【糸魚川市の雪】わずかな距離で積雪が全く違うことが多い環境

自然・気候

新潟県糸魚川市(いといがわし)は、新潟県の西端部・上越地方に位置する市です。市内は北側を日本海に面し、それ以外は大半が険しい山地となっており、「ジオパーク」としての知名度が高い地域としても知られています。

気候は典型的な「日本海側気候」の特徴が見られる一方、雪の状況は非常に大きな地域差が見られます。

豪雪地帯指定

豪雪地帯
特別豪雪地帯糸魚川市全域

雪の時期

降りやすい時期12月〜2月
時に降る場合がある時期3月
ほぼ降らないが、降った事例がある時期11月・4月
根雪市街地の場合、根雪にならない年も一般的
・見られる場合は1〜2月中が一般的
・少し山側へ行くだけで、長期間の根雪が当たり前の環境に急変
糸魚川市街地を基準にした場合
全て「過去の一般的な傾向」

雪の量

糸魚川市街地の雪・年ごとの差が非常に大きい
・最大50cm以上の積雪とならない年も多い
・暖冬年は最大10〜20cm台程度に留まるケースも
・まれな豪雪では1m前後の積雪となった事例あり
地域差・少し海から離れるだけで極端に増加
・沿岸部を除き「積雪1m以上」が一般的な場所が大半
・上早川、小滝方面をはじめ「積雪2m以上」が珍しくない地域も(特に雪が多い年は3m以上)
周辺地域との比較
※中心部の場合
・上越市と比べ少ない
・富山市と比べやや少ない
全て「過去の一般的な傾向」

能生アメダスの基本データ

年間降雪量(降雪の深さ合計)505cm(平年値)
年間最深積雪94cm(平年値)
観測史上最大の積雪深309cm(1985/1/30)

気象庁|過去の気象データ検索
気象庁|過去の気象データ検索

詳細は気象庁のデータをご確認下さい。なお、能生アメダスは能生地区のやや高い場所にあり、糸魚川市街地からは離れています。糸魚川市街地と比べ「かなり雪が多い」データとなっている点を確認しておく必要があります。

雪の要因

大半の要因冬型の気圧配置(西高東低)
まれな要因南岸低気圧、気圧の谷など(頻度は少なく影響は小さい)
ポイント・「冬型」の際は地形的な影響で降水量が非常にまとまりやすい
・一方で沿岸部は温暖な海の影響で積もりにくい気温となりやすく、内陸部との差が開きやすい

注意点

糸魚川市の積雪状況/糸魚川市
糸魚川市の公式ウェブサイトです。

糸魚川市は、冬型の気圧配置となる際に「地形的な影響」から雲が非常に発達しやすい場所です。冬場の降水量の多さは県内の上越市内〜東頸城丘陵周辺と同様に全国で最も多い水準となっており、山沿い・内陸部の雪は極めて多い地域です。

一方で、糸魚川市街地など海に直接面する場所は、相対的に温暖な海からの影響によって、気温がプラスになることが多い地域です。内陸部と比べ積雪が大幅に少ないか、全くないケースもあり、極端な差が「わずかな距離」で生じやすい特徴があります。