【追分本陣村井家住宅】暗越奈良街道沿いにある「大和棟」の宿場建築

ごあんない 追分本陣村井家住宅は、奈良と大阪を結ぶかつての交通路「暗越奈良街道」の途中、富雄川沿いから矢田丘陵をのぼる途中の高台に位置する、江戸時代の19世紀初頭から中頃の時期にかけて建てられたとされる歴史的建造物です。 … Continued

【杵築神社】富雄川沿いの歴史ある神社は地域の深い崇敬を受ける

ごあんない 杵築神社(きづきじんじゃ)は、奈良市西部を流れる富雄川沿い、田園風景と郊外の住宅地が混在するエリアの一角に建つ神社です。 神社の案内板においては587年(用明天皇2年)に敏達天皇の皇子春日王が祖神である牛頭天 … Continued

【黒谷梅林公園】郊外住宅地の裏山に広がる知られざる梅の名所

ごあんない 黒谷梅林公園は、奈良市の西端「富雄」地域の南側、有名な「近畿大学農学部」にも近い丘陵地にある公園です。 郊外の住宅地・小中学校の敷地沿いを通り抜けた場所に広がる公園は、春先になるとその「梅林公園」という名の通 … Continued

【富雄団地からの眺望風景】奈良市街地を一望する穴場スポット

ごあんない 奈良市最西端の高台から広がる眺め 近鉄富雄駅から西に坂道を登った所にあるUR都市機構、旧公団住宅の富雄団地(とみおだんち)は、生駒市と隣接する奈良市の西端部に位置し、標高150メートルを超える高台にある団地か … Continued