【新薬師寺】日本最古・最大級の十二神将像があるかつての巨大寺院

ごあんない 概要-「薬師寺」とは無関係のお寺です 新薬師寺(しんやくしじ)は、奈良町やきたまちに次ぐ観光エリアである「高畑」界隈の東側、春日大社周辺の森・白毫寺・高円山といったスポットからもそう遠くない自然豊かな市街地の … Continued

【元興寺(極楽坊)】ならまちの町並みに囲まれる「世界遺産」は飛鳥時代からの歴史を今に伝える

ごあんない 概要 元興寺(極楽坊)は、奈良町の中心部に位置する真言律宗の寺院(西大寺の関連寺院)で、奈良町エリアに現存する3つの「元興寺」関係スポット(元興寺極楽坊・元興寺塔跡・元興寺小塔院跡)の中で最大規模のものとなっ … Continued

【興福寺東金堂】たくさんの国宝と出会える空間は奈良時代の面影を今に残す

ごあんない 概要 興福寺東金堂(とうこんどう)は、興福寺の伽藍において、元より古くから残されてきた唯一の「金堂」建築であり、平成30年に復元される巨大な「中金堂」の東側に、また五重塔とは南北に並び立つ位置に建っています。 … Continued

【東大寺法華堂(三月堂)】東大寺成立前からの歴史も有する圧巻の「仏像の宝庫」

ごあんない 歴史・概要 東大寺法華堂は、「上院」と呼ばれる大仏殿東側のなだからか傾斜地のエリア、具体的には「二月堂」の南隣、「手向山八幡宮」の北側すぐに位置する仏堂であり、建築は「国宝」に指定されています。 旧暦3月に「 … Continued

【唐招提寺金堂】唯一無二の美しさを誇る1200年以上の歴史を刻んだ「天平建築」

ごあんない ただ一つ現存する奈良時代の金堂建築 唐招提寺金堂(とうしょうだいじこんどう)は、奈良を代表する観光スポットである「鑑真和上」由来の、「律宗」総本山である唐招提寺の「顔」とも言える、唯一現存する奈良時代の金堂建 … Continued

【大安寺】がん封じの笹酒で有名なお寺は飛鳥時代からの歴史を持つ

ごあんない 概要 大安寺(だいあんじ)は、奈良駅の南側にあり田園風景も残る「大安寺」地区の地名の由来となっている高野山真言宗の寺院です。本尊は奈良時代の木造十一面観音立像(秘仏・重要文化財)であり、毎年秋に特別公開が実施 … Continued

【福智院】ならまちにある「玄昉ゆかりの寺」は巨大な地蔵菩薩坐像でも知られる

ごあんない 有名な「玄昉」ゆかりのお寺です 福智院(ふくちいん)は、奈良の一大観光ゾーンである「奈良町(ならまち)」エリアのやや東寄り、「高畑」エリア周辺にも近い古い町並みの一角に佇む小さな寺院です。 その創建は興福寺の … Continued

【唐招提寺講堂】唯一残る「平城京の建物」の内部には鎌倉時代の仏さまが祀られる

ごあんない 「金堂」の裏手にある建物は平城宮由来 唐招提寺講堂(とうしょうだいじこうどう)は、美しい均整の取れた建築として観光ポスターなどでも有名な唐招提寺「金堂」の北隣に位置する長細い入母屋造の建築であり、奈良時代の建 … Continued

【薬師寺金堂】「白鳳美術の最高峰」として名高い薬師三尊像を安置する空間

ごあんない 白鳳時代の建築様式を再現した薬師寺の中心的な仏堂 薬師寺「金堂(こんどう)」は、薬師寺の白鳳伽藍の中心部に東西の塔や大講堂などに囲まれる形でそびえ立つ大規模な仏堂です。規模は大講堂には及びませんが、正面の長さ … Continued

【元興寺本堂(極楽堂)】飛鳥時代から使用される「日本最古の屋根瓦」で有名な建物はかつての「僧坊」

ごあんない 鎌倉時代に改造されたかつての「僧坊」です 元興寺本堂(極楽堂)は、世界遺産に指定されているならまちエリアの古寺「元興寺」の現在の中心的な仏堂として使用されている建物です。 歴史としては、鎌倉時代の寛元2年(1 … Continued