【不退寺】在原業平が創建したと伝わるお寺は佐保路の隠れた「花の名所」

ごあんない 「在原業平」に深いつながりを持つ「平安時代のお寺」です 不退寺(ふたいじ)は、奈良市北郊、「佐保・佐紀路」の古墳や古寺の多いエリアの一角に位置する小さなお寺です。 歴史としては、市内のお寺としては珍しく「平安 … Continued

【不退寺南大門】鎌倉時代に建立された重厚な山門はかつての繁栄を物語る存在

ごあんない 不退寺「南大門」は、在原業平が創建した「業平寺」として知られる「不退寺」の境内の入り口に設けられた重厚な切妻造・本瓦葺の山門(四脚門)であり、重要文化財に指定されています。 門の左右には御所塀と呼ばれる重厚な … Continued

【不退寺本堂】美麗な「聖観音菩薩立像」などが安置される格子が美しい小さなお堂

ごあんない 不退寺本堂は、奈良市街地の北の端、「佐保山」の麓にひっそりと佇む小さなお寺「不退寺」境内で最も大きな仏堂であり、本尊聖観音菩薩像をお祀りする空間となっているお堂です。 本堂の建物は重要文化財に指定されており、 … Continued

【不退寺多宝塔】初層のみが残される建築は毎年「業平忌」当日のみ公開される

ごあんない 不退寺「多宝塔」は、在原業平ゆかりの寺院として知られる「不退寺」の境内東端に位置する境内で最も古い建物(重要文化財)です。 鎌倉時代中期に建立されたとされる多宝塔は、現在は初層(1階)部分のみが残されており、 … Continued