【子安神社】「良弁」僧正の母親を祀ったとも言われる東大寺境内の神社

概要 子安神社(こやすじんじゃ)は東大寺の境内、大仏殿の西側すぐの位置にある神社です。神社は東大寺の古図にもその存在が記されているなど歴史が深い存在となっていますが、かつては「富貴社(フキのやしろ)」とも呼ばれていたほか … Continued

【光傅寺】「元興寺」北門のすぐそばにある小さなお寺

ごあんない 光傅寺(光伝寺・こうでんじ)は、ならまちエリアにある飛鳥・奈良時代の面影を強く残した世界遺産「元興寺」の北側に隣接する位置にあり、元興寺の北門のすぐ北側に山門を持つ小さなお寺です。 浄土宗のお寺である光傅寺は … Continued

【影向の松】クロマツの木の下では春日若宮おん祭「松の下式」が執り行われる

ごあんない 影向の松(ようごうのまつ)は、春日大社の参道沿い、「一の鳥居」のすぐそばにあるクロマツの木です。 その昔には春日大明神がこの地に翁の姿で降りたたれ、萬歳楽を舞われたという伝説も残される由緒ある空間は、鎌倉時代 … Continued

【浮雲神社(春日大社)】創建神話の舞台と同体と考えられてきた神社

概要 浮雲神社(うきぐもじんじゃ)は、「奈良春日野国際フォーラム甍」・「春日大社萬葉植物園」から比較的近い奈良公園内にある小さな神社であり、非常に多数存在することで知られる春日大社の末社の一つとなっています。この神社は春 … Continued

【北野天満神社】高架道路に隠された空間には「狛牛」がいる

概要 北野天満神社は、垂仁天皇陵などがある尼ヶ辻エリア、また喜光寺や菅原天満宮のある菅原エリアからそう遠くない「秋篠川」沿いに隠れるようにひっそりと鎮座する神社です。 位置関係としては秋篠川と菅原天満宮のあるエリアの中間 … Continued

【天神社(春日大社)】京都の北野天神を勧請したと言われる小さな神社

概要 天神社は、奈良公園内「奈良春日野国際フォーラム甍」や「春日大社萬葉植物園」から比較的近い位置にある小さな神社であり、春日大社の末社の一つとなっています。神社は京都の北野天神を勧請したものとされており、ご祭神は天常立 … Continued

【三条池跡・三条町の町並み】JR奈良駅前に残る農村の面影

ごあんない 奈良駅のそばにある巨大なため池の跡 三条池跡は、JR奈良駅に非常に近く、奈良町エリアの入り口にもあたる奈良市街地中心部の「三条町」エリアにある江戸時代に建造されたため池の跡です。 現在は完全に市街地の一部とな … Continued

【法華寺旧境内阿弥陀浄土院跡】―光明皇后を偲ぶ空間として創建された子院

概要 美しい庭園などで知られる門跡寺院「法華寺」。その南側には、かつて法華寺が現在よりも巨大な伽藍(境内地)を有していた際に存在した「阿弥陀浄土院」の跡があります。 阿弥陀浄土院は、法華寺の建立などに深く関わった光明皇后 … Continued

【不退寺南大門】鎌倉時代に建立された重厚な山門はかつての繁栄を物語る存在

ごあんない 不退寺「南大門」は、在原業平が創建した「業平寺」として知られる「不退寺」の境内の入り口に設けられた重厚な切妻造・本瓦葺の山門(四脚門)であり、重要文化財に指定されています。 門の左右には御所塀と呼ばれる重厚な … Continued

【洞の地蔵石仏・仏頭石】鎌倉時代の石仏と石柱上の珍しい「仏頭」が静かに並び立つ

ごあんない 洞(ほら)の地蔵石仏は、春日山境内や若草山麓からもそれほど遠くはない春日山遊歩道沿いに位置するお地蔵さまです。道沿いにやや無造作に倒れたような形で佇む鎌倉時代中期の建長6年(1254年)に造立された地蔵石仏は … Continued