【矢田丘陵遊歩道】のどかな里山を巡る気持ちの良いハイキングコース

観光のご案内

矢田丘陵遊歩道は、奈良市・生駒市・大和郡山市などの境にまたがる比較的なだらかな「矢田丘陵」の、主に尾根沿いを進むハイキング・散策コースです。

北は生駒市の「あすか野団地」付近からはじまるルートは、途中阪奈道路や帝塚山大学周辺を通り、一部では通行できないため迂回ルートを利用する箇所もありますが、概ねほぼ矢田丘陵全体を貫く形で矢田山・松尾山なども通り最終的には「法隆寺」周辺までアクセス出来るようになっています。途中には奈良盆地一帯や生駒市街地・生駒山などを望む眺めの良いスポット・展望台などもあり、のどかな「里山」らしい風情を味わいながら気持ちよく歩くことが可能です。

なお、ルートは概ねしっかりと整備されている所が多くなっており、危険な箇所は余り見られませんが、里山とは言え標高が200~300メートル程度の山林を歩くことになりますので、矢田丘陵遊歩道をご利用になる際にはハイキングに適した服装・靴などを身に着けて訪れることをおすすめします。また、冬は基本的に問題ありませんが、春~夏にかけては様々な虫などが多くなる季節となりますので、虫よけ対策などもあった方がよいでしょう。

矢田丘陵遊歩道の風景

矢田丘陵遊歩道の「マップ」については、奈良県公式サイト生駒市公式サイト 内に公式なマップがありますので、そちらをご覧ください。

次項では、交通アクセスについてご案内致します。

アクセス(電車・バス)

矢田丘陵遊歩道は、10キロ以上にも渡る矢田丘陵エリアを南北に進むルートとなっていますので、全域を縦走するのか、それとも一部区間のみ歩くのかなどによってアクセスルートは大きく異なります。もっとも、矢田丘陵はそれほど広大な山林が広がるエリアではありませんので、「最寄り駅」や「最寄りバス停」は多数あり、途中で疲れたりした時などにも「リタイア」しやすくなっています。

車でのアクセスについては、駐車場に停めてしまうと同じ場所に戻ってこなければいけませんので、南北に伸びるルートの性質上それほどおすすめは出来ません。また、利用できる駐車場は大和郡山市内「矢田山あそびの森」や「矢田寺」の駐車場などがありますが、生駒・奈良市内には利用しやすい駐車場はありません。基本的には電車・バスのご利用がスムーズなアクセス手段と言えるでしょう。

遊歩道の主な入り口までのアクセス

<遊歩道北端>

近鉄生駒・東生駒駅から奈良交通バス「あすか野団地センター」・「ひかりが丘」行き乗車、「稲倉」バス停下車、東に徒歩約8分、もしくは「あすか野団地口」バス停下車、南に徒歩約8分

<帝塚山大学近く>

近鉄東生駒駅から奈良交通バス「帝塚山住宅」行き乗車、「東生駒一丁目東」バス停下車

東側徒歩すぐに北側へ向かう遊歩道への入り口あり、南側へ行く場合は徒歩約3分、反対車線側、帝塚山大学近くの案内板付近から遊歩道へ入ります。

<暗越奈良街道(榁ノ木峠)>

近鉄東生駒駅から奈良交通バス「小瀬保健福祉ゾーン」行き乗車、終点「小瀬保健福祉ゾーン」バス停下車

バス停近くから国道309号線の山道を登る、徒歩10~15分程度で榁ノ木峠付近。北側、南側それぞれへ向かう遊歩道への入り口あり。

地図について

矢田丘陵遊歩道の「マップ」については、奈良県公式サイト生駒市公式サイト 内に公式なマップがありますので、そちらをご覧ください。

なお、遊歩道には多くの場所に案内表示、地図などが設けられています。一部わかりにくいルートもありますが、現地では各案内表示も参考にしてください。