奈良・柳生エリアへの交通アクセス(バス・車・タクシー)のまとめ

この記事では、「剣豪の里」として知られる奈良の奥座敷「柳生」エリアへの交通アクセスについて交通手段ごとにまとめていきます。

奈良交通路線バスを利用

運行本数・時刻には要注意!

柳生エリアへは、JR・近鉄奈良駅から奈良交通の路線バスが運行されています。

運行本数は決して多いとは言えず、本数は1日7本程度、2時間や3時間以上運行間隔が開くことも多いなど、「観光地」のイメージとは裏腹にやや不便な状況となっています。但し、花しょうぶ園の開園時期などには増発便が運行されるようになっています。

なお、柳生エリアからの最終バスは17時台となっており、それ以降のバスは一切ありませんのでその点も十分にご注意ください。

各駅からの所要時間・運賃

JR奈良駅からご利用の場合、JR奈良駅西口16番バス乗り場から「柳生」行き・「邑地中村」行き・「石打」行きに乗車し、「柳生」バス停で下車して頂く形となります。所要時間は約50~60分、運賃は950円となっています。

近鉄奈良駅からご利用の場合、近鉄奈良駅4番バス乗り場から「柳生」行き・「邑地中村」行き・「石打」行きに乗車し、「柳生」バス停で下車して頂く形となります。所要時間は約45~55分、運賃は950円となっています。

バスでは現金の他、ICOCA、SUICA、PASMOといった交通系ICカードもご利用になれます。なお、バスの1日乗車券類はエリア外となっており、ご利用いただけませんのでご注意ください。

バスの詳しい時刻などについては、奈良交通バスの公式サイト内、奈良バスなびWEBをご覧ください。

「柳生」バス停の位置・周辺地図

柳生エリアの玄関口にあたる「柳生」バス停は、柳生エリアへのアクセスルートである国道369号線の近く、柳生の集落の中心部と言ってもよい位置に設けられています(詳細な位置は下記地図をご参照ください)。

柳生バス停から各観光スポットへの所要時間

バス停から旧柳生藩家老屋敷は南西に徒歩約3分・旧柳生藩陣屋跡までは南に徒歩約10分・柳生花しょうぶ園までは南に徒歩約10分・芳徳寺までは南東に徒歩約15分程度となっています。

車を利用

お車、マイカーを利用する場合、出発地によってアクセスルートは異なります。

奈良市街地からの場合

国道369号線を道なりに移動することになります。近鉄奈良駅付近からの場合、「県庁東」交差点で左折「般若寺」交差点で右折して頂ければあとは山道を進むのみとなっており、道に迷うようなことはまずありません。

京都方面からの場合

国道24号線方面からお越しの場合、木津川市内から奈良市内に入り、「国道369号線」方面へアクセスして頂くルートもありますが、木津川市山城町「上狛四丁町」交差点より国道163号線を経由し、10キロほど東に進んだ「笠置大橋」交差点から南に道なりに進んで頂くと柳生エリアに直接アクセスするルートが便利です。なお、笠置町中心部は道路が狭いため、慣れない場合は対向困難となる可能性もありますので、その点はご注意ください。

また、京奈和自動車道をご利用の場合は、各1回の右左折を除きほぼ直進するのみで柳生エリアへアクセスすることが可能となっています。但し、木津川市内の道路には柳生方面への案内表示がありませんので、地図をご参考にアクセスして頂く形となります。

名阪国道沿いからの場合

名古屋・三重県内方面から等の場合、奈良へは名阪国道を利用してアクセスして頂くルートが一般的です。名阪国道沿いから柳生エリアへアクセスする場合、名阪「針」インターチェンジで降りて頂き、そこからは「国道369号線」をひたすら北に進んで頂くルートが唯一のアクセスルートとなっています。

タクシーを利用

公共交通機関(バス)のアクセスがやや不便な柳生エリアは、もうひとつの公共交通機関であるタクシーの利用が思いのほか便利です。

タクシーの場合、マイカーと同じ時間(奈良駅周辺から30分程度)で、運賃は交通状況にもよりますが約7000円程度となっています。4人~5人の利用の場合はお一人様2000円以下で移動できるため、バスの運賃950円と比較しても極端に高いとは言えません。また駅のタクシー乗り場からは随時ご利用いただけるほか、所要時間もバスよりもかなり早くアクセス可能となっており、バス停から目的地まで歩く必要もないために交通がやや不便な柳生エリアにはおすすめできる交通手段となっています。

また、観光タクシーで柳生エリアを回ることも可能で、ドライバーの方による観光案内を受けながらじっくりと観光するという選択肢もご検討頂けます。なお、その場合は観光内容にもよりますが貸し切り料金(目安:2万円~)が必要となりますのでその点はご留意ください。

【交通アクセス】奈良市内のタクシー乗り場・タクシー事情まとめ【観光】