【JR・南海】和歌山から奈良への交通アクセスを比較してみた【電車のみ・バスはない】

四国への入り口としても有名な「和歌山」のまち。そこから「奈良」へはどうやっていくの?

ラーメンにお城にマリンリゾート。外国人観光客の数は関西では比較的少ないとは言え、様々な魅力にあふれる「和歌山市」

和歌山のまちは「南海フェリー」で徳島と結ばれているなど、四国へのアクセスにも優れた場所となっています。

そんな「和歌山」から古都「奈良」へのアクセスルートは基本的には電車のみ。しかしそのルートは一つではありません。

今回は、電車で和歌山から奈良に行くそれぞれのルートについて、比較しながらまとめてみました。

和歌山からアクセスする際の基本

和歌山と奈良を結ぶ「バス」はない

さて、「電車」のルートを比較すると言ったことからもお分かりのこととは思いますが、「和歌山」と「奈良」のまちを直結する「高速バス」といったような存在は、実は存在しません。

「京奈和自動車道」が開通していっているほか、元々隣の県であることから直通のアクセスを提供する「高速バス」が「奈良交通」とか「和歌山バス」の手によって運行されていても決しておかしくはない二つのまちですが、バスは、本当に何も走っていません。

グーグル検索では、「和歌山 奈良 バス」というキーワードで検索する人が多いようなので、このようにあえて注意を呼びかけなくてはならないのですが、残念ながらそのようなルートはまったくないのです。

二つに分かれた「和歌山」のターミナル駅

バスがないならば、「電車」だけしかアクセス手段はないわけですが、電車を使ったルートには、「南海電車」と「JR」の二種類があり、それぞれの「和歌山」市内のターミナルとなる駅は、まったく違う場所に位置しています。

これは、奈良で言うとJRの「奈良駅」と「近鉄奈良駅」が少し離れているというようなレベルではありません。

JRと南海のそれぞれの駅は、基本的に徒歩で二つの駅を結ぶことは現実的ではなく、バスの利用しかない。という程度にかなり離れてしまっていますので注意が必要です(実は二つの駅はJRの「支線」で結ばれており、電車でも行き来できますが、本数がバスと比べると非常に少ないのでお勧めできません。)。

和歌山のまちの西側に位置するのが南海電車の「和歌山市駅」。和歌山市役所や和歌山県庁といった官公庁の多く、また観光スポットでは「和歌山城」にはこちらが近くなっています。

また、和歌山のまちの東側に位置するのはJR線の「和歌山駅」。こちらは駅前のにぎわいは南海和歌山市駅を上回り、現在は中心的な存在となっています。

「ぶらくり丁」などの繁華街周辺からは、どちらの駅へもそれほど距離は変わりありません。

いずれにせよ、和歌山の中心部には和歌山市駅と和歌山駅を結ぶバスが常にたくさん走っています。どちらの駅にアクセスするにせよ、たいていはバスの利用が便利となっています。

南海+近鉄を使っていく

まず、定番のルートは「南海電車」と「近鉄電車」を乗り継いでいくルートです。

この場合、南海電車の「和歌山市駅」から特急「サザン」と呼ばれるだいたい30分おきに走っている電車を利用します。

「サザン」は運賃(きっぷ)だけで乗ることが出来る自由席(座席はごく普通の通勤電車と変わりありません。)と、510円の特急料金を払って乗ることが出来る指定席(座席はふかふかでくつろぎやすくなってます。)の2つの車両が連結されています。

どちらに乗って頂いても、まったく同じ電車ですので、所要時間には何ら変わりありません。

特急「サザン」に乗ればあとは非常にわかりやすく、終点のなんば駅までそのまま行けばよいだけです。始発駅から終点まで行けばよい。というだけの話なのです。

なんば駅を降りれば、少し距離はありますが、「近鉄大阪難波駅」の案内表示がたくさんありますので、それに従って北向きに歩いていって、「近鉄大阪難波駅」からは10分おきに走っている奈良行きの「快速急行」か「急行」に乗ってもらいます(「特急」も時折走っていますので、追加料金を払ってそれに乗ってもらっても構いません。)

奈良行きに乗れば、当然終点の「近鉄奈良駅」で降りればよいだけです。

■和歌山市駅―(南海特急サザン)―南海なんば駅・近鉄大阪難波駅―(近鉄快速急行・急行)―近鉄奈良駅

◇所要時間約1時間50分程度・運賃1480円(特急サザン指定席利用の場合、1990円)

運賃は、特急サザンの指定席を利用しない場合、JRで行くよりも安くなっており、和歌山と奈良を結ぶ最安のルートとなっています。

JRを利用する

さて、南海電車ではなく、JRを使って行くルートも同じくらいスムーズにアクセスすることが出来ます。

JRの場合は、「和歌山駅」から特急を使うか、だいたい15分おきに走っている「紀州路快速」などを使って行くかによってまったく都合は変わってきます。

「特急(くろしお号など)」を利用される場合は、南海の特急サザンの比ではない高額な特急料金がかかります。しかし、約1時間おきに運行される特急の時刻にさえ合わせて乗ることができれば、和歌山を出ると、奈良方面への乗り換え駅である大阪の「天王寺駅」までほとんどどこの駅に止まらず、ダイレクトにアクセスすることが可能です。

一方の「紀州路快速」等の場合、途中でいくつもの駅に止まりながら、天王寺まで行くことになりますので、特急と比べると所要時間はかなり長くなります。但し奈良までの時間で考えると、この場合でも南海電車を使うルートに比べ遜色はありません。

いずれにせよ、途中で乗り換える「天王寺駅」からは特急はありませんので、「奈良」「加茂」行きの「大和路快速」や「区間快速」などで「奈良駅」までアクセスします。

■和歌山駅―(特急くろしお号・紀州路快速等)―天王寺駅―(大和路線大和路快速・区間快速など)―奈良駅

◇所要時間 ・特急利用の場合約1時間30分 ・紀州路快速などの場合約1時間50分

◇運賃 ・特急利用の場合2870円 ・普通運賃(紀州路快速等)の場合1580円

いずれにせよ、南海線利用で指定席を使わない場合よりは運賃は高くなります。但し高額な運賃・料金の代わりに特急電車を使った場合、最速で奈良にアクセスすることが可能です。

1時間30分という時間は、マイカーで高速道路を使っていくルートでもなかなか出すことができない時間となっており、かなり早いアクセス手段と言えるでしょう。

「青春18きっぷ」でのんびり行く

以上、「南海」と「JR」の主要なルートについて解説してきました。

最後は、「青春18きっぷ」利用者などが、あえてのんびりアクセスしたいような場合のルートについてご説明します。

もちろん、青春18きっぷの利用でも、先ほどご説明したJRを使うルートで、紀州路快速などを乗り継いで奈良にアクセスするルートはご利用可能です。

しかし、所要時間は長いにもかかわらず、「和歌山」と「奈良」が乗り換えなし、直通で結ばれるルートで、かつ田園風景を楽しみながらのんびりアクセスできるルートがもう一つあるのです。

それは、「和歌山線」を利用していくルートです。

和歌山駅の「7番乗り場」からは、昼間は1時間に1本、「奈良行き」の2両編成の小さな電車が走っています。

これは、大阪を経由してくことなく、和歌山県を縦断するような形でそのまま奈良県に入っていくルートで、途中は大きなまちはほとんど通らず、田舎の風情を味わいながらひたすら進んでいくことになります。

デメリットとしては、トイレのついていない電車で、かつ座席は一般の通勤電車と変わらない設備の電車に、3時間ほど揺られなくてはならないというものがあります。

そのため、このルートはまあ、マニア向けと言えばそれまでのルートなのですが、オリジナリティある旅行を楽しみたい方は、このルートでもよいかもしれません。もれなく「乗り換えなし」という特典もついてまいります。

■和歌山駅―(和歌山線・普通電車)―奈良駅

◇所要時間約3時間・運賃1580円

まとめ

以上、和歌山のまちから奈良のまちを結ぶ電車のアクセスルートについてまとめてきました。

一見「直通」で行けそうな二つのまちですが、最後のマニアックなルートを除き、一般に用いらえるルートではそれぞれ「なんば」か「天王寺」で1回の乗り換えが必ず必要になります。

ただし、乗り換え自体はシンプルであり、電車の本数も多い事から、そんなに不便な印象は持たずにアクセスすることは出来るでしょう。

近鉄奈良駅に行きたいのか、それともJR奈良駅に行きたいのかにより、南海とJRを使い分けて頂いてもよいでしょうし、とにかく早くいきたいならば、JRの特急利用一択という手段もあります。

みなさんの旅行スケジュールや宿泊地などに合わせて、最適のルートを選んでアクセスしてみてください。