【五所川原市の雪】平地も十分に雪が多い環境

自然・気候

青森県五所川原市(ごしょがわらし)は、青森県の津軽地方に位置する市です。市内は五所川原・金木地区と市浦地区が飛び地になっていることが特徴で、津軽平野・津軽山地・日本海沿岸・十三湖など様々な地理的環境が見られます。

気候面では、典型的な「日本海側気候」の地域であり、積雪は平地も含め多く、雪による影響をかなり受けやすくなっています。

豪雪地帯指定

豪雪地帯金木・市浦地区
特別豪雪地帯五所川原地区

雪の時期

特に降りやすい時期12月〜2月
比較的降りやすい時期3月
まれに降る場合がある時期11月・4月
根雪・比較的長期間雪に覆われやすい
・12月〜3月(特に前半)にかけて見られやすい
・一部の大暖冬のみ根雪にならなかったケースあり
五所川原市中心部を基準にした場合
全て「過去の一般的な傾向」

雪の量

五所川原市中心部・多い年は最大1m以上の積雪に
・少ない年でも最大50cm以上の積雪となる年が多め
・最大50cm未満の積雪となる年は、一部の大暖冬のみ
地域差・津軽山地沿い、青森市に近い側で特に多め
・沿岸部の市浦地区も、海沿いとしては比較的雪が増えやすい
周辺地域との比較・弘前市と同等程度〜やや少ない
・青森市と比べやや少ない
全て「過去の一般的な傾向」

五所川原アメダスの基本データ

年間降雪量(降雪の深さ合計)543cm(平年値)
年間最深積雪80cm(平年値)
観測史上最大の積雪深163cm(1986/2/11)

気象庁|過去の気象データ検索
気象庁|過去の気象データ検索

詳細は気象庁のデータをご確認下さい。

雪の要因

要因・主に冬型の気圧配置
・低気圧、気圧の谷などのケースも
大雪のケース・強い冬型の気圧配置の際に北寄りから入る「収束帯」や「寒冷渦」による雲 など

注意点

除排雪について - 五所川原市

五所川原市は、平地・市街地も含め雪は多い地域です。青森市街地と比べた場合、五所川原市街地の雪はやや少なめですが、多い年は1m以上の積雪となるケースもあり、根雪が長期間見られます。雪が少ない地域からアクセスする場合は、途中の区間も含め車の運転などには注意が必要です。

気温が低い地域であり、海からの強い季節風が吹き抜けやすいため、乾いた雪が「吹雪・地吹雪」として視界不良(場合によってはホワイトアウト)の状態を引き起こすことも一般的です。