【交通アクセス】奈良市内のタクシー乗り場・タクシー事情まとめ【観光】

同じ「古都」でも「京都」とは全く違う奈良のタクシー

観光地の便利な「足」として、バスに次いで広く親しまれる存在と言えば、「タクシー」

一人で乗る分には割高感のあるタクシーですが、3人や4人で乗ると、バスなどと余り変わらない運賃水準になるということもあり、グループや家族旅行のちょっとした移動では重宝される存在ですね。

このブログで取り扱う「奈良のまち」でもやはり観光客にタクシーは重宝されています。

ただし、「奈良のタクシー」は「京都」や「大阪」と同じ感覚で利用できるかと言えば、少しだけ違うところもあったりします。

ここでは、そんな奈良のタクシーを利用するコツや乗り場などについて、なるべく簡単にまとめてみました。

奈良のタクシーの特徴

基本的に、「流し」はいない

タクシーと言えば、特に大都市では「流し」営業といって、自由にまちなかを走り回るタクシーが数多く見られます。

この場合、乗りたい時には走り回っているタクシーに手を挙げて止まってもらい、それに乗る。という非常にわかりやすい仕組みで利用できます。

しかし、奈良のタクシーは、そのような「流し」営業は一般的ではありません。

もちろん、タクシーが「空車」という表示でまちを走っていることはありますので、それに手を挙げて乗ることはできます。

しかし、それは基本的に「流し」営業を行っているわけではなく、単にターミナルに戻るために回送していたりする場合に、偶然乗れるというだけの話なのです。

つまり、まちなかの道路上で手を挙げていれば、すぐにタクシーに出会うことができる。

といったような、「京都」や「大阪」の感覚で利用することはおすすめできません。

むしろ、いつまでも空車のタクシーが来ないということもあるかもしれません。

「まちなか」から乗りたいときは、電話で配車手配をすることをおすすめします。

なお、「流し」がいない代わりに、配車をしてもらっても、東京では400円以上取られるような「配車料金」はいりません。そこは安心のポイントです。

基本は駅のタクシー乗り場から

流し営業がいないのならば、一体どこにタクシーがいるのか。と言えば、基本的に、「近鉄奈良駅」「JR奈良駅」のタクシー乗り場にいる。ということに尽きます。

実際に、駅のタクシー乗り場には、大勢のタクシーが通常時は止まっています。観光シーズンの土日祝日には、時折無線配車でいっぱいになってしまい、駅のタクシー乗り場からタクシーの姿がほとんどいなくなる。といった事態も起きますが、そんな時でも、2分くらい待っていれば、すぐにどこかのタクシーが乗り場に入ってきてくれますので、特に何の心配もいりません。

また、東京などの大都市にありがちな、「タクシー乗り場から『短距離』で乗ると嫌がられる」といったようなことも、そもそも「流し」のタクシーがおらず、「乗り場」からのお客さんがほとんどである以上、気にする必要がありません。

駅からはとてもスムーズにタクシーが使える。それが奈良のタクシーのよいところです。

タクシー会社が少ない

あと、奈良のまちは、「タクシーが少ない」という訳ではありませんが、タクシー会社の数自体は多くありません。各タクシー会社については後に紹介して参りますが、京都や大阪のように、選びきれないほど、覚えられない程大量にタクシー会社があるわけではありません。

大手としては、「近鉄タクシー」「服部タクシー」「カイナラタクシー」の御三家が、奈良を走るタクシーのうちかなりの数を占めています。

タクシー乗り場の案内

近鉄奈良駅タクシー乗り場


近鉄奈良駅のタクシー乗り場は、近鉄奈良駅の「市内循環内回り」バス乗り場の近くにあります。

行き方としては、近鉄奈良駅「西改札口」を出て、そのまま左側の薬局の近くにある階段を登って頂き、バス乗り場のある場所に到着すると、バス乗り場のある道路の反対側にタクシー乗り場をすぐに見つけることができます。

乗り場は2つあり、階段の近くが「中型タクシー」、少し向こう側に「小型タクシー」の乗り場があります。

タクシー会社は「近鉄タクシー」「服部タクシー」「カイナラタクシー」「ひまわりタクシー」が乗り入れています。

JR奈良駅(東口)タクシー乗り場


外国人観光客が大勢利用することで知られる「JR奈良駅」には西口、東口と2つのタクシー乗り場があります。

バスが多く発着し、人通りの多い「東口」のタクシー乗り場はJR奈良駅から階段をおりてバス乗り場へ向かう手前、駅のすぐそばにあり大変便利です。

こちらの乗り場は、駅が新しく改装された際に少し小さな乗り場になってしまったようで、中型・小型を問わず現在は乗り場は一つだけしかありません。そんなこともあり、観光シーズンにはタクシーが空っぽになってしまうことも時々ありますが、そんな時でも少しだけ待てば、必ずタクシーはやってきますので、余り心配はいりません。なお、こちらでは「近鉄タクシー」などの姿は見られません。「カイナラタクシー」「奈良中央交通」や「イカリヤタクシー」などが比較的多く見られます。

JR奈良駅(西口)タクシー乗り場


JR奈良駅東口の反対側、「西口」側にもタクシー乗り場はあります。こちらは人通りは少ないですが、「ホテル日航奈良」という奈良最大級のホテルや、なら100年会館といった巨大ホールがありますので、そのような施設を利用する人々を中心にそれなりの利用が見られます。

行き方はやはりシンプルで、奈良駅を降りて、そのまま西側「セブンイレブン」近くの階段を降りて頂ければ、階段をおりた左側にホテルの入り口とタクシー乗り場がすぐに見えてきます。

なお、こちらには「近鉄タクシー」が多数乗り入れています。

近鉄大和西大寺駅タクシー乗り場


秋篠寺や平城宮跡といった観光スポットへの最寄り駅にあたる近鉄大和西大寺駅

そのタクシー乗り場は、駅の北口を出ると右側すぐに位置します。非常にわかりやすい位置であり、改札を出て5秒ほどでタクシーに乗り込むことが可能です。

こちらは近鉄タクシーや服部タクシーが多くなっています。

近鉄西ノ京駅タクシー乗り場


薬師寺・唐招提寺といった奈良を代表する観光スポットが位置する「西の京」エリア。

こちらでタクシーを利用する場合、唐招提寺前にも時折タクシーが止まっていることがあるかもしれませんが、基本的には「近鉄西ノ京駅」駅前から「カイナラタクシー」を中心としたタクシーを利用していくことになります。

西ノ京駅は東口(薬師寺そば)の目の前にタクシー乗り場がありますので、薬師寺を観光されてから奈良駅・奈良公園方面へ移動される場合も、この駅前タクシー乗り場まで来ていただければスムーズにタクシーが利用できるでしょう。

このほかのタクシー乗り場

これまで、主に観光スポットへのアクセスに便利なタクシー乗り場をご紹介して参りました。もちろん、これ以外にも地元住民らにより数多く利用される郊外のタクシー乗り場は複数あります。

奈良市内では、このほか

「新大宮駅(北口側)」

「菖蒲池駅(南口に隣接して営業所・乗り場があり)」

「学園前駅(北口・南口両方にあり)」

「富雄駅(南口を出てすぐ)」

「学研奈良登美ヶ丘駅(駅の東側すぐ)」

「高の原駅(西口のバス乗り場近く)」

前にタクシー乗り場が存在します。

一方で、小さな駅の場合タクシー乗り場がない場合もあります。

例えば観光客も利用する「京終駅」「帯解駅」「平城駅」「尼ヶ辻駅」や、郊外の小さな駅「平城山駅」には基本的にタクシーは止まっていません。

これらの駅にはバスも接続していない場合が多く、郊外や市街地から離れた位置では、偶然走っている「空車」を見つけることもほとんどできませんので、少し遠くに移動したい場合、タクシー会社に電話をして無料で配車をしてもらうことが基本になります。

主要なタクシー会社のごあんない

ここでは、奈良市内を走るタクシー会社のうち、奈良駅などに乗り入れている主要な会社をご紹介していきます。

奈良近鉄タクシー

奈良を走るタクシーとしては最大の規模を誇り、修学旅行生などの送迎も数多く実施しているタクシー会社としては、「近鉄タクシー」があります。

その名の通り、近鉄電車で有名な「近鉄グループ」の傘下にある会社であり、「近鉄ブランド」のタクシーとして奈良では大きな存在感を持っています。

観光タクシーなどの事業も盛んであり、奈良公園や東大寺などでは、時折タクシーの運転手さんが観光客の方を連れて案内をする姿も目にすることができます。

最大級のタクシー事業者として、JR奈良駅東口など一部を除き数多くの乗り場に乗り入れているため、乗り場で待っていれば一番乗る確率の高いタクシー会社であると言えるでしょう。

服部タクシー

近鉄タクシーなどと並んで有名なタクシー会社としては、「服部タクシー」と呼ばれる会社があります。こちらも観光タクシーなどの事業を行っており、近鉄奈良駅などに乗り入れる主要なタクシー会社として地元ではよく知られています。

カイナラタクシー(大和交通)

また、近鉄奈良駅前乗り場に乗り入れるもう一つのタクシー会社としては「カイナラタクシー」と呼ばれる会社もあります。こちらは薬師寺に隣接する位置にも営業所を持っており、西の京エリアからの移動にも数多く利用される会社となっています。

その他のタクシー会社

この他には、奈良中央交通、イカリヤタクシー、高円交通、三都交通、ひまわりタクシーなどといったタクシー会社が奈良のまちを走っていますが、京都などと比べるとタクシー会社の数は圧倒的に少なくなっています。

まとめ

これまで、奈良市内のタクシー事情をかんたんにまとめてきました。

基本的には、奈良のタクシーは駅から乗る。駅に戻る。といったいうパターンが最もありふれた使い方となっています。

また、いくつかの会社があるとは言え、奈良のタクシー業界は平和的なものであり、基本的に京都や大阪のようにたくさんの会社が入り乱れ、料金を競い合うようなことはほとんどありません。

そのため会社を選ぶというよりは、駅からは乗り場に止まっているタクシーに乗っていき、帰りにはそのタクシー会社に配車を予約する。といった乗り方が無難です。

ただし、観光タクシーとして利用するようなときは、事前にタクシー会社に電話をしてプランなどを相談して比較してみるのもよいかもしれません。

バスもあれば、タクシーもある。奈良のまちを楽に移動するために、使いやすい交通手段で、それぞれの予定に合った形でスムーズに移動できるとよいですね。