聖籠町の「雪」【降る・積もる傾向などを知る】

自然・気候

新潟県北蒲原郡聖籠町(せいろうまち)は、新潟県の下越地方に位置する市です。北側を日本海に面する町内は、越後平野の一部に含まれ、地形的には北側を中心に「新潟砂丘」と呼ばれる砂丘の列が何列にも並ぶ構造となっています。

気候は「日本海側気候」の特徴が強く見られ、特に冬の季節風はかなり強く吹き付けます。降雪・積雪も一般的ですが、新潟県内では少なめの区分に当てはまる地域です。

豪雪地帯指定

豪雪地帯聖籠町全域
特別豪雪地帯

雪の時期

降りやすい時期12月〜2月
時に降る場合がある時期3月
ごくまれに降る場合がある時期11月・4月
根雪・根雪にならない年も多い
・見られる場合、1〜2月中が中心
聖籠町中心部(役場付近)を基準にした場合
全て「過去の一般的な傾向」

雪の量

聖籠町中心部(役場付近)・年ごとの差がかなり大きい
・20cm台程度積もれば十分に「大雪」と言える地域
・多く積もる年は、最大50cm以上の積雪に達する場合あり
・大暖冬のケースなどは、最大10cm前後などに留まるケースも
地域差・全域が平地で町域が狭いため、基本的に地域差は小さい
・一般論としては、海のすぐそばよりは少し内陸側の方が積もりやすい
周辺地域との比較
※中心部の場合
・新発田市と比べやや少ない
・新潟市と同等程度
・長岡市と比べかなり少ない
全て「過去の一般的な傾向」

雪の要因

主な要因冬型の気圧配置(西高東低)
その他要因南岸低気圧、気圧の谷など(頻度は少なく影響は小さい)
ポイント「冬型」は雪のみならず、強い季節風が吹き付けることによる影響が大きい

注意点

聖籠町トップページ

聖籠町は、沿岸部ということもあり、新潟県内では必ずしも雪が多い地域とは言えません。但し、雪が降る・積もるケースは珍しくありませんので、東京など雪が少ない地方のイメージからすれば、十分に雪が降る地域と言えます。

海沿いのため日本海から吹き付ける「季節風」がかなり強い傾向があり、気温が低い場合は雪の量に関わらず「吹雪・地吹雪」による視界不良となるケースがあります。