京奈和自動車道の「雪」事情とは?【区間ごとに解説】

雪・気候

その名の通り京都府から奈良県・和歌山県にかけて伸びる「京奈和自動車道」。

京都府南部~奈良県北部にかけては未完成の区間がありますが、和歌山県内などは既に全線が開通しており、阪和道を使わずに和歌山~奈良間を移動可能なルートとして大変重要な役割を果たしています。

当ページでは、京奈和自動車道について冬場の「雪事情」という観点からその傾向を「区間ごと」に見て行きたいと思います。

この記事では各年ごとの状況を平均した「一般的な傾向」を解説するもので、京奈和自動車道における「特定の日・期間」の「雪の状況」を予測するものではありません。
実際にご利用になる上での気象状況は、あくまでも気象庁などが発表する天気予報などを参考にして下さい。

京奈和自動車道【和歌山県内】の「雪事情」

積雪の頻度和歌山市周辺は年1回あるかないか
東へ行くほど増え、橋本・かつらぎ方面は平均年2~3回程度
※暖冬の年は一切積もらない場合もあり
積雪の量和歌山市周辺では積もっても少な目
橋本・かつらぎ方面は数年に1回程度10cm以上の大雪も
規制など道路にしっかり積もる場合は通行止め措置が実施

京奈和自動車道の和歌山県内区間は、比較的わかりやすく「東へ行くほど」雪の頻度が増える環境となっています。

近畿北部ではないため、「雪が多い」地域ではないものの、かつらぎ町・橋本市周辺では、寒い年には複数回の積雪となる場合もあり、近畿中南部の「平地」では比較的雪が降りやすい地域です。周辺は山間部も多く、スタッドレスタイヤなどの装着率は例えば阪和道と比べると高めですが、ノーマルタイヤの車も多いため、積雪時は走行に支障が生じやすい環境です。

積雪量は、和歌山市周辺では積もってもごくうっすらが基本ですが、かつらぎ町・橋本市周辺では、数年に1回程度10cm以上、ごくまれに20cm程度の大雪となる場合があり、この場合は交通に大きな影響が生じます。

交通規制については、道路にしっかり積もる場合は通行止めが実施されますが、通行止めのタイミングなどによっては、雪が積もった状態でもしばらく走行可能な状態となりますので、スタッドレスタイヤがない場合は危険な環境となります。

なお、天気予報については東側の区間については和歌山ではなく「奈良県南部」の天気予報が最も参考になりますが、可能であればピンポイントな天気分布予報などを確認する方が無難です。

京奈和自動車道【奈良県内】の「雪事情」

積雪の頻度五條~御所周辺は平均年2~3回程度
橿原以北は平均年1回あるかないか
※暖冬の年は一切積もらない場合もあり
積雪の量うっすら~数センチ程度が多い
数年に1回程度10cm以上の大雪となる場合あり
規制など道路にしっかり積もる場合は通行止め措置が実施

奈良県内の京奈和自動車道については、雪の頻度は和歌山県内と同様「多くはない」環境ですが、概ね「南へ行くほど」積雪の回数が増す傾向が見られます。

和歌山県側に近い五條市や御所市(特に南側)では、和歌山県の橋本市・かつらぎ町と比較的似た環境で、寒い年であれば複数回の積雪が見られます。

10cm以上のまとまった雪も数年に1回程度あり、2014年には20cm以上の積雪となるなど、頻度は極めてまれですが、大きな交通障害が発生することもあります。

橿原市以北の区間(大和郡山市内まで)については、五條方面と比べると雪の可能性は低く、平均年1回程度の「積雪頻度」となります。但し、まとまった雪は平均数年に1回程度あり、2008・2011・2014年には10cm以上の積雪となったことがあります。

通行止めについては、和歌山県内と同様道路にしっかり積もった場合は通行止めとなりますが、橿原方面から南へ移動すると、御所市内から急に道路が白くなった。というケースもありますので、雪の予報や寒波のニュースが発信されている際には、走行に十分ご注意下さい。

京奈和自動車道【京都府内】の「雪事情」

積雪の頻度平均年1回あるかないか
積雪の量うっすら~数センチ程度が多い
ごくまれに10cm以上の大雪となる場合あり
規制など積雪時は通行止めの場合が大半

京奈和自動車道のうち、「京奈道路」と呼ばれる京都府南部(木津IC~城陽JCT/IC)までの区間は、雪となる頻度はそれほど多くありません。

京都府内でも京都市まで行くと毎年のように雪が積もりますが、京奈道路の通る区間は京都府でも最も南側にあたる地域で、通過する木津川市・精華町・京田辺市・城陽市内のいずれの地域も年間1回積もるかどうか。という水準です。

積雪も10cm以上になるケースはかなりまれで、近年では2008年・2014年にそれぞれ10cm以上の積雪となっていますが、奈良県内・和歌山県(東部)の区間と比べると雪の頻度はより少ないと言えるでしょう。

通行する車両は大半がノーマルタイヤのため、積雪となった場合は、ごくわずかな積雪でも通行止めとなる場合が多くなっています。

なお、「雪の少なさ」に対し、「冷え込み」はかなり厳しい地域ですので、雪のみならず雨の翌日の「路面凍結」などにも十分な注意が必要です。

まとめ

京奈和自動車道は、近畿中南部を通るため「雪」の頻度は特段多くない道路ですが、阪和自動車道などと比べると雪が積もる可能性がやや高くなります。

区間ごとに見ると、和歌山県のかつらぎ・橋本周辺~奈良県の五條・御所周辺の地域寒い年は複数回の積雪、数年に1回は10cm以上の大雪となる場合があります。

道路上にしっかり雪が積もる場合、通行止めが実施されますが、降り始めなどタイミングによっては積雪路面を通行する可能性もありますので、雪の予報となっている場合・寒波が襲来している場合・「雨か雪」の予報が出ている場合などは走行に十分ご注意下さい。