【胎内市の雪】地域差大・海沿いも山沿いも

自然・気候

新潟県胎内市は、新潟県の北部に位置する市です。市内は北西〜南東にかなり細長く、日本海に面する場所もあれば、海からかなり離れた飯豊連峰一帯の山深い場所もあるなど、地理的特徴は多様です。

気候は典型的な「日本海側気候」の特徴が見られ、雪が多い地域ですが、地域差がかなり大きくなっています。

豪雪地帯指定

豪雪地帯中条地区
特別豪雪地帯黒川地区

雪の時期

降りやすい時期12月〜2月
時に降る場合がある時期3月
ほぼ降らないが、降った事例がある時期11月・4月
根雪必ずしも毎年見られるとは限らない
・見られる場合1〜2月中が中心(一部12、3月のケースも)
胎内市街地(中条)を基準にした場合
全て「過去の一般的な傾向」

雪の量

胎内市街地(中条)・年ごとの差がかなり大きい
・最大50cm以上の積雪となる年も一般的
・過去の豪雪時には1m以上の積雪記録も
・暖冬傾向が強い場合、最大20cm未満の積雪など少ない場合あり
地域差・黒川地区など山沿いほど雪が増えやすい(積雪1m以上になる頻度が大幅増)
・海に近い地域ほど雪が少なめの傾向
周辺地域との比較
※中心部の場合
・新発田市と同等程度
・新潟市と比べやや多い
全て「過去の一般的な傾向」

雪の要因

大半の要因冬型の気圧配置(西高東低)
まれな要因南岸低気圧、気圧の谷など(頻度は少なく影響は小さい)
ポイント「冬型」は雪のみならず、海沿いほど強い「季節風」をもたらしやすい

注意点

404 Not Found

胎内市は、市街地(中条)の場合、新潟市街地よりは雪がやや多めの傾向です。車で移動する際などに、道路状況が途中で変化するケースがあります。

また、市内の地域差はかなり大きく、海沿い・市街地・黒川地区などの山沿いで、それぞれ積雪状況が変化しやすくなっており、その点も注意が必要です。

海から吹き付ける強い「季節風」の影響を受けやすいため、特に気温が低い場合は雪の量に関わらず「吹雪・地吹雪」による視界不良が発生しやすい地域にもなっています。