【東大寺転害門】大変貴重な奈良時代の建築は「きたまち」のシンボル的存在

ごあんない 奈良時代に建立された門がほぼそのまま残る 転害門は、「奈良きたまち」の東端、正倉院の西に位置し、かつて東大寺境内の西側にあった3つの門のうちの現存する唯一の門です。762年に建立されたとされる、三間一戸八脚門 … Continued

【般若寺楼門】国宝に指定されている日本最古の楼門建築

概要 奇跡的に現在まで残されてきた国宝建築 般若寺「楼門」は、コスモス寺として有名な般若寺の境内西側に位置する般若寺を代表する建造物の一つです。門は老朽化が進み改修が必要な状況となっていますが、「京街道」に面する形で現在 … Continued

【春日大社】南北に並ぶ3つの門「慶賀門・清浄門・内侍門」ってどんなところ?それぞれの由緒等をご案内

ごあんない 春日大社の美しい「回廊」を彩る3つの門 春日大社「慶賀門(けいがもん)」・「清浄門(せいじょうもん)」・「内侍門(ないしもん)」は、世界遺産「春日大社」の本堂一帯を取り囲む回廊沿い(西側)にそれぞれ設けられた … Continued

【東大寺】金剛力士像で有名な「南大門」の歴史・みどころなどを徹底ガイド!【阿吽】

ごあんない 場所・概要 東大寺南大門は、多くの観光客が訪れる「東大寺大仏殿」へと向かう参道の途中に位置し、大仏殿に行く際には必ず通過するといってもよい、高さが25メートルにも及ぶ日本国内で最大規模の実に巨大な山門(国宝) … Continued

【平城宮跡】近鉄電車からも良く見える「朱雀門」ってどんなところ?歴史・復元方法などを解説!

ごあんない 概要・規模 朱雀門(すざくもん、しゅじゃくもん)は、奈良時代の平城宮における南面の「正門」として機能していた堂々たる門です。現在の平城宮跡の南端、近鉄奈良線の線路にほど近い場所に位置し、電車からも間近に眺める … Continued

【西大寺南門】本堂・東塔跡を望む境内最古の建物

概要 西大寺「南門」は、大茶盛で有名な「西大寺」境内に入る門のうち大和西大寺駅から離れた住宅街に面するほうの門となっています。観光客の出入りは駅に近い「東門」が圧倒的に多いですが、この南門はその風景としては西大寺の「正門 … Continued