【東大寺転害門】大変貴重な奈良時代の建築は「きたまち」のシンボル的存在

ごあんない 奈良時代に建立された門がほぼそのまま残る 転害門は、「奈良きたまち」の東端、正倉院の西に位置し、かつて東大寺境内の西側にあった3つの門のうちの現存する唯一の門です。762年に建立されたとされる、三間一戸八脚門 … Continued

【般若寺楼門】国宝に指定されている日本最古の楼門建築

概要 奇跡的に現在まで残されてきた国宝建築 般若寺「楼門」は、コスモス寺として有名な般若寺の境内西側に位置する般若寺を代表する建造物の一つです。門は老朽化が進み改修が必要な状況となっていますが、「京街道」に面する形で現在 … Continued

【きたまち】余り知られないレトロ感ある風景「旧二条大路沿いの町並み」を写真でご紹介!

ごあんない ・かつては数多くの「通り」が縦横無尽に通った巨大都市であった「平城京」。そのうち「東大寺西大門」と平城京の朱雀門前にかけて結ぶメインストリートのひとつであった「二条大路」は、かなりの部分が完全に失われていると … Continued

【きたまち】町家と農家が融合した「法蓮町(法蓮造)の町並み」ってどんなところ?【写真多数】

ごあんない どこにあるの? 奈良市内では珍しく「近代」や「昭和レトロ」の香りも漂う新たな観光ゾーンとして近年一層脚光を浴びる「きたまち」エリア。そのきたまちエリアの北西部に位置し、見どころとしてはまだ認知度は低いものの、 … Continued

【きたまち】可愛いアフロヘア―の仏像さんがいる「五劫院」ってどんなところ?みどころを徹底解説!

ごあんない ・五劫院(ごこういん)は、「きたまち」エリアの東側、東大寺境内地の北側に広がる古い建物も点在する住宅街にひっそりと佇む小さなお寺です。 ・創建の由来は鎌倉時代の僧である重源が、中国の「宋」時代に日本に持ち込ん … Continued

【きたまち】小さくも美しい神社「八鐡神社(弁財天)」ってどんなところ?【京街道】

ごあんない ・八鐡神社(弁財天)は、転害門や奈良少年刑務所跡にも近い「きたまち」エリアの一角、奈良と京都を結ぶ古い歴史を持つ道である「京街道」沿いに位置する小ぶりな神社です。 ・神社の境内は一般の人家に囲まれた比較的狭い … Continued

【きたまち】懐かしい風景が広がる「京街道沿いの町並み」ってどんなところ?風景を写真でご紹介!

ごあんない ・奈良県庁の近く、「県庁東」交差点から、奈良公園の「みとりい池園地」や「東大寺西大門跡」などの脇を通り抜け、奈良阪から木津へと進み、最終的には「京都」まで辿り付く道は古くは「京街道」と呼ばれ、奈良と京都を結ぶ … Continued

【きたまち】茶道の創始者「村田珠光」ゆかりの「称名寺」ってどんなところ?【千体地蔵尊】

ごあんない ・称名寺は、近鉄奈良駅からそう遠くない市街地の一角、「奈良きたまち」エリアの西端といってもよいごく普通の町並みの中にひっそりと佇む寺院です。 ・その歴史は鎌倉時代に興福寺の僧が建立した道場に遡り、当初は興福寺 … Continued

【きたまち】近代の香りもたっぷり「旧鍋屋交番きたまち案内所周辺の町並み」を写真でご紹介!

ごあんない ・奈良「きたまち」エリアは、近鉄奈良駅北側一帯に広がる生活感あふれる町並みエリアとして、近年は奈良駅南側に広がる有名な「奈良町」エリアに次ぐ形で近年クローズアップされています。 ・小さなお店や飾らない町並み、 … Continued

【きたまち】京街道沿いにある奈良の「祇園社八坂神社」ってどんなところ?【祇園祭】

ごあんない 「きたまちエリア」で最も有名な神社の一つ 祇園社八坂神社(やさかじんじゃ)は奈良市内「きたまち」エリアの東側、「京街道」沿いの東大寺の敷地に隣接する位置にある小さな神社です。 本殿の祭神は建速須佐之男命(たけ … Continued