【妙高市の雪】日本屈指の雪が多い地域・市街地で積雪2m以上も

自然・気候

新潟県妙高市(みょうこうし)は、新潟県の上越地方内陸部に位置する市です。市内はその名の通り「妙高山」が南西側に位置し、北側を中心に平地が見られるものの、山地が広がる場所も多くなっています。

気候は典型的な「日本海側気候」の特徴が見られ、内陸で低めの気温となることもあり、積雪が非常に多い地域として知られています。

豪雪地帯指定

豪雪地帯
特別豪雪地帯妙高市全域

雪の時期

特に降りやすい時期12月〜2月
比較的降りやすい時期3月
まれに降る場合がある時期11月・4月
根雪長期間雪に覆われやすい
・12月(特に後半)〜3月(特に前半)にかけて見られやすい
・暖冬年は、比較的短めとなる場合あり(極めてまれに根雪なしも)
妙高市街地(新井)を基準にした場合
全て「過去の一般的な傾向」

雪の量

妙高市街地(新井)の雪・年ごとの差が非常に大きい
・最大1〜2m台の積雪となる年が多め
・過去の雪が多い年には積雪3m以上の事例も
・暖冬年には最大1m未満(状況によっては50cm未満)の積雪となる場合あり
地域差・全体的にかなり多い
・山沿いでは一層多くなりやすい
・雪雲の入り方次第で状況は様々で、標高が高い地域よりも低い地域の雪が多くなるケースも一部あり(例:妙高高原周辺よりも市街地の雪が多くなるケース)
周辺地域との比較
※中心部の場合
・上越市と比べやや多い
・長野市と比べ極めて多い
全て「過去の一般的な傾向」

関山アメダスの基本データ

年間降雪量(降雪の深さ合計)1061cm(平年値)
年間最深積雪204cm(平年値)
観測史上最大の積雪深362cm(1984/3/1)

気象庁|過去の気象データ検索
気象庁|過去の気象データ検索

詳細は気象庁のデータをご確認下さい。なお、関山アメダスは市内の南側に位置し、妙高市街地からは離れており、積雪は「より多い」傾向となりやすい点を確認しておく必要があります。

雪の要因

大半の要因冬型の気圧配置(西高東低)
まれな要因南岸低気圧、気圧の谷など(頻度は少なく影響は小さい)
ポイント・「冬型」の場合「雲の動き方」に応じ、市内の南北で雪の降り方に大きな差が生じやすい
・例えば「西寄り」から雲が入るケースでは、市の北側のみまとまった雪となる場合あり

注意点

雪・交通情報 - 妙高市
雪・交通情報 雪による被害を防止するための安全な雪処理対応や、市内の雪の状況、交通機関の情報などをお知らせします。...

妙高市は、日本国内屈指の豪雪地です。市の中心市街地(新井)でも「2m以上」の積雪となる年が見られます。市内は全域で雪が多く、標高が高い山沿いの地域では、更に積雪が増えやすい傾向が見られます。

内陸側ほど気温が低い特徴もあり、乾いた雪となるケースで風を伴う場合、「吹雪・地吹雪」による視界不良が生じるケースもあります。

長野市方面から車でアクセスする場合、信濃町周辺で増えた雪が、妙高市内に入ると更に急増することが多くなっています。路面状況・運転などには注意が必要です。