【猛暑なのか】奈良の「最高気温」ランキング・夏の気温を考える

基礎知識・お役立ち情報

観光地が多数ある奈良県は、気候という面から見ると「内陸」というイメージから、夏は暑いというイメージを持つ人もいれば、山地が多いので涼しい避暑地もあるというイメージを持つ人もいます。

当ページでは、奈良の「暑さ」について、真夏の最高気温や平均気温のデータを見ていく事で地域ごとの傾向や特徴、暑さの程度などを考えていきたいと思います。

奈良地方気象台の最高気温ランキング

1位39.3℃(1994年8月8日)
2位39.2℃(1994年8月7日)
3位39.2℃(1994年8月6日)
4位38.4℃(1994年8月5日)
5位38.1℃(2018年7月19日)
6位38.1℃(2001年8月1日)
7位38.0℃(2020年8月16日)
8位38.0℃(2020年8月10日)
9位38.0℃(2018年7月18日)
10位37.9℃(2020年8月21日)

奈良地方気象台の最高気温上位を見て行くと、気象観測を始めて以来日本で最も暑い8月であった1994年の猛暑の際に観測されたものが上位を独占しています。

この際には8月5日~8日まで4日連続で最高気温が38度を越え、39度以上の気温を唯一観測するなど、極端な酷暑になりました。

一方で、それ以外のデータをみると近年のデータも多くなっています。これは最近暑さが厳しくなっていることもありますが、2017年以降気象台の移転によって観測地点がより市街地に近い場所に移ったことも一つの要因になっている可能性があります。

実際に夏の気温は、後ほど解説するように平均気温として見ても気象台移転後にやや不自然に上がっているようにも見えますが、かつての気象台の場所は自然豊かな高台にありましたので、現在の観測地点のほうがより「実態」に即した気温を反映していると言えるでしょう。

なお、全国各地の「史上最高気温」は以下の通りです。

奈良39.3℃(1994年8月8日)東京39.5℃(2004年7月20日)広島38.7℃(1994年7月17日)
大阪39.1℃(1994年8月8日)名古屋40.3℃(2018年8月3日)新潟39.9℃(2018年8月23日)
京都39.8℃(2018年7月19日)福岡38.3℃(2018年7月20日)金沢38.5℃(1902年9月8日)
神戸38.8℃(1994年8月8日)札幌36.2℃(1994年8月7日)那覇35.6℃(2001年8月9日)
和歌山38.5℃(2013年8月1日)仙台37.3℃(2018年8月1日)

各地と比較した場合、奈良の最高気温は39.8度を観測したことがある京都・40度越えを観測したことがある名古屋ほどの気温ではありませんが、関西の各県庁所在地や都市部の主要地域と比べてもほぼ同等で、特に涼しい地域という訳ではありませんし、むしろ内陸部らしい暑さのある地域と言ってよいでしょう。

平均気温で見た場合は?

奈良地方気象台の夏の気温を「平均気温」で見た場合、1981~2010年の平年値では以下の通りになります。

平均気温最高気温平均最低気温平均
6月21.9℃27.2℃17.5℃
7月25.8℃30.8℃21.8℃
8月26.9℃32.6℃22.6℃
9月22.9℃28.2℃18.8℃

一見すると、思った程高いように見えないかもしれませんし、この数字だけを見ると確かにそうなのですが、これは昭和の気温がやや低い時代のものも平均値に含まれています。そもそも近年は気温が高くなりがちで、気象台移転後の気温観測値は更に大きく上昇しています。

2011年以降の10年間の夏の平均気温を見ると、以下の通りになっています。

6月平均気温7月平均気温8月平均気温9月平均気温
2011年23.0℃26.3℃27.5℃23.4℃
2012年21.4℃26.3℃27.5℃24.1℃
2013年23.1℃27.1℃27.8℃23.2℃
2014年22.6℃26.4℃26.4℃21.9℃
2015年21.5℃25.8℃27.0℃21.6℃
2016年22.0℃26.6℃27.8℃24.1℃
2017年21.8℃28.1℃28.0℃22.9℃
2018年22.8℃28.8℃28.7℃23.1℃
2019年22.8℃25.7℃28.3℃25.6℃
2020年24.2℃25.3℃29.7℃24.5℃

いずれの数値も平年値より高くなっているケースが多いほか、2017年に気象台を移転してからは、今までに観測されなかったような高い平均気温が観測されるようになっています。

ここでは表示していませんが、細かいデータを見ると特に朝の最低気温の上がり方が大きいようで、かつては年間数日~10日程度と少なかった「熱帯夜」が、この数年で年間20~30日程度と極端に増加してきています。

特に2018年以降、全国的に気温がかなり高くなっていることも確かですが、それに加えて気象台の移転で奈良の気温は上がっており、奈良市内の実際の「夏の気温」はかつての気象台で観測されていたようなデータよりも暑いことがはっきりしてきています。

なお、一例として2020年8月の平均気温を全国と比較すると、以下のようになります。

奈良29.7℃東京29.1℃広島29.9℃
大阪30.7℃名古屋30.3℃新潟27.7℃
京都30.5℃福岡30.2℃金沢28.9℃
神戸30.0℃札幌23.3℃那覇29.4℃
和歌山30.0℃仙台26.6℃

このように、周辺の主要都市よりも小数点単位でわずかに低い場合もありますが、特に大きな差はありません。いわゆる「ヒートアイランド現象」が深刻な都市部と大差なく、奈良の夏は「暑い」と言って差し支えないことがわかります。

わずかな気温差は、主に朝の最低気温が少しだけ下がりやすいことに由来するものですが、昼間の猛暑に大きな差はありません。

県内の暑さの地域差は?

これまで見てきた気温のデータは、「奈良地方気象台」のものですが、奈良県内の夏の暑さには一定の地域差があります。一例として2020年夏の平均気温を見ると、以下のようなデータとなります。

観測地点6月平均気温7月平均気温8月平均気温9月平均気温標高
奈良地方気象台24.2 ℃25.3 ℃29.7 ℃24.5 ℃102m
針アメダス20.8 ℃22.3 ℃25.9 ℃21.0 ℃468m
五條アメダス22.9 ℃24.1 ℃27.9 ℃22.8 ℃190m
大宇陀アメダス21.7 ℃23.0 ℃26.8 ℃21.5 ℃349m
風屋アメダス21.9 ℃23.0 ℃26.6 ℃21.7 ℃301m
上北山アメダス21.4 ℃22.5 ℃26.3 ℃21.3 ℃334m

このように、県内の他観測地点ではそれほどの高温は観測されていません。全国どこでも同じ話ですが、標高差があれば気温も変わりますので、奈良県内でも「盆地エリア」は特に暑い傾向があり、その逆に山地に行けば涼しくなっていきます。

一方で、よく言われる標高と気温の関係は「100メートルで0.6℃下がる」というものですので、それに当てはめて考えると奈良県内各地は気温はより下がりやすいとも言えます。場所によっては標高差が200メートル少々で3度程度の気温差も見られますが、これは特に朝晩の最低気温の違いが大きく、奈良市街地で熱帯夜の場合でも都市部でない地域ではそれより大幅に低い気温になるケースが多く見られることが影響しています。

すなわち、奈良の山間部・都市部でない地域が比較的涼しいというのは、決して間違いとも言えません。昼間こそ暑さを感じることは多いですが、特に朝晩の寝苦しさについては都市部以外では感じられない地域も多く、夏の暑さはしのぎやすいと言えるでしょう。

まとめ

奈良地方気象台では、過去最高気温として39.3℃を観測したこともあるなど、夏の暑さは大都市圏とほぼ大差ないもの(特に昼間の気温)になります。特に近年気象台を移転してからは観測される気温が高めになり、熱帯夜も多数記録されるようになっています。

県内各地の夏の暑さについては、奈良市街地・奈良盆地一帯の都市部と比べて山間部周辺の気温は大幅に低くなります。気温差は標高によるものも大きいですが、昼間の気温以上に、都市部でない地域は特に「朝晩の気温」が大きく下がりやすいため、寝苦しさもなくしのぎやすい環境と言えます。