伊丹空港の風景

【空港アクセス】伊丹空港から奈良へのアクセス手段まとめ【リムジンバス・電車】

伊丹空港から奈良へは直通バスが特に便利

関西を代表する空港には、関西国際空港、伊丹空港、神戸空港の3空港がありますが、その中でも国内線の一大拠点となっているのが「伊丹空港」

現在も羽田空港からの航空便が頻繁に離発着するほか、地方空港との航空便も多く運行されるなど、関西に住む人々にとっては関西国際空港以上に身近な空港とも言える存在となっています。

また、そのアクセスは伊丹空港が都市部に位置することもあり、大阪梅田や神戸三宮とのアクセスは比較的充実しており、関西各地へ頻繁に直通リムジンバスが運行しているほか、モノレールが乗り入れており、阪急電車などとの接続も可能となっています。

今回はそんな伊丹空港と古都「奈良」を結ぶアクセルルートについてまとめてみました。

伊丹空港からの交通機関・乗り場

まずは、伊丹空港に乗り入れている交通機関全体と、その乗り場について解説しておきます。

電車を利用するアクセスの場合、基本的にはまず大阪モノレールの「大阪空港駅」から乗車して頂く必要があります。

大阪モノレール「大阪空港駅」は、伊丹空港の北ターミナル・南ターミナルからいずれも道路を渡って、または連絡橋を渡った向こう側の建物に位置しています。ターミナルから徒歩5分も掛からずアクセスできますが、道路を渡る場合、横断歩道には屋根がありませんので雨天時などはご注意ください。

また、リムジンバス、JR伊丹駅などへの路線バスを利用する場合はモノレールよりも近い位置、道路を渡らずに北・南ターミナルの目の前にバスターミナルが設けられており、常に多数のバスが発着しています。

奈良行きのリムジンバスは、

南ターミナル側 10番乗り場 北ターミナル側 0番乗り場

のいずれの乗り場からもご乗車頂けます。

またJRとの乗り継ぎに便利な「JR伊丹駅」方面への伊丹市営バスは、

北ターミナル側 9番乗り場

からご乗車頂けます。

いずれの場合も、バスへの乗り継ぎは大変スムーズに行って頂けます。

乗り換え要らずの空港リムジンバスを利用する

伊丹空港から奈良へのアクセスで最も利便性が高く面倒が少ないルートは「空港リムジンバス」の利用です。

空港リムジンバスは、「奈良交通」と「大阪空港交通」が共同で運行しており、運行は基本的には1時間に1本のペースで運行されています。

バスの運賃は、乗り換え要らずであることもあり、基本的に電車を利用するより少し高い水準に設定されています。しかし直通できて乗り換え要らず、また確実に座れることを考えれば割高感はありません。(トイレは「大阪空港交通」運行の場合設けられていません。)

所要時間は通常の場合近鉄奈良駅までは「65分」JR奈良駅までは「75分」で到着します。但し電車を利用する場合と異なり、交通渋滞に巻き込まれる可能性が高く、阪神高速の渋滞、また奈良市内の観光シーズンの渋滞などにより、数十分程度の遅れが発生することもあるかもしれません。

ちなみに、バスの車内では無料wi-fiサービスも行われており、外国人観光客・日本人利用客を問わず便利な環境が整っています。

予約は、伊丹空港からのリムジンバスの場合受け付けておらず、伊丹空港バス乗り場に設置されている「自動券売機」でバスの切符を購入して頂く形となります。(※奈良方面から伊丹空港へは予約可能で、特に早朝の便に関しては前日までの予約が必要です。)

大阪国際空港(伊丹空港)―近鉄・JR奈良駅
所要時間約65~75分・運賃1480円

電車で近鉄奈良駅にアクセスする

空港リムジンバスも便利なのですが、リムジンバスは約1時間間隔の運転なので、必ずしもフライトのスケジュールと合わない場合もあるかもしれません。

そういう時は電車を使うルートが便利です。

電車の場合、まず大阪モノレールの「大阪空港駅」から一駅だけ乗って、阪急電車の「蛍池」駅にアクセスして頂き、その後は梅田まで阪急で出て、地下鉄、近鉄電車と乗り継ぐルートが一般的です。

また、格安で行きたい場合、阪急梅田で降りた後、地下鉄ではなくJR環状線で鶴橋駅まで行き、そこから近鉄に乗り継ぐルートもあります。

乗り換えの回数を少しでも減らしたければ、大阪モノレールで「大阪空港駅」からそのまま「千里中央駅」まで行って頂き、そこから大阪地下鉄に直通の「北大阪急行」の「なかもず行き」に乗って、難波まで直接アクセスして頂くルートもありますが、なぜか所要時間は多く掛かってしまいます。

いずれの場合も、空港リムジンバスよりは少し運賃は安くなりますが、所要時間はバスが渋滞に巻き込まれる場合を除き、通常時はバスよりも時間が掛かってしまいます。また特に阪急や地下鉄の場合、座れる保証もありません。

ちなみに、伊丹空港から「難波」までは頻繁にリムジンバスも運転されており、リムジンバスで難波まで出て、そこから近鉄に乗る。というルートも作れないわけではありません。この場合運賃や所要時間も他のルートと大差なく利用できます。

しかし、あえて渋滞の可能性があるバスから電車に乗り継ぐ手間をかけるならば、リムジンバスで奈良まで直通するか、そうでなければ全て電車を使うルートを使うほうがよいでしょう。

大阪空港駅(モノレール)―蛍池駅―(阪急急行)―梅田駅―(地下鉄御堂筋線)―大阪難波駅―(近鉄快速急行・急行)―近鉄奈良駅
所要時間約90分・運賃1210円

大阪空港駅(モノレール)―蛍池駅―(阪急急行)―梅田駅・大阪駅―(環状線外回り)―鶴橋駅―(近鉄快速急行・急行)―近鉄奈良駅
所要時間約90分・運賃1090円

大阪空港駅(モノレール)―千里中央駅―(北大阪急行・地下鉄御堂筋線)―大阪難波駅―(近鉄快速急行・急行)―近鉄奈良駅
所要時間約100分・運賃1310円

電車(+路線バス)でJR奈良駅にアクセスする

近鉄奈良駅ではなく、JR奈良駅にアクセスする場合は、どのようなルートがあるのでしょうか。

この場合、先ほどの近鉄奈良駅にアクセスするルートと同様、モノレールと阪急電車を乗り継いで梅田駅まで出て、そこからJR大阪駅に移動し「大和路快速」を利用していくルートも便利ですが、この場合阪急梅田駅とJR大阪駅の乗換距離が長く、多少面倒なところがあります。

そのため、所要時間や運賃は多少上回りますが、「伊丹市営バス」で「JR伊丹駅」まで出て頂き、そこからJRのみで奈良へアクセスするルートもおすすめできます。

伊丹市営バス平日・土日祝日を問わず15分~25分間隔と比較的多数運行されており、JR伊丹駅まで運賃は210円と比較的安くなっています。

JR伊丹駅からはJR宝塚線の「丹波路快速・快速(東西線経由の場合尼崎で乗り換えが必要です)」、大阪駅からは「大和路快速・区間快速」を利用すれば、奈良へスムーズにアクセスすることが可能です。

大阪空港駅(モノレール)―蛍池駅―(阪急急行)―梅田駅・大阪駅―(大和路快速)―奈良駅
所要時間約80分・運賃1220円

伊丹空港バス停―(伊丹市バス25・26系統)―JR伊丹駅―(丹波路快速・快速)―大阪駅―(大和路快速)―奈良駅
所要時間約90分・運賃1350円

まとめ

以上、伊丹空港から奈良へのアクセスルートをまとめてきました。

直通バスや電車を使った様々な乗り継ぎルートがある奈良へのアクセスですが、結果としては1時間おきと本数は少ないですが、やはり奈良交通などのリムジンバスが最も便利なルートと言えるでしょう。

伊丹空港のバス停前で切符を買うだけで、そのまま乗ってそのまま奈良駅前にアクセスできる訳ですから、これを上回る存在はありません。

しかし、フライトスケジュール・乗車時刻によってリムジンバスの時刻と合わなかったりすることもあるでしょう。また休日を中心とした渋滞の可能性なども考えれば、電車を使った方がよい場合もあるかもしれません。

そのような時は、近鉄奈良・JR奈良のどちらへアクセスするかによって、先に述べたルートを使い分けて頂ければと思います。この場合、どのルートでも基本的にはリムジンバスよりは運賃が安いというのも魅力の一つです。

少し遠い奈良の街ですが、皆さんの都合に従ったスムーズなアクセスルートを選んで頂き、楽しい奈良観光をお楽しみください。