和歌山県の「雪事情」とは?地域ごとの傾向を詳しく解説【温暖なイメージ】

雪・気候

近畿地方の南部に位置する「和歌山県」。太平洋に面する地域のため、一般には「南国」のような「温暖なイメージ」を持つ方が多く、実際に海沿いはかなり温暖な気候となっています。

一方で、県内を見ると冬場はかなり寒くなる地域もあり、「雪」とも無縁ではありません。こちらでは、「和歌山県」の「雪事情」について、地域ごとの降雪傾向などを詳しく解説していきます。

和歌山市周辺・紀ノ川沿い(平地)の「雪事情」

雪が積もる頻度和歌山市:積もらない年も多い
岩出市・紀の川市周辺:和歌山よりはやや増える
橋本市・かつらぎ町周辺:平均年2~3回程度
積もった場合の量和歌山市周辺:通常うっすら程度
岩出市・紀の川市周辺:通常うっすら~数センチ程度
橋本市・かつらぎ町周辺10cm以上の積雪となる場合あり
雪が積もる要因「冬型の気圧配置」・「南岸低気圧」の両方
タイヤ装備ノーマルタイヤの車が多い(橋本周辺はスタッドレスも)
※あくまでも気象データを考慮した「推定値」

和歌山県の「北部」と呼ばれ、多くの人口が住む和歌山市~紀の川周辺エリアは、雪が多い地域ではありませんが、東へ行くほど雪が積もる頻度が増える傾向があります。

雪は、「冬型の気圧配置」の際に大阪湾・紀伊水道近くで発生した雪雲が流れ込むケース、また太平洋を通る「南岸低気圧」の影響で雪が降るケースの両方が原因となりますが、いずれも「頻度」は多くありません。

特に和歌山市周辺は、近畿地方でも大阪・神戸並みに雪が少ない地域で、平成以降「5cm以上」のある程度の積雪となったことは、わずか「2回」しかありません。和歌山市街地では、平均すれば2年に1回くらいのペースで雪化粧していますが、その場合でも、積雪「1cm」とすら言えないような、わずかにうっすら雪が「付く」程度のケースが多く、雪が生活に大きな支障をもたらすケースは少なくなっています。

一方で、東へ行くと雪の頻度はやや増え、かつらぎ・橋本周辺は「雪が多い」地域ではないものの、寒い年は複数回の積雪も珍しくない環境となります。内陸で寒気が溜まりやすい地形のため、太平洋側を通る「南岸低気圧」の影響もやや受けやすく、2014年には20cm程度の大雪が降ったほか、2017年・2011年にも概ね10cm前後の雪が積もっており、和歌山市周辺とは状況がかなり異なります。これらの地域は山間部も近く、そのような地域との行き来も多いため、冬場はスノータイヤを着用される方も一定程度いらっしゃいます。

沿岸部(和歌山市以南)の「雪事情」

雪が積もる頻度海南~白浜方面:平均年1回未満(積もらない年が多い)
すさみ~新宮方面ほぼゼロ
※年ごとの差が大きい
積もった場合の量海南~白浜方面:概ねうっすら~数センチ
※湯浅~田辺周辺では極めてまれに10cm以上の大雪の場合あり
すさみ~新宮方面:仮に積もったとしてもうっすら
雪が積もる要因「冬型の気圧配置」・川辺周辺まではまれに「南岸低気圧」
タイヤ装備ノーマルタイヤの車が大半
※あくまでも気象データを考慮した「推定値」

和歌山市より南側の沿岸部は、頻度としては和歌山市以上に積雪となることが少ない環境で、雪が積もらない年の方が圧倒的に多い状況です。海からの温暖な気流を受け、橋本方面などではやや頻度が多い「南岸低気圧」による雪はほぼ降らず、極めてまれに降っても御坊・川辺以北に限られるため、雪が降る機会自体が少ない地域です。

積雪の頻度はすさみ・串本・勝浦・新宮といった近畿地方の南端部に近い場所では、「少ない」を通りこして「ほぼない」と言ってよい位の少なさで、近畿地方では最も雪とは「無縁」の地域と言えるでしょう。

なお、「風向き」の関係上、「冬型の気圧配置」が強まる際に紀伊水道周辺で発生した雪雲が流れ込む可能性がある湯浅・御坊~田辺・上富田周辺のごく一部の「ライン」では、極めてまれに大雪に見舞われるケースがあります。2017年には、場所によっては平地でも積雪20cm以上となり、大阪・神戸・和歌山市ではまず見られないような雪景色となりました。

もっとも、こういった「大雪」となることは「極めてまれ」であり、平均すれば「10年に1度」はおろか、「四半世紀に1度」もないような現象ですので、「一般的」に捉えて頂く必要はありません。

山間部の「雪事情」

雪が積もる頻度高野山~護摩壇山周辺:かなり頻繁(年30日程度「積もる雪」が降る年・根雪の年もあり)
龍神温泉周辺:平均年間数回程度
その他北部山間部:ゼロ~年間数回程度
その他南部山間部:ゼロ~年間1・2回程度(本宮方面はやや多い)
積もった場合の量高野山~護摩壇山周辺:数センチ~最大60cm程度
龍神温泉周辺:数センチ~20cm程度
その他北部山間部:うっすら~20cm程度
その他南部山間部:うっすら~数センチ程度
雪が積もる要因「冬型の気圧配置」・田辺以北では「南岸低気圧」も
タイヤ装備着用状況は地域差大
高野山・花園・龍神一帯では冬用タイヤの装備が必須
※あくまでも気象データを考慮した「推定値」・「人が住む地域」または「一般道が通る地域」の場合

和歌山県の山間部は、「近畿南部」のイメージとは裏腹に、一部の地域かなり雪が多い気象条件を持ちます。

雪は田辺市以北かつ「奈良県」に近い地域かつ「標高の高い(概ね500m以上)」地域で多く降る・積もる傾向があります。

この条件に当てはまる「高野山」から「護摩壇山」にかけてのエリア(高野町・田辺市龍神地区の一部・かつらぎ町の花園地区)は、場合によっては「日本海側」の一部より雪が積もりやすい環境で、毎年必ず積雪となる他、寒い年には年間20~30日程度「積もるような雪」が降る機会があり、結果として長期間雪が残る「根雪」状態になる場合があります。

雪の量も多く、高野山~護摩壇山エリアでは、過去10年程度の中で40~60cm程度の「ドカ雪」に複数回見舞われており、「近畿南部」のイメージを持ってタイヤ装備なしで気楽に訪れると「痛い目に合う」可能性が否定できません。

なお、「山間部」といっても様々で、県内は、沿岸部と紀ノ川沿いを除き紀伊山地一帯の山地となっているため海に近い地域でも「山間部」として扱われる地域も多くなっています。

標高がそれほど高くなく、海からも比較的近いような「山間部」では、雪が積もる頻度はかなり少なく、とりわけ南紀地域(串本・古座川・勝浦方面)の山間部であれば、ごく一部を除いては「雪が積もらない」年の方が多いと言えます。

まとめ

和歌山県は「温暖」な気候がイメージされる地域ですが、地域によっては「雪」が積もりやすい地域もあり、ほぼ積もらない地域との差が大きくなっています。

雪は山間部の中でも「高野山一帯」でかなり多くなり、30cm以上の積雪が見られる場合があります。
一方で、沿岸部や和歌山市内では頻度はかなり少な目で、特にすさみ以南の沿岸部ではほぼ積もりません。

大まかには「田辺市以北」の地域「奈良県に近い」地域「標高が高い」地域、この3条件を満たす地域であるほど、雪が積もりやすい環境と言えるでしょう。