【興福寺】日本の国宝彫刻の1割以上を現在も所蔵する「奈良の象徴」の一つ

興福寺とは? 興福寺(こうふくじ)は、「奈良観光」において「東大寺」・「春日大社」と肩を並べる存在感を持つ奈良を象徴する巨大寺院です。興福寺の境内地は玄関口である近鉄奈良駅のすぐそばにあり、境内は奈良公園と一体化した存在 … Continued

【興福寺五重塔】高さ50メートルに及ぶ奈良を象徴する仏塔は「東寺五重塔」にも匹敵する規模を持つ

ごあんない 場所・概要 興福寺五重塔は、近鉄奈良駅からごく近い位置にあり、奈良公園や春日大社へのアクセスルート上にも位置する奈良を代表する寺院「興福寺(こうふくじ)」の伽藍を代表する仏塔建築です。 奈良市内唯一の五重塔と … Continued

【興福寺東金堂】たくさんの国宝と出会える空間は奈良時代の面影を今に残す

ごあんない 概要 興福寺東金堂(とうこんどう)は、興福寺の伽藍において、元より古くから残されてきた唯一の「金堂」建築であり、平成30年に復元される巨大な「中金堂」の東側に、また五重塔とは南北に並び立つ位置に建っています。 … Continued

【興福寺中金堂】平成30年に天平様式で再建された「興福寺の中心」となる巨大な仏堂

ごあんない 奈良を代表する「仏堂」として歴史に名を刻んだ存在 興福寺「中金堂(ちゅうこんどう)」は、世界遺産「興福寺」の境内中央、五重塔・東金堂の西側の広々とした空間に建つ興福寺境内では最大規模の仏堂です。 平城京に遷都 … Continued

【興福寺南円堂】朱色が美しい八角円堂は年1回のみ特別開扉される

南円堂ってどんなところ? 位置・基本情報 南円堂(なんえんどう)は、世界遺産「興福寺」の境内地の西側に位置する比較的大きなお堂です。興福寺の中では中金堂(平成30年再建)・五重塔・東金堂に次ぐ規模を持っており、朱色が目立 … Continued

【興福寺国宝館】有名な阿修羅像・千手観音立像など興福寺が誇る文化財が一堂に会する空間

ごあんない 他の追随を許さない規模の「仏像の宝庫」 興福寺国宝館は、奈良を代表するお寺である「興福寺」の境内北側に設けられた興福寺が所蔵する国宝・重要文化財などを展示するための施設です。興福寺所蔵の文化財は、東金堂・南円 … Continued

【興福寺北円堂】「日本で一番美しい八角堂」には「無著菩薩・世親菩薩像」などが安置される

ごあんない 近鉄奈良駅から一番近い世界遺産 興福寺北円堂(ほくえんどう)は、奈良を代表する寺院の一つである「興福寺」境内地の北西端、南円堂や三重塔の北側に位置し、近鉄奈良駅周辺に最も近い位置にある「八角堂」です。駅からは … Continued

【名勝旧大乗院庭園・文化館】水辺の風景が美しい「善阿弥」ゆかりの美しい庭園

ごあんない かつての興福寺門跡「大乗院」の唯一の面影 名勝旧大乗院庭園(だいじょういんていえん)は、「ならまち」の町並みに囲まれた奈良ホテルの南側一帯に広がる巨大な日本庭園です。 この庭園は、その名の通りかつて摂関家出身 … Continued

【興福寺三重塔】境内最古の建築は「七夕」の日に特別公開される

ごあんない 興福寺には「五重塔」だけでなく「三重塔」もあります 奈良で最も有名なお寺である「興福寺」。「興福寺」と言えば、多くの人が思い浮かべるのは、京都の「東寺」と並んで重厚で壮大な姿を見せる存在である「五重塔」。奈良 … Continued

【興福寺不動堂】ススで覆われた仏さまが安置される「護摩供養」の空間

ごあんない 南円堂と向かい合う位置に佇む「不動明王」を祀るお堂 興福寺不動堂は、世界遺産「興福寺」境内でもとくに参拝者の多い観光スポットである「南円堂」のすぐ近く、東を向く南円堂と向かい合う位置に西向きに建っているごく小 … Continued