【奈良春日野国際フォーラム甍内日本庭園】季節ごとの風景を静かに味わえる奈良公園内の隠れた名所

観光のご案内 一見入れなさそうな会議場敷地内にある立派な日本庭園 奈良春日野国際フォーラム甍(ならかすがのこくさいふぉーらむいらか・奈良県新公会堂)は、東大寺境内や若草山登山口からもほど近い「春日野園地・浮雲園地」の東側 … Continued

【寧楽美術館】「依水園」に付属する美術館では「東洋の美」をじっくり味わえる

観光のご案内 東洋の美術工芸品を多数所蔵しています 寧楽美術館(ねいらくびじゅつかん)は、奈良公園・東大寺周辺からほど近い位置にある奈良最大の日本庭園である「依水園」の敷地内に付属する形で設けられている美術館です。 この … Continued

【円窓亭(丸窓亭)】春日大社由来のユニークな建築は奈良公園内では異色の存在

観光のご案内 奈良公園の美しい自然の中に突如現れる謎めいた建築 円窓亭(丸窓亭・まるまどてい)は、奈良公園内の「飛火野」などにも近い「片岡梅林」の位置する「浅芽ヶ原(あさじがはら)エリア」に位置するユニークな建造物です。 … Continued

【春日大社参道(奈良公園)のムクロジ】「木の中から竹が生える」という少し奇妙な光景が広がる

観光のご案内 JR奈良駅から三条通りを通り、春日大社へと進む参道の途中、奈良国立博物館や片岡梅林のそばにもあたる森の一角には樹高15メートルにも及び、奈良県下最大とも言われる「ムクロジ」の巨樹が生えています。(「ムクロジ … Continued

【轟橋(南都八景)】歩道に埋め込まれた石材が小さな橋の唯一の面影

観光のご案内 「轟橋」は、室町時代以降に伝わるようになった奈良の風光明媚な風景を集めた「南都八景」のうちの一つに含まれる「轟橋旅人」の舞台となったかつて存在した小さな橋です。橋は現在の「みとりい池」の脇の京街道と交差する … Continued

【雲井坂(南都八景)】かつての急坂はバス通りに姿を変える

観光のご案内 「雲井坂」は、室町時代以降伝わるようになった奈良の風光明媚な風景を集めた「南都八景」のうちの一つ「雲井坂雨」の舞台であり、現在の奈良県庁東側、「みとりい池園地」の脇の「京街道」に伸びる坂道です。 現在の京街 … Continued

【雪消沢古跡】飛火野の端にある誰も気づかない小さな水辺はかつての「歌枕」

観光のご案内 「飛火野」の端にある注目されにくいスポット 雪消沢古跡(ゆきげのさわ)は、奈良公園内で最も広々とした芝生が広がる「飛火野(とびひの・とぶひの)」の北西端、市内循環バス「春日大社表参道」バス停のほど近くに位置 … Continued

【奥飛火野】有名な「飛火野」の奥に広がる野生の藤などが美しい「秘境」

観光のご案内 奥飛火野は、奈良公園一帯で最も広々とした「芝生」が広がり「鹿寄せ」や「大とんど」などの開催場所としても知られる「飛火野」の南東側、観光客が行き交うエリアからは直接見えない場所にある、飛火野本体よりは小さな「 … Continued

【洞水門】奈良公園のさわやかな「音の風景」を味わえるスポット

観光のご案内 洞水門(どうすいもん)は、奈良公園の南端部、「浮見堂」で有名な「鷺池」のほとりにある小さな「音の鳴る仕掛け」です。 別名としては「水琴窟」とも呼ばれるその仕掛けは地中に「伏瓶(ふせがめ)」を埋めて空洞を作る … Continued

【荒池園地の「土塀」】かつての興福寺塔頭寺院の痕跡とも推定される風化した土塀

観光のご案内 奈良公園南端部に位置する「荒池園地」。荒池と呼ばれるため池の周囲に美しい芝生広場が広がる風景の一角には、明らかに近代になってから整備されたものではない風化した「土塀」が設けられています。 この土塀は、観光マ … Continued