京阪大津線の「お得なきっぷ」を知る【乗り放題】

基礎知識・お役立ち情報

京阪電鉄の中でも大阪・京都方面の主要路線(京阪本線など)とは異なり、「路面」を走る区間がある点・地下鉄線と直通する点など独自の特徴を持つ路線として知られる「京阪大津線」。

こちらでは、京阪大津線を利用範囲に含む各種「お得なきっぷ」について、価格・利用期間といった基本的な情報を解説していきます。

お得なきっぷに関する掲載情報は、いずれも「2022年時点」のものです。その後きっぷの発売状況などが変更となっている可能性がありますので、その点はあしからずご了承ください。また、当ページでは「記念乗車券」類は取り扱っておらず、日常・観光での利用を目的とするお得なきっぷをご紹介しております。

京阪電車 びわ湖1日観光チケット【大津線内のみ乗り放題】

発売金額(料金)大人700円・子ども350円
発売期間通年(各年4月1日~翌年3月31日)
利用期間発売期間の中でお好きな1日
利用範囲(乗り放題区間)京阪大津線(京津線・石山坂本線)全線
発売場所京阪山科駅・四宮駅・びわ湖浜大津駅・京阪膳所駅・京阪石山駅・京阪大津京駅・近江神宮前駅・坂本比叡山口駅(駅窓口・一部駅では駅事務室で発売)
利用方法・駅改札口がある駅では改札口を利用可能(磁気券)
・改札口がない場合は駅係員に呈示、またはそのまま降車可能
・御陵駅のみ駅の有人改札できっぷを見せて利用(京都市営地下鉄の管轄する駅のため)
備考・京阪沿線の施設で特典あり
・「大津市浜大津公共駐車場」、「明日都浜大津公共駐車場」の割引特典あり

京阪大津線のみがシンプルに「1日乗り放題」となるきっぷとしては、「京阪電車 びわ湖1日観光チケット」が1年を通して発売されています。

きっぷは大人700円・子ども350円とお求めやすい価格であり、大津線内を3回以上ご利用になる場合では、一部のケースを除きこのきっぷがお得になることも多くなっています。

きっぷのご利用がお得なケース(一例)

・びわ湖浜大津駅発着で、石山寺・坂本エリア(日吉大社)の両方を観光したい場合
・山科駅発着で、石山寺と大津港周辺を観光したい場合
・起点を問わず、石山寺、三井寺、近江神宮、坂本エリア(日吉大社)を巡りたい場合
など

きっぷの購入は、一部の有人駅で営業時間内に限り実施されています。なお、駅によって営業時間は大きく異なる場合があるため、その点はご注意ください。

比叡山延暦寺巡拝 大津線きっぷ

発売金額(料金)大人2,900円・子ども1,300円
発売期間概ね冬場を除く期間に発売
2022年の場合:3月19日(土) 〜12月4日(日)
利用期間発売期間の中でお好きな1日
利用範囲(乗り放題区間)京阪大津線(京津線・石山坂本線)全線
◆坂本ケーブル:ケーブル坂本〜ケーブル延暦寺
◆江若バス:比叡山坂本駅〜ケーブル坂本駅
◆比叡山内シャトルバス:比叡山頂〜横川
※比叡山からのバスはロテル・ド・比叡、夢見ヶ丘、京都駅方面は利用範囲外(別途運賃が必要)
◆比叡山延暦寺の巡拝も可能(東塔・西塔・横川)
発売場所京阪山科駅・びわ湖浜大津駅・京阪膳所駅・京阪石山駅・京阪大津京駅・坂本比叡山口駅(駅窓口で発売)
利用方法駅・バス車内などで「呈示」して利用(自動改札は利用不可)
備考・比叡山エリアの施設、京阪沿線の施設で特典あり
・「大津市浜大津公共駐車場」、「明日都浜大津公共駐車場」の割引特典あり

大津線の利用に加え、比叡山エリア(延暦寺)を観光したい場合は、大津線と比叡山ケーブル・坂本及び比叡山エリアのバスが乗り放題となる「比叡山延暦寺巡拝 大津線きっぷ」をご利用頂けます。

比叡山エリアを区間に含むお得なきっぷ類は、京都側(京阪本線方面・叡山電鉄)からのきっぷも含め複数ありますが、こちらは大津市街地周辺の観光地(石山寺など)・比叡山エリアを同じ日に観光したい場合におすすめのきっぷであり、JR線の利用と組み合わせたルート(石山・比叡山坂本・山科経由など)でも使いやすくなっています。

「大津線乗り放題」はどこまで乗れる?

京阪大津線の路線図(駅名は主要な駅のみ記載)
出典:地理院地図(一部加工の上利用)

京阪「大津線」と呼ばれる区間が乗り放題と言っても、大津線というものが一体どこからどこまでなのか分からない。という方も多いかもしれません。

大津線と呼ばれる路線は、具体的には上記の地図・また下記の区間で示した通りの区間を指すものです。

京津線御陵駅~京阪山科駅~びわ湖浜大津駅(7.5km)
石山坂本線石山寺駅~京阪石山駅~京阪膳所駅~びわ湖浜大津駅~京阪大津京駅~坂本比叡山口駅(14.1km)

大まかに言えば、「大津市街地」の中心部一帯と、京都市山科区の北部一帯を通るルートとなっており、びわ湖浜大津駅で京津線・石山坂本線を乗り継ぐことが可能です。また、京津線の御陵駅からは「京都市営地下鉄東西線」に直通運転する形を取っています。

なお、先述の通り「京阪電車 びわ湖1日観光チケット」でご乗車の場合、御陵駅は京都市営地下鉄管轄のため「自動改札」を通れませんので「有人改札」をご利用下さい。

まとめ・補足

京阪大津線で利用可能なお得なきっぷは、通常ご利用頂くものとしては以下のものがあります。
・大津線全線のみが乗り放題となる「京阪電車 びわ湖1日観光チケット」
・比叡山エリアも含め乗り放題となる「比叡山延暦寺巡拝 大津線きっぷ」

「大津線」とは、京阪京津線・石山坂本線をまとめた名称であり、大津市街地中心部一帯・京都市山科区北部周辺を通る路線となっています。

かつては京都市営地下鉄+京阪大津線が乗り放題となる「京都・びわ湖チケット」や、京阪本線沿線など~大津線方面の幅広いエリアがご利用頂ける「大阪・京都・びわ湖1日観光チケット」も発売されていましたが、これらのきっぷは2022年現在発売終了となっています。

大津線の「便利な使い方(基本的な知識)」については、上記の記事で解説しています。