【水木古墳】石垣と石室周辺をじっくり見学可能な柳生街道沿いの古墳

ごあんない 夜支布山口神社に近い位置にある小さな古墳 水木古墳(みずきこふん)は、柳生街道沿いの農村「大柳生エリア」の南部に位置し、多数の境内社のある比較的大規模な神社として知られる「夜支布山口神社」の東側すぐの位置にあ … Continued

【阿対の石仏】柳生の里を流れる川沿いに佇む巨大な磨崖仏

ごあんない 柳生エリアの北端にある隠れた名所 「阿対(あたや)の石仏」は、奈良の奥座敷とも言える剣豪の里「柳生」エリアの北端部、奈良市と京都府笠置町との県境のそばに位置する比較的巨大な磨崖仏(石仏)です。 ハイキングコー … Continued

【朝日観音】「奈良の日の出」に美しく照らされる比較的大きな三尊像

ごあんない 滝坂の道沿いでは最大規模の磨崖仏 朝日観音は、奈良市街地から剣豪の里「柳生」へと伸びる「柳生街道(滝坂の道)」の脇を流れる渓流沿いにある比較的大きな石仏(磨崖仏)です。 ハイキングコース沿いからそれほど離れて … Continued

【寝仏】滝坂の道沿いにある巨石の裏側には大日如来像が描かれる

ごあんない 「寝仏」は、奈良市街地から「柳生の里」方面へと伸びる「滝坂の道」沿いに複数ある石仏のうちの一つであり、新薬師寺などのある高畑界隈から山道に入ってからの区間ではじめに出会う石仏となっています。 道沿いに無造作に … Continued

【滝坂三体地蔵菩薩磨崖仏】夕日観音の近くにある南北朝時代の磨崖仏

ごあんない 「滝坂三体地蔵菩薩磨崖仏」は、高畑界隈から春日山・高円山の間を流れる渓流沿いへと進む「滝坂の道」沿い、「夕日観音」のすぐそばの場所にある磨崖仏です。 南北朝時代に作られたものと考えられている三体地蔵は、滝坂の … Continued