【魚沼市の雪】典型的な豪雪地・市街地で過去に3m以上の積雪も

自然・気候

新潟県魚沼市は、新潟県中越地方の南東側に位置する市です。市内は西側の一部を除き平地が少なく、越後山脈一帯にあたる山深い環境が多くを占め、かなり標高が高い場所も見られます。

気候は特に典型的な「日本海側気候」の特徴が見られ、内陸側で気温が低いことも重なって、雪が極めて多い地域として知られています。

豪雪地帯指定

豪雪地帯
特別豪雪地帯魚沼市全域

雪の時期

特に降りやすい時期12月〜2月
比較的降りやすい時期3月
まれに降る場合がある時期11月・4月
根雪長期間雪に覆われやすい
・12月(特に後半)〜4月初め頃などにかけて見られやすい
・近年は温暖化の影響で、3月中に根雪が消えるケースも多め
魚沼市街地(小出)を基準にした場合
全て「過去の一般的な傾向」

雪の量

魚沼市街地(小出)・2m以上の積雪となる年も一般的
・過去には3m以上の積雪記録も
・最大1m未満の積雪に留まる年は一部の大暖冬に限られる
地域差・全域で雪は極めて多い
・山沿い、標高が高い場所ではより増加
・守門方面など4m以上の積雪記録がある場所も
周辺地域との比較
※中心部の場合
・長岡市と比べかなり多い
・上越市と比べかなり多い
・新潟市と比べ極めて多い
全て「過去の一般的な傾向」

小出・守門アメダスの基本データ

項目小出アメダス安塚アメダス
年間降雪量(降雪の深さ合計)900cm(平年値)1243cm(平年値)
年間最深積雪207cm(平年値)データなし
観測史上最大の積雪深363cm(1981/2/28)463cm(1981/2/9)

■小出アメダス

気象庁|過去の気象データ検索
気象庁|過去の気象データ検索

■守門アメダス

気象庁|過去の気象データ検索
気象庁|過去の気象データ検索

詳細は気象庁のデータをご確認下さい。

雪の要因

大半の要因冬型の気圧配置(西高東低)
まれな要因南岸低気圧、気圧の谷など(頻度は少なく影響は小さい)
ポイント「冬型」の場合、様々な条件で大雪になりやすい(長期間雪が続くケースも)

注意点

魚沼市の防災安全サイトです - 魚沼市ホームページ(防災安全課)

魚沼市は、市街地や平地も含め、全域で雪が極めて多い地域です。2m以上の積雪は市街地でも比較的見られやすく、山沿いでは4m以上の積雪となる年があるなど、全国的に見ても屈指の豪雪地となっています。雪が少ない地域から車でアクセスする場合などは、路面状態・車の状態・運転に十分な注意が必要です。

なお、内陸部で気温が低めのため、県内の海沿いでは雨・みぞれのケースでも、魚沼市内は雪となるケースがあります。

「湿った雪」となる機会が多めの地域ですが、気温が低くなり「乾いた雪」の影響を受ける場合を中心に、吹雪・地吹雪によって視界不良となるケースもあります。