【関川村の雪】基本的な傾向を知る(量や時期など)

自然・気候

新潟県岩船郡関川村(せきかわむら)は、新潟県北部に位置する町です。荒川が東西に流れる町内は、東側を山形県と隣接しており、全体的に平地は少なく、飯豊連峰一帯などの山々が広がるなど山深い環境が目立ちます。

気候は典型的な「日本海側気候」の特徴が見られ、山沿いということもあり、雪は平野部と比べ多い傾向が見られます。

豪雪地帯指定

豪雪地帯
特別豪雪地帯関川村全域

雪の時期

特に降りやすい時期12月〜2月
比較的降りやすい時期3月
まれに降る場合がある時期11月・4月
根雪長期間雪に覆われやすい
・12月(特に後半)〜3月にかけて見られやすい
・4月まで残雪が見られる年はわずか
関川村中心部(役場付近・下関)を基準にした場合
全て「過去の一般的な傾向」

雪の量

関川村中心部(役場付近・下関)・1m以上の積雪が見られる年も一般的
・特に雪が多い年は、1.5m以上の積雪に達する
・一部暖冬年に限り、最大50cm未満の積雪に留まる場合も
地域差・村東部(山形県側)、山深い地域ほど多め
・場所によっては2m以上の積雪が見られやすい地域も
周辺地域との比較
※村中心部の場合
・新発田市と比べ多い
・新潟市と比べかなり多い
・米沢市と比べ少ない
全て「過去の一般的な傾向」

下関アメダスの基本データ

年間降雪量(降雪の深さ合計)519cm(平年値)
年間最深積雪86cm(平年値)
観測史上最大の積雪深178cm(2012/2/4)

気象庁|過去の気象データ検索
気象庁|過去の気象データ検索

詳細は気象庁のデータをご確認下さい。

雪の要因

大半の要因冬型の気圧配置(西高東低)
その他要因南岸低気圧、気圧の谷など(冬型と比べ目立つものではない)

注意点

新潟県関川村役場

関川村は、山沿いで地形的な影響から雲が発達しやすいこともあり、雪の量は多めです。村中心部(下関)でも雪は多いですが、それ以外のより山沿いの地域・山形県側の地域では、一層増えやすい傾向があるため、村内の差もかなり大きくなっています。

新潟市内など平野部から車で移動する場合、途中で道路状況が変化することも一般的ですので、運転には注意が必要です。

気温が低くなり「乾いた雪」となる場合は、「吹雪・地吹雪」による視界不良が生じるケースも一部で見られます。