【知っておきたい】奈良・東大寺への交通アクセスの基本・注意点

この記事では、奈良「東大寺」へ訪れる際の交通アクセス、移動手段について解説していきます。なお、ここでは移動する上での注意点や基本的な情報をお知らせするものであり、「二月堂」や「大仏殿」、「俊乗堂」といった東大寺境内にある個々の観光スポットの詳しい場所については本サイトの「東大寺」に関する当該観光スポットに関する記事をご覧ください。

1.東大寺へは基本的に徒歩かバス・タクシーで!

奈良「東大寺」へと訪れる上での交通アクセス。

その移動手段は、基本的に「近鉄奈良駅・JR奈良駅」を拠点として「奈良交通路線バス」・「タクシー」・「徒歩」のいずれかを使用するというルート、そしてマイカーで近隣に駐車して徒歩でアクセスするルートに分けられます。

但し、後ほどでも解説していくように、マイカーでのアクセスには特にメリットがないほか、ナビなどに頼り過ぎてしまうと立ち入り禁止エリアに入ってしまいそうになることもあるのでお勧めできません。

歩いて行く場合は、駅からしっかりとした案内表示があり、地図を頻繁にチェックしなくても迷うことはありませんし、途中の興福寺・奈良公園・奈良国立博物館周辺に寄り道しやすくなっています。またバスならば歩くよりは早くアクセスできますし、タクシーならばお目当てのスポットの近くまでアクセスできるようになっています。それぞれのスケジュールに応じて、3つの手段を使い分けることが出来るようになっているのです。

2.バスは基本的に「黄色」の「市内循環バス」か「高畑町」行きなどに乗りましょう

バスで東大寺にアクセスする場合、JR奈良駅の「2番乗り場」・近鉄奈良駅の「1番乗り場」から「市内循環外回り」・「中循環外回り(近鉄奈良駅からのみ)」・「春日大社本殿行き」・「高畑町行き(臨時バス含む)」に乗りましょう。

「東大寺大仏殿・春日大社前」バス停に行くバスはいくつかありますが、わかりやすいのは上記に挙げたバスのみです。なお、お帰りの場合は「東大寺大仏殿・国立博物館」バス停から発車する全てのバスが近鉄・JR奈良駅に行きますので、特に不安を持つことはありません。

運賃は210円、各種ICカード、奈良交通バスのフリー乗車券類もご利用になれます。なお、市内循環・中循環バスは必ず「先払い」方式ですが、「春日大社本殿」行きは後払い、「高畑町」行きはケースバイケースとなっています。日本の路線バスの中でも奈良のバスは「先払い」と「後払い」が特に入り乱れた状況になっていますので、特に現金でご乗車の場合、乗る時に支払いが出来るようにあらかじめ準備しておくことをおすすめします。

3.マイカーで東大寺境内に乗り入れることはできません!

マイカーで東大寺へアクセスされる場合、ナビで「大仏殿」や「二月堂」と入力すると、目的地に一番近いルートが表示されますが、東大寺は境内地には駐車場が一切設けられていないほか、境内地の近くを走る道は途中で行き止まり、通行禁止ゾーンに行きあたってしまうようになっています。つまり、東大寺大仏殿が見えるところまで車で行けたとしても、「停める場所」が無くて逆戻りすることになったり、Uターンを余儀なくされたりしてしまうのです。カーナビやスマホに頼って東大寺周辺で迷ってしまわれる方の存在は決して少なくはない状況ですので、十分にご注意頂く必要があるのです。

そもそも、東大寺は拝観者が「クルマでやって来る」ことを一切想定しておらず、バスや徒歩、タクシーで訪れることのみを前提としている節がありますので、境内地近くにも車で訪れた人向けの案内板などもなければ、少しだけ駐車してもよいスペースが設けられているといった「例外」もまったくありません。

東大寺の境内近くの道路に車を駐車してしまうと、基本的に「駐車違反」となってしまうほか、観光バスなどの邪魔になるケースもありますので、絶対にそのようなことをしないようにしてください。

4.どうしてもマイカーでアクセスしたい方へ

上記のように、東大寺境内へのマイカーの乗り入れは一切不可能な状況となっていますが、それでも車でアクセスしたいという方は、近隣のコインパーキング・駐車場に停めてアクセスして頂くことになります。

コインパーキング・駐車場の概要については、下記の記事で解説を行っています。

【格安】奈良公園・東大寺周辺の駐車場、コインパーキング一覧【駐車料金・営業時間】

駐車料金は土日祝日が平日と比べて大幅に高くなりやすい傾向にあるほか、格安駐車場は観光スポットからの距離が離れてしまいがちとなっており、その上「観光シーズン」には満車となるリスクもありますので、特に土日祝日にマイカーを利用してアクセスされることは、やはり決しておすすめは出来ません。

5.タクシーならば、人混みをなるべく避けてお目当ての「拝観」スポットに行けます

東大寺へアクセスするルートは、最短かつわかりやすい徒歩ルート、バス+徒歩のルートはともに、「観光客」が比較的大勢行き交うルートを通ることになります。特にバス停近くの「大仏殿」交差点から東大寺大仏殿までのルートは、観光シーズンになると京都の中心街のような混雑ぶりとなり、観光客の渦に巻き込まれながらゆっくりと歩くことを余儀なくされます。

しかし、JR・近鉄奈良駅から「タクシー」を使う場合は、そのような混雑をなるべく回避して、お目当ての観光スポット(大仏殿等)に近い場所まで行くことができるようにもなっています。

タクシーを利用する際に、例えば「大仏殿」や「二月堂」の近くまで行ってほしいという風にお願いすれば、路線バスで「東大寺大仏殿・春日大社前」で下車してそこから徒歩でアクセスする場合と比べると、かなり近い場所まで連れて行って下さいます。もちろん、東大寺境内のどこへでも入ることが出来る訳ではありませんので、「横付け」して乗り降りできる訳ではありませんが、人混みの中を歩く時間を大幅に減らすことは出来ますので、是非タクシーをご利用になることも検討してみてください。

タクシー運賃は、おおむね1000円少々となるケースが多く、近鉄奈良駅からであれば1000円以内で行ける場合もあります。5人で乗ることが出来る中型タクシーであれば、一人当たりの運賃は250円以下で行ける場合もあり、この場合は一人当たりでは路線バスとそれほど変わらない運賃水準にもなり、割高感も少なくなります。また、タクシーの場合は渋滞を避けたルートを選択してくださるケースもあり、混雑するシーズンでも使い勝手の良い存在となっています。

なお、奈良のタクシーの使い方、「乗り場」については以下の記事で詳しく解説していますので、ぜひご覧ください。

【交通アクセス】奈良市内のタクシー乗り場・タクシー事情まとめ【観光】

おわりに

以上、JR・近鉄奈良駅から東大寺への交通アクセスの特徴、「コツ」について簡単に解説を行って来ました。

はっきりと言えば、東大寺へのアクセス手段については「クルマで東大寺には来ない方がよい」という結論のみでまとまってしまう話であり、それほど難しいことはありません。

基本的には「徒歩」・「バス」・「タクシー」を前提として、どうしてもクルマで来なければいけないのならば「土日祝日」を避けて近隣の駐車場に停める。

その原則さえ守って頂ければ、観光(拝観)にじっくりと専念できる、スムーズなアクセスが出来るはずです。皆さんもぜひ公共交通機関や徒歩で「東大寺」にお越しください。