【薬師寺不動堂】白鳳伽藍の北西端に静かに佇む「秘仏不動明王像」をお祀りする空間

観光のご案内 お不動さまをお祀りするお堂の前では「大護摩」も行われる 薬師寺「不動堂」は、薬師寺「白鳳伽藍」の北西端付近、食堂・西僧坊裏手の拝観者が余り訪れない静かな空間に建つ小さなお堂です。 「不動堂」はその名の通り、 … Continued

【八柱神社(都祁)】ユネスコ無形文化遺産「題目立」で知られる山里の神社

観光のご案内 八柱神社(都祁)は、奈良市東部山間部の都祁エリア(大和高原エリア)の中心部である名阪国道針ICからは北東に離れた「上深川町」と呼ばれる農村に位置する神社です。 神社は地域の方々の崇敬を集める静かな空間となっ … Continued

【唐招提寺西方院(奥の院)】快慶作の阿弥陀如来立像が祀られる静かな空間

観光のご案内 金堂のある境内地から少しだけ離れた位置にある「塔頭」 唐招提寺「西方院」は、世界遺産「唐招提寺」の現在の境内地から西に近鉄電車の線路を挟んで少しだけ離れた位置にある塔頭寺院であり、またの名を「奥の院」とも呼 … Continued

【阿対の石仏】柳生の里を流れる川沿いに佇む巨大な磨崖仏

観光のご案内 柳生エリアの北端にある隠れた名所 「阿対(あたや)の石仏」は、奈良の奥座敷とも言える剣豪の里「柳生」エリアの北端部、奈良市と京都府笠置町との県境のそばに位置する比較的巨大な磨崖仏(石仏)です。 ハイキングコ … Continued

【安養寺】中将姫ゆかりの小さなお寺は珍しい佇まいの本堂を持つ

観光のご案内 中将姫ゆかりの地が密集するエリアにある小さなお寺 安養寺(あんようじ)は、歴史的町並みが広がる「奈良町(ならまち)」エリアの中心的エリアにほど近い一角に位置する小さな寺院です。奈良町にぎわいの家や奈良町資料 … Continued

【十念寺】弱者救済に尽力した「忍性」ゆかりのお寺

観光のご案内 ならまちエリアの西端部に佇む忍性ゆかりのお寺 十念寺は、「阿弥陀寺」・「正覚寺」などの小規模なお寺が多く立地する奈良町(ならまち)エリア西側の町並みの一角に位置する寺院です。 このお寺はかつて「西大寺」の復 … Continued

【嶋田神社】山辺の道沿いにある立派な「春日移し」の本殿で知られる神社

観光のご案内 かつては「崇道天皇陵」の位置にあったと言われる由緒ある神社 嶋田神社は、奈良市南部、のどかな田園風景が広がる「山辺の道(北コース)」沿いに位置する神社です。 「延喜式」では式内小社に指定されているなど相当な … Continued

【天乃石立神社】山の中腹にある複数の磐座をご神体とする神社

観光のご案内 「巨岩がご神体」の神社は原始的な神道文化を感じさせる 天乃石立神社(あまのいわたてじんじゃ)は、剣豪の里「柳生」エリアの中心部からは少し離れた山の中腹、ひっそりとした森の中にある小さな神社です。 この神社は … Continued

【興福寺仮講堂】奈良時代の梵鐘など複数の文化財が収蔵される空間

観光のご案内 薬師寺の旧金堂を移築したかつての「仮金堂」 興福寺「仮講堂」は、興福寺境内の北側、平成30年落慶の「中金堂」の裏手に位置するお堂です。 興福寺境内の建物としては、「大湯屋」などと同じく知名度の低いやや地味な … Continued

【朝日観音】「奈良の日の出」に美しく照らされる比較的大きな三尊像

観光のご案内 滝坂の道沿いでは最大規模の磨崖仏 朝日観音は、奈良市街地から剣豪の里「柳生」へと伸びる「柳生街道(滝坂の道)」の脇を流れる渓流沿いにある比較的大きな石仏(磨崖仏)です。 ハイキングコース沿いからそれほど離れ … Continued

【帯解寺周辺の町並み】「上街道」沿いの宿場の名残が感じられる風景が広がる

観光のご案内 奈良市南部、JR桜井線帯解駅・上街道沿いに広がる「帯解」エリア(今市町・柴屋町)は街道沿いの雰囲気、また古い農村の雰囲気も併せ持ち、現在も歴史的な町並みを色濃く残すエリアとなっています。 この「帯解」の名の … Continued

【旧柳生藩陣屋跡】旧柳生藩の「藩庁」跡は静かな広場に

観光のご案内 旧柳生藩陣屋跡は、剣豪の里「柳生」エリア、「柳生花しょうぶ園」に近い高台にあるかつての「柳生藩」の藩庁が置かれた屋敷(陣屋)の跡です。 陣屋は柳生一族の菩提寺である「芳徳寺」が完成した後、江戸時代前半の寛永 … Continued

【椿本神社】「魔物」や「天狗」から春日大社を守る神様

観光のご案内 椿本神社(つばきもとじんじゃ)は、春日大社の本殿近く、美しい灯籠の光を楽しめる「藤浪之屋」のすぐ南側にある春日大社末社の一つです。 毎年5月2日に例祭が行われるこの神社は、ご祭神としては角振神(つのふりのか … Continued

【八幡神社(元石清水八幡宮)】大安寺の鎮守神としての長い歴史を持つ市内有数の神社

観光のご案内 男山の「石清水八幡宮」のルーツとも伝わるかつての「大安寺の鎮守神」 八幡神社(元石清水八幡宮)は、「がん封じ」のお寺として有名な「大安寺」の南側すぐの田園風景の中にある比較的大きな神社です。 歴史としては、 … Continued

【興福寺大湯屋】鉄釜が内部に残される非公開の「お寺のお風呂」

観光のご案内 五重塔の近くにある「お風呂」? 興福寺「大湯屋(おおゆや)」は、奈良を代表する観光スポットである世界遺産「興福寺」の現在の敷地の東側、奈良県庁や奈良国立博物館などからも近い「奈良公園」の緑に囲まれた位置にあ … Continued

【摩利支天石】興福寺境内に現れる「宝蔵院流槍術」ゆかりの巨石

観光のご案内 興福寺三重塔の近くに置かれた巨石 摩利支天石(まりしてんせき)は、奈良を代表する寺院である「興福寺」の西側、朱色が美しい「南円堂」のすぐ裏側で興福寺三重塔の傍らにあたる場所に突如現れる「巨石」です。奈良町エ … Continued

【興福寺西金堂跡・八重桜】光明皇后ゆかりの仏堂跡周辺には「奈良を象徴する桜」が咲き誇る

観光のご案内 かつては「阿修羅像」も安置されていたとされる「西金堂」 興福寺の「西金堂」跡は、興福寺境内の中で近鉄奈良駅に近い「北円堂」のすぐそばに広がる空間です。「西金堂」と呼ばれるお堂は、現在は記念碑を除き痕跡は残さ … Continued

【龍王社(薬師寺)】大津皇子ゆかりの神社は境内の南東端にひっそりと佇む

観光のご案内 薬師寺「龍王社」は、薬師寺の白鳳伽藍の南東端、境内では珍しく穏やかな佇まいを見せる「東院堂」の南側に隣接する立派な神社です。 神社は訪れる人も少なく、名度は決して高くはない存在ですが、現在奈良国立博物館の所 … Continued

【若宮社(薬師寺)】「龍王社」と同じく「大津皇子」にゆかりの深い境内社

観光のご案内 薬師寺境内の「若宮社」は、薬師寺白鳳伽藍の南西端、西側の回廊沿いにその他の境内社である「弁財天」や「平木大明神」などと共に鎮座する小さな神社です。 境内社の中では東に徒歩2分ほどの位置にある「龍王社」と並ぶ … Continued

【壺神神社】春日大社参道沿いにある「醸造の神様」

観光のご案内 壺神神社(つぼがみじんじゃ)は、春日大社本殿方面への参道沿い、「萬葉植物園」のすぐそばにある春日大社の60社以上ある末社の一つであり、明治時代に2つの神社が合祀されて現在の位置に鎮座するまでは境内南北の神社 … Continued

【西大寺大黒堂】かつての塔頭寺院の本堂には室町時代の大黒天像をお祀りする

観光のご案内 西大寺の「大黒堂」は、西大寺境内の「本堂」の西側すぐ、「愛染堂」の北東側すぐの位置にある二間四方ほどの大きさのごく小さなお堂です。 大黒堂は、かつて存在し、明治期に廃絶した「三光院」と呼ばれる塔頭寺院の本堂 … Continued

【春日大社清浄門】興福寺の僧侶らが春日大社参拝に使用した門

観光のご案内 春日大社「清浄門(せいじょうもん)」は世界遺産「春日大社」の本殿周辺を囲い込む「回廊」沿いにある門の一つであり、回廊西側に位置するその他の「内侍門」・「慶賀門」とともに南北に並んでいます(清浄門は3つの門の … Continued

【円成寺護摩堂】不動明王立像・僧形文殊菩薩坐像などを安置する小さなお堂

観光のご案内 円成寺「護摩堂」は、庭園の美しさや大日如来坐像で有名な柳生街道沿いの「円成寺」の境内北側、自然に囲まれた空間に建つ小さなお堂です。 このお堂は、享保15年(1730年)に建てられた建物が老朽化により、199 … Continued

【四脚門(春日大社)】桂昌殿の西隣にある門は「神仏習合時代」の歴史を伝える存在

観光のご案内 春日大社境内、徳川家ゆかりの建築「桂昌殿」の西隣には、檜皮葺の屋根を持つ重厚な「四脚門」が設けられています。 この門は、江戸時代の初頭にあたる17世紀前半頃に建てられたとされる門(奈良市指定文化財)であり、 … Continued

【般若寺経蔵】「元版一切経」を収蔵した空間には「超昇寺」由来の仏像をお祀りする

観光のご案内 般若寺「経蔵(きょうぞう)」は、般若寺境内の東側に位置し、中国が南宋~元の時代であった頃に現地の大普寧寺において開版された経典「元版一切経」(約800巻が現存)を収蔵する施設として利用されてきた鎌倉時代築の … Continued

【十輪院護摩堂(不動堂)】智証大師円珍が造立した「不動明王像」をお祀りする空間

観光のご案内 十輪院「護摩堂(不動堂)」は、ならまちエリアを代表するお寺の一つである十輪院の山門を抜けて西側すぐの位置にある小さなお堂です。 仏堂建築自体は質素なもので、「本堂」や「御影堂」などと比べると目立たない存在と … Continued

【西大寺大師堂】石仏の「弘法大師坐像」をお祀りする小さなお堂

観光のご案内 西大寺「大師堂」は、西大寺境内の「愛染堂」の南側すぐの位置にある小さなお堂です。建物自体は大正12年に奉納された弘法大師坐像をお祀りするための空間として戦後に建てられたものとなっており、そのお祀りされている … Continued

【十輪院御影堂】弘法大師坐像が安置される小さなお堂

観光のご案内 十輪院「御影堂」は、ならまち有数のお寺として知られる「十輪院」の本堂の北東側の裏手に位置するごく小さなお堂です。お堂は一部改修、増築され、現在は地下に納骨堂を備えた施設となっていますが、元は江戸時代前半の慶 … Continued

【八窓庵(奈良国立博物館)】かつては「大乗院庭園」内部にあった奈良を代表する茶室の一つ

観光のご案内 八窓庵(はっそうあん)は、奈良国立博物館の敷地内、正倉院などの会場となっている「新館」部分の南側の庭園内に位置する奈良を代表する「茶室」の一つです。 茶室は、建立当初からこの地にあったものではなく、当初は興 … Continued

【若宮神社(手向山八幡宮)】神社の中心に見えるような立派な佇まいの境内社

観光のご案内 手向山八幡宮「若宮神社」は東大寺鎮守神としての歴史を歩んできた古社「手向山八幡宮」の境内社であり、境内社の中では最大の規模を誇る存在となっています。神社は八幡宮そのものの本殿の南側すぐの位置にあり、八幡宮の … Continued

【十輪院魚養塚】十輪院を創建した「書の達人」の墓所と伝わる空間

観光のご案内 魚養塚(うおかいづか)は、ならまちエリアにある「石仏」で有名なお寺「十輪院」の境内の北東端に位置する小さな古墳のような空間です。 この空間は、十輪院を奈良時代に創建したとされる官人、朝野宿彌魚養(あさのすく … Continued

【秋篠寺東塔跡】うっそうとした林の中には複数の礎石が現在も残される

観光のご案内 秋篠寺「東塔跡」は、秋篠寺の本来の山門である「南門」を入ってすぐ、参道から東にそれた林の中にあるかつての東塔の遺跡です。 周囲よりも少しだけ小高い空間には、2メートル近い直径を持つ大きな心礎とその他7個の礎 … Continued

【実忠和尚御歯塔】「修二会」創始者の「歯」を埋めた塚と伝わる石塔

観光のご案内 実忠和尚御歯塔は、新薬師寺の境内に入ってすぐ、本堂や地蔵堂の近くにある比較的大きな石塔です。 この塔は、その名の通り東大寺二月堂で行われる「修二会(お水取り)」を開始した人物として知られる「実忠」と呼ばれる … Continued

【建部門(東院南門)】平城宮跡東端部に法隆寺東大門をモデルに復原された重厚な門

観光のご案内 建部門(たけべもん)は、平城宮跡歴史公園の東端部、奈良時代の庭園を再現した空間である「東院庭園」のすぐ西側に位置する比較的巨大な門であり、かつて皇太子の宮殿などもあった「東院」エリアの正門として機能していた … Continued

【住吉社(手向山八幡宮)】重要文化財に指定されている境内社

観光のご案内 手向山八幡宮「住吉社」は、かつての東大寺鎮守神である「手向山八幡宮」の境内社の一つであり、境内社としては唯一重要文化財に指定されている小さな神社です。 創建は鎌倉時代で、ご祭神は住吉三神の底筒男命・中筒男命 … Continued

【住吉神社(氷室神社)】―住吉三神とその他四神をお祀りする境内社

観光のご案内 氷室神社「住吉神社」は氷室神社境内の西側、神社専用駐車場の脇にある氷室神社境内社の一つです。 御祭神は住吉三神(底筒男命・中筒男命・上筒男命)・瀬織津比咩・速開都比咩・気吹戸主・速佐須良比咩となっており、多 … Continued

【新薬師寺境内石仏群】「石仏の美」を堪能できる市内有数の石仏スポット

観光のご案内 十二神将像で知られる「高畑」エリアを代表する観光スポット「新薬師寺」。その境内には、知名度はそれほど高くはありませんが多数の石仏たちが並んでいることでも知られています。 石仏は境内の南側、本堂を北側に眺める … Continued

【西大寺南門】本堂・東塔跡を望む境内最古の建物

観光のご案内 西大寺「南門」は、大茶盛で有名な「西大寺」境内に入る門のうち大和西大寺駅から離れた住宅街に面するほうの門となっています。観光客の出入りは駅に近い「東門」が圧倒的に多いですが、この南門はその風景としては西大寺 … Continued

【舞光神社(氷室神社)】「楽人」らの氏神としての歴史を歩んだ神社

観光のご案内 氷室神社「舞光神社」は、氷室神社境内、「本殿」の東側すぐの位置にある境内社の一つです。 現在は「学業成就の神様」として信仰を集める舞光神社ですが、昔はその名の通り、「舞楽」などを行う楽人達の氏神としての歴史 … Continued

【般若寺三十三所観音石像】お堂を取り囲むやさしい石仏達に癒される

観光のご案内 般若寺「三十三所観音石像」は般若寺境内の「本堂」周囲に並べられている石仏であり、西国三十三ヶ所観音霊場のそれぞれのご本尊が石像となっています。これらの石仏は江戸時代の元禄16年(1703年)に山城国の寺島氏 … Continued

【岩本神社(春日大社)】大杉の真下に鎮座する住吉三神

観光のご案内 岩本神社は春日大社の本殿近く、「社頭の大杉」と呼ばれる大木の根元に社殿が設けられている小さな神社(春日大社の末社)です。この神社はご祭神としていわゆる「住吉三神」の表筒男命(うわづつのみこと)様・中筒男命( … Continued

【十輪院石造不動明王立像】堂々たる佇まいの石仏には一部「彩色」も残される

観光のご案内 十輪院「石造不動明王立像」は、ならまちにある十輪院の境内、蓮で美しい庭園の北側にある比較的大きな石仏です。 鎌倉時代に造立されたと考えられる不動明王立像は、右手には利剣を、左手には羂索を持つお姿となっている … Continued

【手力雄・飛来天神社遥拝所】春日大社本殿のすぐ東側に鎮座する神様に祈りを捧げる空間

観光のご案内 手力雄・飛来天神社(たぢからお・ひらいてんじんじゃ)遥拝所は春日大社本殿南側に伸びる「御廊」沿いに設けられている「遥拝所」であり、本殿の東側にあり直接参拝して頂けない「手力雄・飛来天神社」の神様に祈りを捧げ … Continued

【青榊神社(春日大社)】本殿のすぐ近くにある「争い事」を解決に導いて下さる神様

観光のご案内 青榊神社(あおさかきじんじゃ)は、春日大社本殿のすぐ南側、春日大社本殿参拝受付からのすぐ北側に鎮座する境内末社の一つであり、隣には辛榊神社が並んでいるほか、穴栗神社・井栗神社もあるなど4社が南北に並び立って … Continued

【十輪院石造合掌観音立像】「慈悲」の心を真っすぐに体現したかのような巨大な石仏

観光のご案内 十輪院の石造合掌観音立像は、ならまちにある十輪院境内、覆屋のある「不動明王立像」の東側すぐの位置にある巨大な石仏です。高さは不動明王立像と同じく2メートル程度となっており、不動明王さまとはうってかわり、長い … Continued

【辛榊神社(春日大社)】本殿近くの「交渉事」の神様

観光のご案内 辛榊神社(からさかきじんじゃ)は、春日大社本殿のすぐ南側、春日大社本殿参拝受付からのすぐ北側に鎮座する境内末社の一つであり、隣には穴栗神社と青榊神社が並んでいます。ご祭神としては「白和幣(しろにぎて)」様と … Continued

【般若寺鎮守社】傷みが激しくも神仏習合の面影を今に伝える

観光のご案内 般若寺「鎮守社」は般若寺本堂の北東側にある小さな神社です。覆屋などで厳重に保護された神社は傷みが激しく老朽化が進んでいますが、その創建は安土桃山時代に遡る歴史ある存在となっています。 ご祭神としては真言律宗 … Continued

【唐招提寺中興堂】「覚盛上人坐像」を安置する比較的真新しいお堂

観光のご案内 唐招提寺「中興堂」は、唐招提寺境内の北側、開山堂や地蔵堂といったスポットの近くにある比較的小さな寄棟造のお堂です。唐招提寺境内には奈良時代などの古い建築物が多い中で、この中興堂は平成11年(1999年)に鎌 … Continued

【穴栗神社(春日大社)】「幸運の神様」は奈良市内南部の同名の神社ゆかり

観光のご案内 穴栗神社は、春日大社本殿のすぐ南側に鎮座する境内末社の一つであり、隣には井栗神社と辛榊神社が並んでいます。ご祭神としては「穴次大神」(あなつぎのおおかみ)を祀っており、「幸運をもたらしてくださる」神様として … Continued

【勝軍地蔵尊(福智院)】甲冑を身に着け馬に跨ったお姿の珍しいお地蔵さま

観光のご案内 福智院「勝軍地蔵尊」は、巨大な地蔵菩薩の存在で知られる福智院の山門を入ってすぐの位置にある小さな地蔵尊です。 お祀りされている「勝軍地蔵」は、一般的には地蔵信仰が道祖神と習合した結果生み出され、鎌倉期以降に … Continued