【寝仏】滝坂の道沿いにある巨石の裏側には大日如来像が描かれる

ごあんない 「寝仏」は、奈良市街地から「柳生の里」方面へと伸びる「滝坂の道」沿いに複数ある石仏のうちの一つであり、新薬師寺などのある高畑界隈から山道に入ってからの区間ではじめに出会う石仏となっています。 道沿いに無造作に … Continued

【霊巌院】開化天皇陵に隣接する位置にある「阿弥陀三尊石仏」が美しいお寺

ごあんない 霊巌院(れいがんいん)は、近鉄奈良駅のすぐ近くと言ってもよい奈良の中心市街地、「三条通り」や「やすらぎの道」から細い道を少し入り込んだ場所にある浄土宗のお寺です。 山号を永亀山と呼ぶお寺は、奈良のお寺としては … Continued

【滝坂三体地蔵菩薩磨崖仏】夕日観音の近くにある南北朝時代の磨崖仏

ごあんない 「滝坂三体地蔵菩薩磨崖仏」は、高畑界隈から春日山・高円山の間を流れる渓流沿いへと進む「滝坂の道」沿い、「夕日観音」のすぐそばの場所にある磨崖仏です。 南北朝時代に作られたものと考えられている三体地蔵は、滝坂の … Continued

【尼ヶ辻地蔵石仏】黒く輝くお地蔵さまは鎌倉時代の作

ごあんない 素通りしてしまいそうなほどひっそりと佇むお地蔵さま 尼ヶ辻地蔵石仏は、唐招提寺や垂仁天皇陵からもそう遠くない近鉄「尼ヶ辻駅」近くの市街地の一角に佇むお地蔵さま(地蔵菩薩)です。 お地蔵さまは一般的に屋外に設置 … Continued

【川中地蔵尊】かつて流れていた小川で見つかった石仏をお祀りした地蔵尊

概要 川中地蔵尊は「きたまち」エリアの京街道沿いから少しだけ西に進んだ位置にあり、現在は道路の下を流れている(暗渠)「吉城川」と「中御門川」が合流する地点に佇む地蔵尊です。 お地蔵さまは「川中」の名の通り、川を暗渠化する … Continued

【まんなおし地蔵尊(瓦堂町)】立派な地蔵堂が特徴の「ならまちのお地蔵さま」

概要 「まんなおし地蔵尊」は、奈良町の南部、「京終エリア」と隣接する地域にあたる「瓦堂町」の町並みの中に佇む地蔵尊です。 このお地蔵さまは、平安後期~鎌倉初期に造立され、当初からこの近くにお祀りされていたものとなっており … Continued

【西国三十三所巡拝道(東大寺)】二月堂の裏手に広がる知られざる空間

ごあんない ほとんど誰も知らない「裏山」の秘密 東大寺境内では大仏殿に次ぐ知名度を誇る一大名所「二月堂」。その裏山には、二月堂のにぎわいとはうって変わり、奈良市民も含めてほとんど誰も知らない隠れたスポットがあります。 そ … Continued

【鎧地蔵堂】立派な「鎧地蔵石像」のある空間はかつての福智院の境内にあたる

ごあんない 鎧地蔵堂は、巨大な地蔵菩薩の存在で知られる「福智院」から南東側に少し離れたならまちエリアの中心部からはやや離れた町並みの中にある立派な「地蔵堂」です。歴史の詳細は不詳ですが、かつてはこの周辺まで福智院の境内地 … Continued

【洞の地蔵石仏・仏頭石】鎌倉時代の石仏と石柱上の珍しい「仏頭」が静かに並び立つ

ごあんない 洞(ほら)の地蔵石仏は、春日山境内や若草山麓からもそれほど遠くはない春日山遊歩道沿いに位置するお地蔵さまです。道沿いにやや無造作に倒れたような形で佇む鎌倉時代中期の建長6年(1254年)に造立された地蔵石仏は … Continued

【西大寺大師堂】石仏の「弘法大師坐像」をお祀りする小さなお堂

概要 西大寺「大師堂」は、西大寺境内の「愛染堂」の南側すぐの位置にある小さなお堂です。建物自体は大正12年に奉納された弘法大師坐像をお祀りするための空間として戦後に建てられたものとなっており、そのお祀りされている弘法大師 … Continued