【刈羽村の雪】降る・積もる基本的な傾向などを知る

自然・気候

新潟県刈羽郡刈羽村(かりわむら)は、新潟県の中越地方に位置する村です。一般的には東京電力の発電所で有名な村内は、合併を経ていないため柏崎市に囲まれたような状況となっています。地理的には平地・丘陵地が見られ、海のすぐそばですが、厳密には海に接してないことが特徴です。

気候は「日本海側気候」の特徴が強く見られ、雪が降る・積もることはごく一般的で、海からの季節風による影響も大きい地域です。但し、より内陸側の地域ほどの「豪雪」にはなりにくい傾向が見られます。

豪雪地帯指定

豪雪地帯刈羽村全域
特別豪雪地帯

雪の時期

降りやすい時期12月〜2月
時に降る場合がある時期3月
ごくまれに降る場合がある時期11月・4月
根雪・年ごとの差が大きい
・根雪にならない年も多め
・見られる場合、1〜2月中が中心
刈羽村中心部(役場付近)を基準にした場合
全て「過去の一般的な傾向」

雪の量

刈羽村中心部(役場付近)・年ごとの差がかなり大きい
・最大50cm以上積もる年が半数程度
・1m前後積もるケースは極めてまれ
・暖冬年は、最大30cm未満の積雪に留まる場合も
地域差・狭い村域のため差は目立たない
周辺地域との比較
※中心部の場合
・柏崎市と同等程度
・長岡市と比べ少ない
・新潟市と比べ多い
全て「過去の一般的な傾向」

雪の要因

主な要因冬型の気圧配置(西高東低)
その他要因南岸低気圧、気圧の谷など(頻度は少なく影響は小さい)
ポイント冬型の場合、主に西寄りから雲が入る場合に雪が増えやすい(例外もあり)

注意点

刈羽村 笑顔の村 かりわ
刈羽村は新潟県のほぼ中央の日本海側に位置します。行政情報、イベント情報などを配信しています。

刈羽村は、沿岸部の自治体のため、より内陸側と比べると雪の量は増えにくいですが、雲の入り方の関係上、新潟市街地周辺などと比べると雪は多くなりやすい傾向が見られます。車で国道116号線などを通ってアクセスする場合に、途中で道路状況が変化する場合も見られるため、その点は注意が必要です。

雪の量に関わらず、海からの季節風がしっかり吹き付けやすい環境です。強い寒気が入り気温が低い条件になり「乾いた雪」となる場合などは、「吹雪・地吹雪」となり視界が悪化するケースもあります。