【新発田市の雪】山沿いは雪が多い・平地も新潟市より多い場合あり

自然・気候

新潟県新発田市は、新潟県下越地方に位置する市です。市内は西側は一部越後平野が広がり、東側は櫛形山脈・飯豊連峰など山地が広がっています。

気候は「日本海側気候」の特徴が強く見られ、雪は多い地域で、平地と山沿いの地域差も目立ちます。

豪雪地帯指定

豪雪地帯新発田市全域
特別豪雪地帯

雪の時期

降りやすい時期12月〜2月
時に降る場合がある時期3月
降るケースはまれな時期11月・4月
根雪・年ごとの差が大きい
・根雪にならない年も
・見られる場合、1〜2月が中心
・状況次第では12月、3月の根雪も
新発田市街地を基準にした場合
全て「過去の一般的な傾向」

雪の量

新発田市街地の雪・年ごとの差がかなり大きい
・最大30cmの積雪は上回る年が大半、50cm以上となる年も多い
・一部暖冬年は最大30cm未満の年もあり
・豪雪年には1m以上の積雪事例もあり
地域差・山沿い(南側、東側)ほど急増しやすい
・人が住む地域でも赤谷地区などでは2m以上の積雪となるケースも
周辺地域との比較
※中心部の場合
・新潟市と比べやや多い
・長岡市と比べ少ない
全て「過去の一般的な傾向」

雪の要因

主な要因冬型の気圧配置(西高東低)
その他要因南岸低気圧、気圧の谷など(頻度は少なく影響は小さい)

注意点

除雪
新潟県新発田市公式ホームページ

新発田市は、平野部の雪は新潟県内で見た場合多いとは言えませんが、「新潟市街地」と比べるとやや多い傾向があります。新潟市街地〜新発田市街地を移動する際に、状況によっては路面状態が変化することもあるため、その点は注意が必要です。

市内の地域差も大きく、山沿いほど雪が急増しやすい傾向です。人が住む地域についても、櫛形山脈の地形的影響から雪が非常に多くなるエリアがあり(赤谷方面など)、市街地に積雪がないような場合でも、大量の積雪が見られることがあります。

海からの季節風が平野部を中心に吹き付けやすく、気温が低い条件で「乾いた雪」となる場合など「吹雪・地吹雪」となり視界が悪化するケースもあります。