沖縄の「熱帯夜」をデータから考える

雪・気候

沖縄の夏は、その「暑さ」という意味で見た場合、確かに「非常に蒸し暑い」一方で「猛暑」がほぼ見られない地域として知られ、単に「昼間の暑さ」の数字だけを見ると、それほど暑い地域とは言えません。

一方で、沖縄の夏は、1日の気温差が小さい傾向があるため、朝晩の気温が高く「熱帯夜」が多い地域でもあります。

こちらでは、沖縄県内における「熱帯夜」の状況について、気象庁のデータなどを参考にしながら考えていきたいと思います。

どうして熱帯夜が多いのか?

沖縄県は全国的に見ても極端に「熱帯夜」が多い地域となっています。

「熱帯夜」と呼ばれる状況は、「最低気温25度以上」となる場合をいうもので、要は朝晩の気温が下がりにくい結果として生じるものです。

沖縄県で、朝晩の気温が下がりにくい要因としては、例えば以下のような点が挙げられます。

海に囲まれている・流れ込む空気は「海から」の空気(海からの風が常に入り込む)
・海上の温度は変化が少ないため、「猛暑」が減る一方朝晩の気温は高くなる(1日の気温差が小さい)
内陸部がない・海からの気流が入りにくい場所が存在せず、全ての地域が海から近い
・風が吹いているため、熱が溜まる、熱が逃げるという現象が起きにくい
海水温が高い・沖縄周辺の海水温は、場合によっては30℃以上となる環境
・常に温かい海水の上にある空気は、1日を通して変化が少なく高い温度を保つ
2020年8月22日の海面水温図
出典:気象庁(https://www.data.jma.go.jp/gmd/kaiyou/data/db/kaikyo/daily/sst_HQ.html)

上記の図は、特に海水温が高かった2020年8月の状況ですが、沖縄県一帯が海面水温30度以上の領域に覆われており、沖縄本島周辺には31℃以上の領域も見られます。

これほどに海水温が高ければ、海の上から吹いて来る風は、夜間であっても30℃に近いような状況となりますので、結果として最低気温は非常に高くなります。

なお、ここまで高い海水温でない場合でも、海水温が28℃くらいあれば、各地で熱帯夜となる状況には十分な温度と言えますので、沖縄県では6~9月にかけては多くの日で熱帯夜を観測する形になっています。

沖縄県内各地の「熱帯夜日数」は?

那覇名護久米島宮古島石垣島西表島与那国島南大東
6月の熱帯夜日数16.815.916.320.824.321.222.016.1
7月の熱帯夜日数29.229.028.328.830.228.028.823.1
8月の熱帯夜日数29.327.827.228.330.126.627.923.2
9月の熱帯夜日数22.618.318.821.922.918.318.817.4
年間熱帯夜日数107.396.098.2112.0128.6106.3111.988.5
気象庁の平年データ(2020年まで)による
東京名古屋大阪神戸福岡鹿児島
年間熱帯夜日数17.825.641.546.838.755.8
気象庁の平年データ(2020年まで)による

沖縄県内の主要な都市・島における「熱帯夜」の日数を、気象庁の平年データから見て行くと、上記のような形となっています。

熱帯夜の日数は、概ね各地で「100日前後」であり、特に多い石垣島では、平均すれば「1年の3分の1以上」が熱帯夜となっており、小笠原諸島の南鳥島という例外を除けば、全国で最も多い環境と言えます。

各地との比較でも、東京や名古屋とは比べ物にならない日数で、比較的多い大阪・神戸・福岡・鹿児島など西日本の温暖な都市と比べても、沖縄は倍程度・倍以上の数字であり、その差は明らかです。

沖縄で熱帯夜がこれほど多い状況となっていることは、熱帯夜が「真夏」だけの現象ではなく、それ以外の期間にも多く観測されることも大きな要因です。

上記の表からも分かる通り、沖縄県内各地では6月や9月でも半数以上の日で熱帯夜となる傾向が見られます。また、日数が少ないため表示していませんが、5月・10月にも熱帯夜が見られ、まれな現象としては4月・11月に熱帯夜が観測されたケースもあるため、国内の他地域とは状況は全く異なります。

沖縄で「熱帯夜になりにくい場所」はある?

熱帯夜が当たり前のように続く沖縄県内。主要な都市や島の中心部では、先述の通り「年間100日前後」の熱帯夜が当たり前の環境ですが、それ以外の場所も含めた場合、熱帯夜になりにくい場所は存在するのでしょうか?

渡嘉敷糸数
年間熱帯夜日数33.957.352.9
標高232m220m186m
気象庁の平年データ(2020年まで)による

沖縄県内の気象庁の観測地点で、熱帯夜の日数が本州で特に多い場所を下回るような地点は、上記の3地点のみとなります。

いずれも標高が200m前後の環境であり、基本的にはただ単純に「高い場所」にあるため、気温もその分低くなるという構図が見られ、結果として熱帯夜の日数が少なくなっています。

県内では標高が200m前後の地域で人が住んでいるようなケースは極めてまれですが、標高が高ければ気温も低いという構図に従って考えれば、一般論として南城市内の丘陵地、中城村~西原町~那覇市などにかけての丘陵地には標高が100~150m程度の場所もありますので、海沿いの低い土地と比べれば、やや気温が低くなりやすいということが考えられます。

ポイント・まとめ

・沖縄県は猛暑にはなりにくい一方、最低気温25℃以上の「熱帯夜」が極めて多い地域です。
・熱帯夜となる要因は、海からの風が常に入りやすく1日の気温差が小さい点、海からの風を避ける内陸部がない点、海水温が非常に高い点などが挙げられます。
・県内の主要地点では、年間の熱帯夜日数が100日前後に達し、6月や9月でも熱帯夜が多い状況です。
・県内で熱帯夜が比較的少ない地点は、標高が高めの場所に限られます。