【阿賀町の雪】内陸のため雪は多い地域

自然・気候

新潟県東蒲原郡阿賀町(あがまち)は、新潟県の下越地方山沿いに位置する町です。阿賀野川などが流れる町内は、越後山脈(飯豊連峰)一帯の山々に包まれ、平地はほとんど見られません。

気候は典型的な「日本海側気候」の特徴が見られ、内陸で気温が比較的下がりやすいこともあり、積雪が多い地域となっています。

豪雪地帯指定

豪雪地帯
特別豪雪地帯阿賀町全域

雪の時期

特に降りやすい時期12月〜2月
比較的降りやすい時期3月
まれに降る場合がある時期11月・4月
根雪比較的長期間雪に覆われやすい
・12月(特に後半)〜3月にかけて見られやすい
・根雪にならない年は、極端な大暖冬のケースに限られる
阿賀町中心部(津川)を基準にした場合
全て「過去の一般的な傾向」

雪の量

阿賀町中心部(津川)・最大1m以上の積雪となる年の方がが多め
・特に雪が多い年は、1.5m以上の積雪も
・一部の暖冬となる年は、最大50cm未満の積雪に留まるケースあり
地域差・山深い地域、標高が高い地域では積雪が一層急増
・一例として福島県境に近く阿賀野川から離れた集落や、室谷、綱川地域などは非常に雪が多い
・場所によっては2m以上の積雪になりやすい環境も
・三川地区の阿賀野川沿いは、津川方面よりも雪が少ない場合あり
周辺地域との比較
※中心部の場合
・新潟市と比べかなり多い
・長岡市と比べやや多い
全て「過去の一般的な傾向」

津川アメダスの基本データ

年間降雪量(降雪の深さ合計)658cm(平年値)
年間最深積雪109cm(平年値)
観測史上最大の積雪深189cm(1985/1/17)

気象庁|過去の気象データ検索
気象庁|過去の気象データ検索

詳細は気象庁のデータをご確認下さい。

雪の要因

大半の要因冬型の気圧配置(西高東低)
まれな要因南岸低気圧、気圧の谷など(頻度は少なく影響は小さい)

注意点

ホーム|阿賀町
阿賀町は新潟県の東部に位置し、飯豊山や御神楽岳を代表とする多くの山々と豊富な森林資源、そして大河・阿賀野川と清流・常浪川の流れに恵まれた、水と緑の美しい町です。

阿賀町は、新潟市周辺など下越地方の平地と比べ、全域で雪が多めです。町中心部の津川地域でも、特に雪が多い年は、積雪1.5m以上を観測するケースが見られます。町内の地域差も見られ、山深い地域では2m以上の積雪となる機会が一般的な場所もあります。

雪が少ない地域から車でアクセスする場合などは、途中で道路状況が大きく変化することもありますので、運転などには注意が必要です。

気温が低くなり「乾いた雪」となる場合は、「吹雪・地吹雪」による視界不良が生じるケースも一部で見られます。