【平城宮跡】かつての日本の首都=奈良の都の中心部は広々とした草原が広がる

概要 平城宮跡(へいじょうきゅうせき)は、奈良時代に「日本の首都」として設けられていた「平城京」のうち、宮殿などがあった「大内裏」の部分の遺跡であり、古都奈良の観光地として東大寺・興福寺・春日大社などに匹敵する知名度を誇 … Continued

【第二次大極殿跡】大変眺めのよい「もう一つの大極殿」

ごあんない 平城京の中心部にふさわしい広々とした空間 第二次大極殿跡は、平城宮跡の「象徴」とも言える壮大な復元建築の「第一次大極殿」の東側に位置するもうひとつの「大極殿」の大規模な遺跡です。 遺跡は石の基壇のみが復元され … Continued

【平城宮跡遺構展示館】平城京の「発掘調査」の成果をそのままご覧いただける貴重な空間

ごあんない 奈良時代のありのままの「遺構」をじっくりと 平城宮跡遺構展示館は、広々とした野原や復元遺跡が広がる「平城宮跡」エリアの北側、第一次大極殿の東側に設けられた平城京の発掘成果、発見された遺構をそのまま展示する施設 … Continued

【東大寺東塔院跡】イチョウが美しい空間にはかつて巨大な「七重塔」があった

ごあんない かつての巨大な七重塔の雰囲気を感じる 東大寺東塔院跡は、東大寺境内の大仏殿の南東側、二月堂や三月堂のある上院エリアの南西側にあたる場所にある芝生が広がる空間(遺跡)です。現在は基壇周辺の盛り土のみがその面影を … Continued

【東大寺西大門跡】かつての巨大な門の跡は「イチョウ」や「桜」が美しい憩いの空間

ごあんない 礎石のみが残されるかつての巨大な門跡 東大寺西大門跡は、奈良公園内「みとりい池園地」の北側すぐに位置する遺跡です。 現在は「東大寺西大門跡」の石碑が設けられている以外には、わずかに礎石を残すのみとなっています … Continued

【大安寺塔跡】高さ70メートル程の七重塔が二基存在したとも言われるのどかな空間

ごあんない 巨大寺院「大安寺」のかつての七重塔跡 大安寺塔跡は、癌封じ「笹酒まつり」などで有名な「大安寺」がかつて巨大寺院であった時代に存在したとされる東西2つの巨大な七重塔の遺跡です。 大正時代から史跡として指定されて … Continued

【西大寺東塔跡】創建期からの歴史を受け継ぐ五重塔の基壇跡

ごあんない 西大寺「東塔跡」は、西大寺の本堂南側すぐの位置にある比較的大きな遺跡であり、かつて存在した五重塔の基壇・礎石の跡となっています。 かつて奈良時代には東西2つの塔が建っていたとされる西大寺ですが、こちらはそのう … Continued

【大安寺杉山瓦窯跡群】古墳の横にあるリアルな「窯」の復元模型

ごあんない 古墳の一部に設けられた「瓦窯」 大安寺杉山瓦窯跡群は、JR奈良駅の南側一帯に広がるかつての農村エリア、またかつての大寺院「大安寺」を擁する地域である「大安寺」地区の中心部といってもよい位置にある史跡です。 「 … Continued

【東大寺講堂跡】大仏殿の裏手にある自然あふれる静かな「遺跡」

ごあんない かつては巨大なお堂があった芝生広場 東大寺講堂跡は、日本を代表する観光スポットである東大寺大仏殿の北側に隣接する位置にある「仏堂の遺跡」を伴った芝生広場です。 この位置にあった仏堂である「東大寺講堂」は、唐招 … Continued

【造酒司井戸】平城宮の酒造用水を汲み上げていた井戸の遺構

ごあんない 奈良時代の宮中で用いられる「お酒」の醸造拠点 造酒司井戸は、平城宮跡の東側、平城宮跡遺構展示館のそばにある遺跡(井戸)です。 造酒司(ミキノツカサ)とは、当時の「宮内省」の直属の部署として平城宮の儀式等で使用 … Continued