東福寺駅での「JR線」と「京阪線」の乗り換え方法とは? 【観光シーズンの渋滞を回避】

基礎知識・お役立ち情報

こちらでは、JR京都駅から「JR線」と「京阪電車」を乗り継いで移動する場合について、「乗り換え駅」である「東福寺駅」での乗り換え方法を解説していきます。

京都市内は「バス」による移動が便利なことで知られますが、道路が渋滞しやすい観光シーズンなどを中心に、一部の観光地へは「東福寺乗り換え」を利用した電車での移動が無難となる場合があります。

東福寺駅はJR京都駅からすぐ・次の駅

東福寺駅は、「JR京都駅」からは「JR奈良線」を利用して次の駅(1駅)にあたる駅です。

JR京都駅のりば8・9・10番のりば
乗る電車「奈良線」の全列車(行き先を問わず利用・快速系統も利用可)
本数多くの時間帯で「1時間6本」
所要時間約1~2分
京都~東福寺間運賃150円

隣の駅で距離はわずか1kmほどですので、電車が発車するとすぐに東福寺駅に到着します。

京都駅に停車中の奈良線「普通電車」

電車は「奈良線」であれば行き先(奈良・城陽など)に関わらず普通・みやこ路快速など全ての電車にご乗車頂けます。奈良線のりばには2つの電車が停車中の場合もありますので、その場合は発車時刻が早い電車をご利用下さい。

JR線から京阪線へ乗り換え

JR線ホームにある京阪線「のりかえ口」

JR東福寺駅に京都駅から到着した場合、京阪電車の東福寺駅は「真横」にありますので、すぐのお乗り換えが可能です。

JR東福寺駅から京阪線七条・祇園四条・出町柳方面へ

JR線(京都駅方面から)の降りたホームと京阪線ホームを直結する「のりかえ口」がありますので、そちらから直接お乗り換え下さい。ホーム上の改札を通るだけで京阪電車にそのままお乗り換え頂けます。
◆なお、京都駅とは逆の方向からお越しの場合、またのりかえ口の利用時間外(7時以前・19時以降)は一度階段を上ってJR東福寺駅の改札口をご利用の上、改札を出てすぐに案内表示(京阪電車西改札口三条・出町柳方面)に従い階段を降りて京阪線のりばへ移動して下さい。

JR京都駅で奈良線の電車にご乗車頂く際の「車両の位置」については、七条・祇園四条・出町柳方面へ行く場合はのりかえ口に近い「後ろ寄り」がおすすめです。

JR東福寺駅の出口(改札)を出てすぐに京阪線のりばへの案内表示(分岐)あり
JR東福寺駅から京阪線中書島・枚方市・淀屋橋方面へ

◆JR線(京都駅方面から)の降りたホームに直結する「のりかえ口」を通る場合、目の前のホームは京阪線の逆方向へののりばですので、地下を通る階段を利用して反対側のホームへ移動して下さい。
◆京都駅とは逆の方向からお越しの場合、またのりかえ口の利用時間外(7時以前・19時以降)などはJR東福寺駅の改札口をご利用下さい。改札を出てすぐに京阪線のりばへの案内表示(京阪電車東改札口中書島・枚方市・淀屋橋・中之島線方面)がありますので、表示に従い連絡通路・階段をお進み下さい。

京阪線からJR線に乗り換え

JR東福寺駅の改札口
京阪東福寺駅からJR線京都駅方面へ

◆各ホームから最寄りの改札口をご利用の上「JR奈良線」の案内表示に従いお進み下さい。出町柳・三条・祇園四条方面からの場合、改札を出て右側の階段を上り、連絡通路を進んだ先、中書島・枚方市・淀屋橋方面からの場合改札そばの階段を上ってすぐがJR東福寺駅の改札口です。
◆中書島方面からの場合京阪線ホーム上にも「JR線のりかえ口」がありますが、直結しているホームはJR京都駅方面の1番のりばではなく「逆方向(宇治・奈良方面行き)」の2番のりばですので、JR京都駅方面へのホームへは階段を通って移動が必要です。

出町柳・三条・祇園四条方面からの場合は京阪線の改札を通った後階段+連絡通路でJR線改札口へ移動
京阪東福寺駅からJR線宇治・奈良方面へ

◆各ホームから最寄りの改札口をご利用の上「JR奈良線」の案内表示に従いお進み下さい。出町柳・三条・祇園四条方面からの場合、改札を出て右側の階段を上り、連絡通路を進んだ先、中書島・枚方市・淀屋橋方面からの場合改札そばの階段を上ってすぐがJR東福寺駅の改札口です。
◆基本的には、出町柳・三条・祇園四条方面から乗り換えをされる方がほとんどです。

東福寺乗り換えが便利になるケースとは?

JR線・京阪線を便利に乗り換え可能な東福寺駅ですが、観光で訪れる場合は具体的にどのようなケースで使いやすいのでしょうか?

まず重要なポイントとしては、「渋滞が余りない・観光客が集中していない」時期であれば、多くの観光地は「京都市バス」によるアクセスが最も便利である点が挙げられます。

また、「運賃」はJR・京阪線の合計運賃が必要となるため、市バスの運賃よりも割高となります。

東福寺乗り換えでJR・京阪線を乗り継いで移動可能な観光地は祇園・八坂神社・下鴨神社など多数ありますが、基本的にどのような観光地も「市バス」の方が運賃は安く、乗り換えは不要かつ観光地のそばのバス停までアクセス可能ですので、「渋滞・混雑」により市バスの利用が難しいケースでない場合は、必ずしも電車を使う必要はありません。

観光スポット電車によるアクセス
蓮華王院 三十三間堂京阪七条駅から東に徒歩約5分
京都国立博物館京阪七条駅から東に徒歩約5分
清水寺京阪清水五条駅から東に徒歩約20分
建仁寺京阪祇園四条駅から南東に徒歩約7分
祇園エリア京阪祇園四条駅の東側すぐ
八坂神社京阪祇園四条駅から東に徒歩約6分
下鴨神社京阪出町柳駅から北に徒歩約6分
叡山電車方面京阪出町柳駅で乗り換え可能

京都御所・平安神宮・岡崎エリア・南禅寺方面へは「京都市営地下鉄線」の利用がおすすめです。

叡山電車を利用して鞍馬・貴船エリアへアクセスされる場合は、国際会館駅経由で「京都市営地下鉄」+「京都バス」のルートがおすすめです。
一方で、地下鉄線との接続がない比叡山方面へは東福寺駅乗り換え・出町柳駅からの叡山電車利用が基本です。

伏見稲荷大社へは、JR京都駅からはJR奈良線の普通で「JR稲荷駅」下車が非常に便利です。京阪線に乗り換える必要はありません。

東福寺駅の乗り換え【まとめ】

京都市内で「JR線」と「京阪線」を乗り換える場合は「東福寺駅」のご利用が基本です。

東福寺駅はJR京都駅からは奈良線の電車で「1駅」の距離(隣の駅)であり、すぐにアクセス可能です。

JR東福寺駅・京阪東福寺駅はすぐ隣同士に隣接しており、特にJR京都駅方面→京阪線七条・三条・祇園四条・出町柳方面へはホーム上の「のりかえ口」から直接のお乗り換えが可能です。

東福寺乗り換えでアクセス可能な観光地の多く(祇園・八坂神社・下鴨神社など)は渋滞がない場合「市バス」の利用が便利であり、基本的に電車の利用は「市バスが遅れやすい観光シーズン」におすすめのルートと言えます。

JR奈良線に関するより詳細な情報は、上記の記事で解説しております。