駅について

近鉄奈良線では、快速急行・急行・準急・区間準急・普通と特急料金が必要な特急が運行されています。

阪神なんば線からは、神戸三宮駅・尼崎駅から快速急行の大半が直通しているほか、区間準急・普通についても尼崎始発の列車が多くなっています。

各列車種別の停車駅と、標準的な所要時間(準急以下は通過待ちの時間を考慮していません)は以下の通りとなっています。なお、阪神線内については快速急行の停車駅のみ案内しております。

快速急行魚崎・芦屋・西宮・甲子園・武庫川・尼崎・西九条・九条・ドーム前・桜川
・大阪難波・日本橋・大阪上本町・鶴橋・生駒・学園前・大和西大寺・新大宮・近鉄奈良

※早朝・夜間を除き多くの電車が神戸三宮~近鉄奈良間で運行
※一部尼崎・大阪難波始発の電車
急行日本橋・大阪上本町・鶴橋・布施・石切・生駒・学園前・大和西大寺・新大宮・近鉄奈良
※大阪難波始発・阪神なんば線からの直通電車はなし
特急大阪上本町・鶴橋・生駒・学園前・大和西大寺・近鉄奈良
※大阪難波始発・阪神なんば線からの直通電車なし
※利用には特急券(520円)が別途必要
準急日本橋・大阪上本町・鶴橋・布施・河内小阪・東花園・石切より先の各駅
※大阪難波始発・阪神なんば線からの直通電車はなし
※大和西大寺行きまたは近鉄奈良行きとして運行
区間準急尼崎~鶴橋までの各駅・布施・河内小阪・東花園より先の各駅
※尼崎または大阪難波始発
※大和西大寺行きまたは近鉄奈良行きとして運行
普通各駅に停車
※尼崎または大阪難波始発
※大半が大和西大寺行き・一部東生駒行き、近鉄奈良行きとして運行

快速急行・急行ともにほぼ終日の運行であり、昼間時は快速急行・急行がそれぞれ約20分間隔、合わせて10分間隔で大阪難波駅~近鉄奈良駅間で運行されています。

なお、神戸三宮駅からの快速急行も、夜間や早朝の一部を除いてはほぼ終日運行されており、神戸三宮駅からは約20分おきに奈良への直通電車が利用可能になっています。

神戸三宮駅から近鉄奈良駅までの所要時間は、平日は78分(最速)で結ぶ電車も比較的多いですが、土日祝日ダイヤの場合、90分かかる電車もあります。

奈良方面へのアクセスについては、基本的に快速急行・急行・特急が速達電車であり、準急以下の電車については、早朝などのごく一部を除き奈良方面への先着電車にはなりません。

近鉄奈良駅へ行く場合に「奈良行き」だからと言って「準急」や「普通」にご乗車頂くと、所要時間がかなり長くなる場合もありますので、快速急行・急行等をご利用下さい。

主要区間の運賃について

観光拠点「近鉄奈良駅」までの運賃は以下の通りとなっています。

神戸三宮駅から980円
西宮駅から930円
甲子園駅から930円
尼崎駅から900円
西九条駅から780円
大阪難波駅から570円
大阪上本町駅から570円
鶴橋駅から500円
布施駅から500円
生駒駅から300円
学園前駅から260円
大和西大寺駅から210円

神戸方面からについては、JR線利用時の普通運賃と比べ、200円以上安くなっているなど阪神なんば線・近鉄奈良線経由のルートは大変お得になっています。

また、難波からの場合もJR線でJR奈良駅まで行く場合の運賃と同額であり、利便性はこちらが圧倒的に高いため、事実上「近鉄一択」とも言える状況となっています。

鶴橋駅で大阪環状線から乗り継ぐルートも利便性が高く、普通運賃では大阪駅からJR線でJR奈良駅に行くよりも、大阪環状線を利用して鶴橋乗換で近鉄奈良駅へ行くルートの方が100円以上安くなり、梅田~奈良間の最安ルートとなっています。

お得に移動するには?

阪神なんば線・近鉄奈良線については、奈良観光に訪れる場合「奈良・斑鳩1dayチケット」や「奈良世界遺産フリーきっぷ」といった「お得なきっぷ」を活用して頂くことも可能です。

きっぷは比較的充実しており、基本的にどのきっぷも通年発売となっています。お得なきっぷの詳細については、下記の関連記事において詳しくご案内しています。

関連記事:【近鉄電車】奈良観光に便利な「お得なきっぷ」一覧【乗り放題】

神戸方面からの場合、「奈良・斑鳩1dayチケット」を使うことで通常の往復運賃よりも安く移動できるようになっているほか、バスで観光地を巡る場合は難波・鶴橋方面からの場合でも「奈良世界遺産フリーきっぷ」のご利用がおすすめです。

のりばについて

奈良方面への電車を利用する場合、主要駅(大阪難波駅・鶴橋駅・神戸三宮駅)ののりばについては以下の通りです。

大阪難波駅

近鉄大阪難波駅の改札口

近鉄大阪難波駅をご利用の場合は、近鉄奈良方面行きの電車は「1・2番」のりばから発車します。

奈良方面へは1・2番のりばへ

大阪難波駅の各改札口から駅構内へ入って頂いたら「奈良」方面という表示に従い階段・エスカレーターを下りると1・2番のりばへ到着します。

大阪難波駅1・2番のりば

1番のりばと2番のりばのどちらからも電車は発車します。なお、特急電車については2番のりばからの発車が大半です。

なお、電車については到着の数分前から並んでおくと「座れる」場合が多くなっていますが、発車直前や阪神なんば線からの直通快速急行の場合座れない場合もあります。

鶴橋駅

鶴橋駅をご利用の場合は、近鉄奈良線・奈良方面行きの電車は「1番のりば」のみから発車します。隣の2番のりばは大阪線・大和八木方面行きのりばであり、奈良方面行きは1番のりば以外から発車することはありません。

JR鶴橋駅・近鉄鶴橋駅の連絡改札口

JR線から乗り換えの場合は、環状線の電車を降車するとすぐにホーム上の「連絡改札口」があります。「出口」へいく必要はありません。こちらの連絡改札口からは、改札を抜けるとそのまま近鉄鶴橋駅に入ることが出来るようになっています。

鶴橋駅へ到着するのは大阪難波・日本橋・大阪上本町という主要駅を通ってきた電車ですので、とりわけラッシュ時については座れないどころか、かなりの混雑状況になる場合があります。また快速急行・急行については昼間でも座れない場合があります。

関連記事:「鶴橋駅」での「JR~近鉄線」への乗り換え方法を解説(ICOCA・切符・定期)

鶴橋駅で乗り換える場合、きっぷやICカードを併用する場合は少し改札口の通り方がわかりにくい点がありますので、詳しくは上記関連記事をご覧下さい。

神戸三宮駅

神戸三宮駅は基本的に「2番のりば」から

神戸三宮駅からは、阪神なんば線・近鉄奈良線直通の電車は「快速急行・奈良行き」のみが運行されています。

快速急行は土日祝日の朝に運行される新開地駅発の一部列車を除き、全て「2番のりば」に発着します。

三宮駅からの場合、ラッシュ時の直前のご乗車を除いてはほとんどの場合で座れる場合も多くなっており、奈良への便利な交通手段としてご利用頂けます。

まとめ

「近鉄奈良線(阪神なんば線)」は大阪・神戸から奈良への最も重要なアクセス手段となっています。

神戸方面からの快速急行は約20分おきに運行されており、大阪難波からの急行と合わせると大阪方面~奈良間では約10分おきに電車をご利用頂けます。

所要時間については難波~奈良間では最速ルート、神戸方面~奈良間ではJR線と同等の所要時間でアクセス可能です。

運賃は全ての区間でJR線の利用時よりも安くなる・同額であり、奈良への最も割安なアクセス手段としてご活用頂けます。

奈良方面行きの電車は、神戸三宮駅からの場合は基本的に2番のりばから、大阪難波駅からの場合1・2番のりばから、鶴橋駅からの場合は1番のりばから発車します。なお、鶴橋駅からの場合は座れない場合が多くなります。