奈良「大神神社」への交通手段を徹底解説!JR線の使い方・路線バスでのアクセス方法など

この記事では、奈良「大神神社」への交通アクセスに関する情報について、JR線・近鉄線・路線バスの使い方や各地からのアクセス情報をなるべく簡単に解説していきます。

JR線でのアクセス

神社へはJR「三輪駅」から徒歩すぐ

大神神社へ最もシンプルにアクセスすることが出来るルートは、JR万葉まほろば線(桜井線)を利用するルートです。大神神社の最寄り駅はJR万葉まほろば線(桜井線)の「JR三輪駅」となっており、駅を降りて徒歩5分もかからずに参道へ、10分以内に社殿のあるエリアにアクセスすることが可能です。

JR線は30分おきの運行です

神社の近くに駅がある便利なJR線ですが、その運行本数は奈良県内の電車としてはかなり少ない部類となっています。JR奈良駅~JR三輪駅~JR桜井駅の間では日中約30分間隔で運行されており、朝や夕方には40分以上運転間隔が開くこともあります。また、畝傍駅・高田駅方面へは日中は1時間に1本しか運行されていません。JR線については通常時は「待たずに乗れる」状況ではないので、あらかじめ運行時刻を確認した上でご利用頂く必要があります。

初詣シーズン等には臨時電車が運行!

通常時は本数が少なめなJR線ですが、大神神社がにぎわいを見せる「初詣」シーズン、3が日の期間は、日中のJR奈良駅~JR三輪駅~JR桜井駅の区間は約20分おき、1時間に3本の運行まで増発されます。両数も通常時の2両から4両や6両に増やされますので、ある程度は混雑するものの、クルマと比較するとかなりスムーズな交通手段として使えるようにもなっています。

また、夏に開催される「おんぱら祭(花火)」の際にも一部臨時電車が運行されます。

近鉄線利用(桜井乗換)によるアクセス

初詣シーズン・「おんぱら祭り」開催時はバスが随時運行

JR線のみを使うのではなく、奈良県内を縦横無尽に走る「近鉄電車」を利用してアクセスしたいという方も大勢いらっしゃるかと思います。近鉄電車をご利用になる場合は、近鉄大阪線「桜井駅」までアクセスして頂いた上で、路線バスかJR線に乗り継ぐというルートになっており、必ず乗り換えが必要になっています。

桜井駅からのルートについては、大神神社に大勢の人が訪れる「初詣シーズン」及び「おんぱら祭り(花火)開催時」には、直通路線バスが非常に便利です。

路線バスについては、初詣シーズンは大神神社から少し離れた(三輪駅とほぼ同じ距離)場所にある「三輪恵比須神社」前バス停まで、おんぱら祭り開催時には大鳥居の近くにある「三輪明神参道口」バス停までバスが「随時運行」されます。バスはほぼ待たずに乗れるくらいのペースで次々と運行され、初詣シーズンは9時~17時頃まで、おんぱら祭り開催時は花火の時間帯(17時~21時台)に運行されています。

通常時の平日はJR線乗り換えも便利

上記のように、初詣シーズンなどには「随時運行」される非常に便利な路線バスですが、初詣シーズンなどではない通常時については、まず「平日」は直行のバスが運行されません。平日にご利用頂けるバスは「三輪明神参道口」を経由する「天理駅」行きバスとなっており、こちらは1時間に1~2本程度運行されています。本数はそれほど多くありませんので、近鉄電車からJR万葉まほろば線(桜井線)に乗り換えて隣の三輪駅までアクセスした方が便利な場合が多くなっています。

また、土日祝日については日中約40分間隔でバス運行され、は大神神社の社殿のすぐ近くにあたる「三輪明神大神神社二の鳥居」バス停までアクセスすることが出来ます。こちらも本数はそれほど多くありませんが、神社の中心部に最も近い場所までアクセス出来る交通手段になっていますので、使い方次第ではかなり便利にご利用頂けるようにもなっています。

各地から大神神社までのアクセス情報

奈良駅から

ルート:JR奈良駅~(万葉まほろば線〈桜井線〉)~JR三輪駅

運賃:320円 所要時間:約25分~

・奈良駅からの場合は、JR線(桜井行き・和歌山行き・高田行き・王寺行き)で1本。乗り換えなくスムーズにアクセス可能です。本数は日中約30分おきなので、あらかじめ時刻をご確認の上ご利用ください。

大阪駅から

ルート1:JR大阪駅~(大阪環状線外回り)~JR・近鉄鶴橋駅~(近鉄大阪線)~近鉄桜井駅(桜井駅からはJR線で隣の三輪駅へ・または路線バス利用)

運賃:940円 所要時間:約1時間10分~ ※JR三輪駅までの場合

ルート2:JR大阪駅~(大和路快速・区間快速)~JR奈良駅~(万葉まほろば線〈桜井線〉)~JR三輪駅

運賃:970円 所要時間:約1時間20分~

・大阪駅からの場合は、JR線の大和路快速などで奈良駅へアクセスした後に、万葉まほろば線(桜井線)の乗り換えて三輪駅にアクセスするルートが一般的なのですが、実は鶴橋駅・桜井駅乗り換えで途中近鉄線を利用するルートが最速となる場合が多くなっています。

天王寺駅から

ルート:JR天王寺駅~(大和路快速・区間快速・快速)~JR奈良駅~(万葉まほろば線〈桜井線〉)~JR三輪駅

運賃:840円 所要時間:約1時間~

・天王寺駅からの場合は、近鉄線は使わずに、奈良経由でJR線のみを使って行くルートが最安であり、最速ルートである場合が多くなっています。

大阪難波駅から

ルート1:近鉄大阪難波駅~近鉄上本町駅もしくは鶴橋駅~近鉄桜井駅(桜井駅からはJR線で隣の三輪駅へ・または路線バス利用)

運賃:800円 所要時間:約55分~ ※JR三輪駅までの場合

・なんばエリアからの場合は、JR難波駅ではなく近鉄大阪難波駅から桜井駅へアクセスするルートがかなり安くなっており、時間面でも最速ルートになる場合が多くなっています。

京都駅から

ルート:近鉄京都駅~(橿原神宮前行き特急・急行)~近鉄大和八木駅~(近鉄大阪線)~近鉄桜井駅(桜井駅からはJR線で隣の三輪駅へ・または路線バス利用)

運賃:960円(京都~大和八木間特急利用の場合プラス900円) 所要時間:約1時間15分~ ※JR三輪駅までの場合

・京都駅からの場合は、JR線ではなく近鉄線で桜井駅まで行くルートがお得でスピーディになっています。

神戸三宮駅から

ルート:阪神神戸三宮駅~(直通快速急行)~近鉄上本町もしくは鶴橋駅~(近鉄大阪線急行など)~近鉄桜井駅(桜井駅からはJR線で隣の三輪駅へ・または路線バス利用)

運賃:1210円 所要時間:約1時間45分~ ※JR三輪駅までの場合

・神戸方面からは、阪神線から近鉄奈良方面に直通する快速急行を利用し、近鉄大阪線に乗り継いで近鉄桜井駅に行くルートが無難です。JR線のみで行くことも出来ますが、それほど所要時間が早くない割には運賃が高額となっています。

名古屋駅から

ルート:近鉄名古屋駅~(近鉄特急・途中伊勢中川で乗り継ぎの場合あり)~近鉄名張駅~(近鉄大阪線急行など)~近鉄桜井駅(桜井駅からはJR線で隣の三輪駅へ・または路線バス利用)

運賃:3370円(特急料金込み) 所要時間:約2時間10分~

・名古屋からの場合は、近鉄線で桜井駅までアクセスするルートが便利です。新幹線で京都経由というルートもありますが、運賃・料金が倍になる割には時間を短縮できませんので、近鉄特急を使っていくのがよいでしょう。なお、桜井駅には特急は停まりませんので途中の名張駅で急行電車などに乗り換えて頂くことになります。

橿原神宮前駅から

ルート:近鉄橿原神宮前駅~近鉄大和八木駅~近鉄桜井駅(桜井駅からはJR線で隣の三輪駅へ・または路線バス利用)

運賃:400円 所要時間:約20分~ ※JR三輪駅までの場合

・橿原神宮から大神神社へ行く場合は、橿原神宮前駅から近鉄電車をご利用ください。お正月期間であれば桜井駅からのバスにスムーズに乗り継ぐことも可能です。

車でアクセスする場合

大神神社へは、公共交通機関のご利用も便利ですが、初詣シーズンやおんぱら祭り開催時など以外の通常時はマイカー利用でもアクセスしやすい場所になっています。大神神社には、参道・鳥居周辺に無料駐車場が複数設けられており、通常時は満車になることはまずありませんので、こちらに駐車して頂くことで徒歩5~10分程度で社殿近くにアクセスすることが可能です。なお、初詣シーズン及びおんぱら祭花火大会当日は、基本的に公共交通機関をご利用ください。クルマでのアクセスの場合激しい渋滞に巻き込まれる上に、交通規制で利用しにくくなります(初詣シーズンは駐車場が有料に・おんぱら祭り開催時は周辺道路が封鎖)ので、車で行くメリットは皆無になります。

駐車場の位置については、以下の地図などをご覧ください。

大神神社周辺地図