JR奈良駅~近鉄奈良駅間の距離・移動方法(バス・徒歩)のまとめ

この記事では、奈良のまちの拠点駅でありながら、お互いが少し離れた場所にある「JR奈良駅」と「近鉄奈良駅」の間のアクセスルート(バス・徒歩)について簡単にまとめていきます。

JR奈良駅から近鉄奈良駅間の距離について

「JR奈良駅」と「近鉄奈良駅」。2つの駅は鉄道会社の名前が違うだけで、一見同じところにあるように見えますが、「JR京都駅」と「近鉄京都駅」などのように、同じ場所にある訳ではありません。残念ながら、地図で見ても、鉄道の案内図などで見ても「JR奈良駅」と「近鉄奈良駅」はつながっているようには見えませんし、実際に結構な距離があります。

その距離ですが、直線距離では800メートルほどですが、実際に道を通っていけば、ちょうど1キロ程度になります。

この1キロ程度という距離は、例えば「自宅」から「最寄り駅」までのアクセスルートとして考えるような場合は、基本的にひどい坂道でもなければ歩く人が多いような距離ですが、観光客の方や通勤でやってくるような方にとっては、実に中途半端な、ある意味で「一番めんどくさい」移動距離とも言えるものとなっており、JR奈良駅~近鉄奈良駅間の場合も、必ずしも「皆が歩いている」とは言えません。以下、徒歩・バス・タクシーの3つのアクセス手段について簡単に解説して参ります。

面倒ならば、バス一択!

JR奈良駅~近鉄奈良駅間の移動に一番便利な存在は、まぎれもなく「路線バス」です。

運賃は210円所要時間は早くて2分、遅くても5分ほどで確実にアクセスすることが出来ます。また、JR奈良駅~近鉄奈良駅の間は、奈良はおろか、近畿地方でも有数ののバス運行本数を誇る区間となっており、基本的にどんどんバスがやってきますので、あまり「待つ」ことを考える必要もありません。

唯一気を付ける事と言えば、バスの乗り場。

JR奈良駅から近鉄奈良駅に行く場合は、「1番・2番・3番乗り場」から発車する全てのバスをご利用ください。近鉄奈良駅は次のバス停である「油阪船橋商店街」バス停の次、2つ目のバス停となっています。

近鉄奈良駅からJR奈良駅に行く場合は基本的に「9番乗り場」から発車する全てのバスをご利用ください。バスが遅れてなかなか来ないような場合、「8番・10番・11番・12番乗り場」から発車する全ての路線バスに乗ってもJR奈良駅へ行けますが、多くの便は「JR奈良駅西口」に行ってしまうので少し時間がかかります。JR奈良駅は9番乗り場からの場合、次のバス停である「油阪船橋商店街」バス停の次、2つ目のバス停となっています。

なお、これ以外のバス乗り場から乗ってしまうと、駅とは逆の郊外方向へ行ってしまったりしますので、乗り間違えだけは十分にご注意ください。

徒歩ルートも悪くありません

JR奈良駅~近鉄奈良駅間の移動は、バスのみならず、徒歩でアクセスされる方も大勢いらっしゃいます。

徒歩の場合、2つのルートがあります。

1つ目のルートは、「三条通り」・「やすらぎの道」を経由していくルートです。三条通りは奈良のメインストリートとも言える通りで、お店も多く、いつでも大勢の人が行き交う空間となっています。何かを食べたり、銀行に立ち寄ったりする用事がある方は、こちらのルートをご利用になることをおすすめします。

・JR奈良駅からの場合、駅東口からバスターミナルを抜け、広場の前にある信号を渡った先が三条通りとなっており、途中観光案内所「ナラニクル」のある交差点を渡ってからは北に進んでいくと近鉄奈良駅周辺にたどりつきます。

・近鉄奈良駅からの場合、なるべく西側にある出口から出て頂き、自転車駐車場の西側から伸びる「やすらぎの道」沿いに南下して「ナラニクル」のある交差点から三条通りを西に進んで頂ければ、JR奈良駅前にたどりつきます。

また、2つ目のルートは、基本的に路線バスと同じルート(油阪船橋商店街バス停前経由)をたどり、大通り沿いにアクセスするルートとなっています。こちらは通行人の数は三条通り経由よりも少ないので、急いでアクセスしたい場合にはおすすめのルートとなっています。

・JR奈良駅からの場合、駅前広場のある交差点を渡り、「三条通り」に抜けずに北側(バス通り)を進んで頂き、途中「油阪」の交差点(バス通りの突き当り)からは東に進んで頂ければ近鉄奈良駅前に到着します。

・近鉄奈良駅からの場合、駅前のバス通りを西に進んで頂き、JRの高架の近い位置にある「油阪」交差点からは南に進んで頂くと、JR奈良駅前に到着します。

徒歩の場合、いずれのルートでも約12~15分程度でアクセスできるようになっています。

タクシーならばワンメーター(初乗り)で済むことも

さて、一番早く行けるルートとしては、やはり「タクシー」を忘れてはいけません。

タクシーの場合、距離が1キロ程度ですので、基本的にワンメーター(初乗り)運賃に近い運賃で移動することが出来ます。タクシーに乗って、信号にほとんど引っかかることなく移動できた場合は、所要時間は約2分、運賃は初乗りの660円(中型680円)、もし信号に複数回引っかかっても、所要時間は5分、運賃は700~900円台くらいで済むようになっています。もっとも、お一人ではなく複数人で乗れば乗るほどお一人あたりの料金は安く済みますので、4人で乗れば、一人当たりの運賃はバスよりも安いという事になります。

急ぎの用事がある時、また4人・5人など人数の多いときは、タクシーの利用というのもおすすめとなっているのです。

おわりに

以上、JR奈良駅~近鉄奈良駅間の移動方法について解説を行って来ました。

「京都駅」と「河原町駅」のように、明らかに拠点が離れている場合はさておき、奈良の場合は「中心駅」とも言える2つの駅が「同じ市街地」の中で中途半端に1キロ程度離れているケースとなっており、かえってわかりにくく、面倒くさい状況となってしまっています。しかし、上記で解説してきたように、バスなどを使えばスムーズに移動できるようになっており、徒歩ルートも道さえ分かっておけばそれほどの負担のかかるルートではありません。いずれにせよ、15分以上掛かるようなことはありませんので、それぞれのご都合に応じて、使いやすいルートで移動してみてください。