藤浪之屋(春日大社)

【春日大社藤浪之屋】「万燈籠」の風景が再現されている隠れたみどころ

ごあんない

真っ暗な空間で「燈籠」の光をご覧いただけます

春日大社「藤浪之屋(ふじなみのや)」は春日大社の北回廊沿い、本殿のすぐそばの位置にある小さな部屋で、江戸時代までは神職の方の詰所として用いられた建物となっています。

現在この藤浪之屋では、節分の日と8月14日・15日に行われる春日大社の一大行事である「万燈籠」の風景が拝観不可でない場合以外は基本的に常時再現されており、真っ暗な空間で燈籠のほのかな光をご覧いただけるようになっています。室内は写真撮影可能となっていますが、燈籠の光以外の照明はありませんので、足元がぐらついたり、頭に燈籠が当たるようなことのないよう気を付けてお楽しみください。

なお、藤浪之屋のあるエリアは本殿の参拝料金をお支払い頂かないと入れないエリアとなっています。本殿参拝不可の日程なども多数ありますので、スケジュールをよくご確認の上拝観して頂くことをおすすめします。

本殿参拝時間について

回廊一帯の開門時間:夏期(4月~9月)6時~18時・冬期(10月~3月)6時30分~17時

本殿の参拝時間:9時~16時

※本殿参拝について

・毎年3月8日頃~3月13日、12月20日~1月7日、成人の日は儀式等により終日拝観不可となっています。。
・毎月1日、11日、21日、毎年2月節分の日、2月17日、3月14日、3月15日、3月春分の日、4月3日、5月第3金曜日、5月5日、5月10日、8月7日、8月15日、9月秋分の日、10月9日、11月3日、11月23日、12月17日の午前中は儀式等により拝観不可となっています。

※午前中が拝観不可の場合でも、祭事の進行状況により拝観可能時間が前後する可能性もあります。
※この他の日程についても、臨時に拝観が不可となる場合もあります。

春日大社本殿裏手に伸びる「北回廊」沿いに藤浪之屋の入り口があります(写真右手)。

内部は真っ暗になっており、燈籠の光のみが頼りとなっています。

アクセス

春日大社本殿参拝受付から北西に徒歩2分・椿本神社から北にすぐ・風宮神社から北にすぐ・後殿各社参拝所から北西にすぐ・宝庫から北東にすぐ

奈良交通バス「春日大社本殿」バス停ぐるっとバス(土日祝日・観光シーズンのみ運行)「春日大社」バス停(いずれも同じ位置)から東に徒歩4分

藤浪之屋周辺地図