京都市バスの「混雑」はどんな感じ?

基礎知識・お役立ち情報

鉄道交通網が他の大都市と比べやや限定的な京都市は、歴史的にも「バス」の利用が多い地域です。

当記事では、京都市バスの「混雑」というテーマに特化して、その状況についてなるべくシンプルに解説していきます。

コロナ禍で一変した混雑状況

2020年初頭からの新型コロナウイルスの感染拡大の影響で、京都市バスの混雑状況についてもその構図は一変しています。

これまでは「観光客」で極端な混雑が見られる。というのが京都市バスの「よくあるパターン」であったものが、それらがほぼ消し飛んでしまい、現在は通勤・通学時間帯の一般的な混雑の方が目立つ(相対的に)状況になりました。

交通局や他事業者に関する報道などで言われる通り、利用は観光客や市民の利用が多い「日中時間帯」、また繁華街の需要に左右されがちな「夜間時間帯」で減少幅が大きいとされ、特に夜間時間帯の利用減少は元々の利用者数がそれほど多くないとは言え、かなりの減少幅となっています。

こちらの記事では、コロナ禍前の混雑状況の概要と、コロナ禍に見舞われてからの混雑状況の両方について、全体的な概要を説明しています。

通勤・通学時間帯の混雑は?

通勤・通学時間帯の市バスは、特に四条通沿いや京都駅などの中心市街地への通勤者、また大規模な学校(大学)などへの通学者で多くの利用があります。

混雑する系統は多く、どれがどの程度と一つ一つ説明する必要もないほどですが、四条通りを東西に通る3号系統・堀川通りをひたすら南北に進む9号系統・北区の住宅街と中心部を結ぶ主要路線である46号系統・市街地の循環系統である203号系統・205号系統・206号系統・207号系統などは一般に特に利用が多い系統となっています。

混雑については、通勤・通学時間帯は便数も多いため、乗り切れないような混雑になることは基本的になく、特段問題になるようなことは生じませんが、主要な系統では車内が着席したお客さんのみならず、多くの立ってご乗車になる方がおられ、バスの後ろ側の通路までお客さんが見られることもあります。

また、京都市の場合は中心街と反対方向についても、例えば四条通沿い・梅津地域の三菱・日新電機の工場、衣笠の立命館大学のように多くの事業所や教育機関などがありますので、中心街へ向かうバスでなくても通勤・通学時間帯には相応の混雑になる路線があります(ほぼ住宅しかないようなエリアへ向かう路線については、駅・中心街へ向かう便以外は空いています)。

なお、コロナ禍においてリモートワークなどが進んだ結果、2019年度までの通勤利用・通学利用と比べると合計で2~3割程度の利用減が見られます。混雑状況はかつてと比べ明らかに緩和しており、特に京都大学・立命館大学などへの移動など大学関係では大幅な減少が見られますが、全体としてみると、全員座れるようになった訳でもなく、一定の混雑状況があることに変わりはありません。

また、今後のオンライン授業の動向や人流抑制政策の動向によっては、利用がさらに減ったり逆にかつての水準に近づく可能性もあるため、状況については断定的なことは言えません。

日中時間帯の混雑(市民の利用)は?

京都市バスについては、日中時間帯についても「混雑しやすい」イメージが持たれがちな存在であり、実際にかつてはその傾向が顕著でした。

日中時間帯の混雑については、観光利用に伴うものとそうでないものがありますが、観光利用に伴わない一般的な混雑としては、そもそも運行本数の多い主要路線は(3号・5号・9号・46号、205号など各循環系統)は終日に渡り市民の利用が多いですし、このほかにも大学関連の利用が多い路線、また「敬老乗車証(敬老パス)」の利用が目立って多い路線などでは日中の利用も多い傾向がありました。

京都市バスは、少なくともコロナ禍までは朝夕のラッシュ時とそれ以外の時間帯の利用者数の差が少なく、昼間だから特段空いているとは言い難い路線が多いため、市民からは「いつも混んでいる」と言われることが多かったのです。

もっとも、コロナ禍によって利用者は減少しており、減少率は朝夕の通勤・通学時間帯よりも日中時間帯や夜間で大きいことから、かつては日中時間帯も含め座れないケースが多い路線も多かった路線でも、現在は比較的空いた状況となっている場合も多く見られます。

なお、洛西方面や洛南方面など、いわゆる「赤字路線」がまとまっているエリアについては、コロナ禍の前より比較的混雑度合いが低い路線も多くなっています。

「観光利用」の混雑は?

2019年・コロナ禍までの混雑状況

観光に伴う混雑については、かつてはインバウンド需要があったためコロナ禍に見舞われるまでは相当な混雑があり、いわば京都市バスのネガティブな側面として語られることも多いほど市民生活にも一定の影響を及ぼすものでした。

具体的には、観光地へ向かう路線は「平日の日中時間帯」に通路までぎっしりと乗客が見られるほどの混雑が常態化していた時期があり、市民の利用と重複する路線では支障が生じる状況が発生していました。観光客は昼前~夕方にかけての人の流れが大きく、遅い時間には市民の帰宅と重なる形で利用が増えることもあり、路線によっては実質的に1日の半分くらいが通勤ラッシュのような状況になる場合もあるほどでした。

ざっくりと言えば、東山・祇園・岡崎・銀閣寺方面へ向かう路線、次いで金閣寺方面へ向かう路線に観光客が集中する傾向があり、東大路通りを通る観光系統である急行100号系統は通年に渡って過酷な混雑状況となっていましたし、路線が重複する一方で市民の利用が多い206号系統もかなりの混雑状況が常態化していました。秋の観光シーズンには渋滞もあいまって臨時便を出しても多くの利用に対応できず、地下鉄への乗換券を無料で配るようなことも行われてきました。

また、金閣寺方面へは急行101号系統の利用に加え、市民の利用が多い205号系統に流れる観光客も多く、やはり夕方などを中心にかなりの混雑が見られました。

この他の路線については、四条河原町と清水方面を結ぶ207号系統、岡崎方面を通る5号系統、嵐山方面への28号系統なども観光客の利用が多く見られました。

コロナ禍での混雑状況

京都市バスを象徴する「観光客による混雑」は、2020年1月以降の新型コロナウイルスの感染拡大の影響で、その状況はガラリと変化しました。

あれほど多かった「インバウンド客」は基本的にゼロになり、国内観光客も感染状況に応じて激減する時期も多く、コロナ禍の現状では毎日のように「観光客でバスが溢れかえる」ようなことはありません。

但し、2020年11月の土日祝日や、2021年3月の土日祝日など、国内からの観光客だけでも相応の数になった時期にはコロナ禍の下でも一定の利用者数が見られた時期はあり、路線によっては観光客で混雑したこともあります。

しかしながら、平日に観光客で混雑することはほぼなくなり、土日祝日の混雑もかつてと比べると極端に緩和されていますので、現在は「京都市バス=観光客で混む」というほどの状況ではなくなりました。

なお、観光利用は随分と減った市バスですが、バスが余り利用されない地域にお住まいで「路線バス=いつでもガラガラに空いている」ようなイメージを持たれている場合、「利用者数が大幅に減った京都市バス」を見ても「大混雑=密」であると思われる方もいるかもしれません。市バスの混雑緩和は、あくまでもかつての京都市内の状況と比較したものである点には注意が必要です。

まとめ

京都市バスは「混雑する」ことでコロナ禍までは有名な存在で、通勤・通学ラッシュの時間帯に加え「観光客」で日中も含め大混雑する路線が存在したなど、日本で最も混雑しやすいバスといっても過言ではない存在でした。

新型コロナウイルスの感染拡大によって観光客が減少してからは、通勤・通学時間帯の混雑が相対的に最も目立つようになっています。

通勤・通学時間帯については、四条通り沿いや京都駅周辺など中心街へ向かうバスは多くが立ってご乗車になる方が見られるなど混雑するほか、市内には大きな事業所や大きな大学が複数あるため、中心街とは反対方向へ向かう路線でもかなりの混雑が見られるケースがあります。

コロナ禍以降では日中時間帯などは特に利用が減少し、主要路線でも極端な混雑はほぼ見られません。また、観光利用は一部の連休などである程度の混雑が見られたケースもありますが、通年を通してみた場合、2020年3月以降はかつてとは比較にならない利用状況で、「観光客で混む」状況ではありません。

なお、混雑の度合いについて、一番利用が多い時間を「10」として、あくまでも体感的なイメージとして表現すると、ざっくりと言えば下記のような状況であると考えて頂いてよいかもしれません(あくまでも体感的なもので、実測値ではありません。参考程度にお考え下さい。)。

観光系統かつての日常コロナ禍以降
早朝時間帯運行なし運行なし
朝ラッシュ時間帯一部を除き運行なし一部を除き運行なし
日中時間帯(午前)84
日中時間帯(午後)105
夕ラッシュ時間帯一部を除き運行なし一部を除き運行なし
夜間時間帯運行なし運行なし
一般系統かつての日常コロナ禍以降
早朝時間帯11
朝ラッシュ時間帯107.5
日中時間帯(午前)75
日中時間帯(午後)75
夕ラッシュ時間帯7.56
夜間時間帯21以下