【村上市の雪】地域差が大きい環境・平地もしっかり積もる場合あり

自然・気候

新潟県村上市は、新潟県の北端部に位置する市です。市内は西側を日本海に面し、一部が越後平野の北端にあたる一方、東側など多くは山地であり、「朝日連峰」一帯の山々も見られます。

気候は典型的な「日本海側気候」の特徴が見られ、雪は多めですが、地域差が大きい特徴もあります。

豪雪地帯指定

豪雪地帯村上・荒川・神林・山北地区(朝日地区を除く全域)
特別豪雪地帯朝日地区

雪の時期

降りやすい時期12月〜2月
時に降る場合がある時期3月
まれに降る場合がある時期11月・4月
根雪年ごとの差が大きい
・見られる場合主に1〜2月中
・暖冬年など、根雪にならないケースも
村上市街地を基準にした場合
全て「過去の一般的な傾向」

雪の量

村上市街地・年ごとの差がかなり大きい
・多い年は最大50cm以上(80cm以上のケースも)積もる
・少ない年は最大20cm台など少ない積雪に留まる場合も
地域差・海沿いほど少なく、山沿いほど多い
・山北地区の沿岸部は市街地よりも積雪が少ない傾向
・朝日地区は雪が多め
・山沿いの一部では、1m以上の積雪が一般的な場所もあり
周辺地域との比較
※中心部の場合
・新発田市と同等程度
・新潟市と比べやや多い
全て「過去の一般的な傾向」

雪の要因

大半の要因冬型の気圧配置(西高東低)
まれな要因南岸低気圧、気圧の谷など(頻度は少なく影響は小さい)
ポイント「冬型」の場合は雪の状況に関わらず、沿岸部を中心に強い「季節風」が吹き付けやすい

注意点

むらかみ防災情報 - 村上市公式ウェブサイト

村上市は、新潟県内で比較した場合、突出して雪が多い地域ではないものの、一般的に雪が降る・積もる環境です。内陸側では雪が増えやすく、朝日地区などではかなりまとまった量の積雪となる場合もあります。

市街地についても、新潟市街地と比べるとやや雪が多い傾向で、車を運転する場合には道路状況が変化するケースが見られます。

なお、雪が少なめの沿岸部は、代わりに強烈な「季節風」が吹き付けます。強い寒波となる場合には沿岸部でも「乾いた雪」の影響を受け、「吹雪・地吹雪」による視界不良となりやすいため、積雪の多さに関わらず注意が必要な場合があります。