奈良交通バス専用のICカード乗車券「CI-CA」とは?(買い方・使い方・お得な点などをご案内)

こちらのページでは、奈良を走る路線バス「奈良交通バス」で利用可能なICカード乗車券「CI-CA(シーカ)」について解説していきます。

CI-CAとは?簡単に言えばどんなカード?

CI-CA(シーカ)は、奈良を走る「奈良交通」の路線バスで利用可能なICカード乗車券です。

使い方はICOCAやPitapa等と同様、運賃箱のICカードリーダーにタッチをすればよいだけですので、特に変わりはありません。

利用するメリットは、あらかじめチャージをしておくことでお得な「プレミア(チャージした金額よりも多く使える)」が付与されるという点が挙げられます。

ICOCA等の場合は単に運賃をそのまま払う事しか出来ませんが、CI-CAを使う事で、奈良交通バスを実質的には金額ベースで1割程度~お得に仕えるようになっています。

なお、定期券を購入の場合も、基本的にはCI-CAで発行する形となります。

なお、CI-CAと書いて「シーカ」という名前については、その名の通り「奈良の鹿」から名前をもらったという実にわかりやすいネーミングとなっています。

CI-CAの購入方法

CI-CAについては、JR西日本のICOCAのように、券売機で2000円入れれば自動で買えるようなものではありません。

お買い求めの場合は、奈良交通の乗車券発売窓口に行って「シーカを下さい」と言えば、お買い求め頂けます。

乗車券発売窓口は近鉄奈良駅・JR奈良駅・近鉄学園前駅・近鉄高の原駅・近鉄生駒駅をはじめ主要駅に設けられています。なお、奈良県中南部の窓口等は毎日営業していない場合や、営業時間が短い場合がありますのでご注意下さい(近鉄奈良・JR奈良等主要窓口は通年・昼間時はいつでも営業しています)。

購入の際には、デポジット500円(返却する場合には返還されます)と発売額1,000円~20,000円のお好きな金額をその場でチャージする事が可能です。

購入後の「チャージ」について

乗車券発売窓口でCI-CAをご購入になった後は、バスをご利用する分に合わせて現金でカードに「チャージ」をして頂く形となります。

チャージの金額と付与される「プレミア(お得なボーナス分)」については以下の通りです。

チャージする種類には、いつでも利用可能な「普通」区分と、9時30分~15時30分に発車するバスと日祝日の終日のみ利用可能な「ひまわり」区分があります。

「ひまわり」区分は利用可能な時間・日程が制限されている代わりに一層お得になっています。

普通普通ひまわりひまわり
チャージ額ご利用可能額チャージ額ご利用可能額
1,000円1,050円1,000円1,150円
2,000円2,100円2,000円2,300円
3,000円3,150円3,000円3,450円
5,000円5,250円
※2021年6月1日よりプレミア額が変更されました。

プレミア分のお得額は2021年6月より変更されましたが、ひまわり時間帯は現在も実質1割引き以上で利用可能です。なお、朝夕の通勤・通学時間帯に利用する場合は「普通」でチャージしなければ使えませんのでご注意下さい。

CI-CAの利用可能エリア・利用可能な交通機関

CI-CAについては、基本的には奈良交通の路線バス以外では使えません。

※奈良交通の路線バス以外には、奈良交通が委託を受けている天理市や橿原市コミュニティバス等、奈良県内の一部コミュニティバスではご利用頂けます。

例えば、当たり前ではありますが奈良県内を走る公共交通機関でも、近鉄電車にCI-CAで乗る事は一切出来ません。奈良県内を走るJR線でも同様です。

また、奈良県内を走る路線バスであっても、奈良市内や山添村・曽爾村の一部を走る「三重交通バス」の路線バスでは一切使えません。加えて、吉野山エリアで営業している「吉野大峯ケーブル自動車」のバス路線でもご利用頂けません。

あくまでもCI-CAは、「奈良交通に乗る場合のみお得に使えるカード」として機能していますので、他の交通機関では使えないという事はあらかじめご留意下さい。

CI-CAご利用の方法・注意点

タッチの方法

バス乗車時にCI-CAを使う場合、基本的には3通りの使い方があります。

後乗り前降り・2回タッチ:奈良県内を走るバスは、北西部の一部と奈良市街地の一部路線を除き、基本的にはこの方式です。

前乗り先払い・1回タッチ:奈良駅・高の原駅を発着する一部路線(市内循環等)ではこの方式です。

駅行きは前乗り先払い・駅からのバスは後払い(1回タッチ):学園前駅・生駒駅・東生駒駅・富雄駅を発着する大半のバス路線はこの方式です。

特に近鉄・JR奈良駅を発着する路線では、先払いと後払いの路線が紛れている場合がありますので、その点はご注意下さい。なお、運賃はタッチすれば自動で精算されますので、利用そのもので難しい事は何もありません。

乗り越し精算・残額不足の場合等は?

CI-CAの「定期券」をご利用の場合で、定期券の区間の外(例えば近鉄・JR奈良駅~高畑町の定期券で、高畑住宅まで利用)で降車する場合は、タッチした際に「乗り継ぎ清算」の確認画面が出ます。1度タッチするだけでは精算されませんので、画面が表示された後に再度タッチして下さい。

残額が無い場合は、原則としてチャージを行うか、不足分を現金で払って精算します。残額が足りないと降車時に時間が掛かってしまいますので、基本的にはしっかり残高がある状態にチャージをしておく事がおすすめです。

まとめ

CI-CA(シーカ)は、奈良交通バス(路線バス)でのみ利用可能なICカード乗車券です。ICカードリーダーにタッチするだけで、バスを便利にご利用頂けます。

CI-CAご利用のメリットは、チャージする場合に「プレミア」額が付与されるため、通常の運賃で乗車するよりもお得に利用できる点が挙げられます。お得額は「普通・ひまわり」の2種類のチャージ方法がありますが、概ね2割前後です。また、CI-CAにはバスの定期券を搭載する事も可能です。

近鉄電車・JR線・奈良交通以外の路線バス(奈良交通が委託を受けるコミュニティバス等を除く)では、CI-CAは利用出来ません。