【粟島浦村の雪】離島特有の環境・海からの風が強い

自然・気候

新潟県岩船郡粟島浦村(あわしまうらむら)は、新潟県の北側、日本海上に位置する離島(粟島)を村域とする村です。村内はそれほど広い面積ではありませんが、海岸段丘などが見られるため、平地がほぼなく起伏がかなり大きい地形となっています。

気候は「日本海側気候」の特徴が強く見られますが、海上という性質上「雪の量」は県内でも特に少ない特徴があります。逆に「海からの季節風」は県内でも特に強く吹き付けるため、雪の量を問わず厳しい冬の気候になりやすい特徴があります。

豪雪地帯指定

豪雪地帯粟島浦村全域
特別豪雪地帯

雪の時期

降りやすい時期12月〜2月
時に降る場合がある時期3月
ごくまれに降る場合がある時期11月・4月
根雪・根雪にならないことが多め
・特に大雪となる年には見られる場合あり(1〜2月中の一部が主)
全て「過去の一般的な傾向」

雪の量

粟島浦村役場付近・年ごとの差が非常に大きい
・20cm以上積もると十分に「大雪」と言える環境
・50cm以上の積雪は極端にまれなケース
・うっすら〜10cm程度の雪が時折繰り返し積もるようなことが多め
周辺地域との比較・新潟市街地と比べやや少ない
・佐渡市街地(両津)と比べ少ない
全て「過去の一般的な傾向」

雪の要因

主な要因冬型の気圧配置(西高東低)
その他要因南岸低気圧、気圧の谷など(頻度は少なく影響は小さい)
ポイント冬型の場合、主に西寄りから雲が入る場合に雪が増えやすい(例外もあり)

ここがポイント

粟島浦村
粟島浦村は新潟県岩船郡の村で、新潟県北部の日本海に浮かぶ「粟島」を形成する唯一の自治体です。同サイトでは、粟島浦村への観光、移住、留学、アクセスのほか、暮らし、行政、ふるさと納税に関する情報をご案内します。

粟島浦村は、離島であるため冬の気候は特殊です。雪はごく一般的に降る・積もる地域ですが、その量は必ずしも多くないため、離島部以外の地域と比べ「まとまった積雪」にはなりにくい傾向です。もちろん、状況次第では20cm以上積もるケースもありますが、その頻度は少なめと言えます。

一方で、海からの季節風が強く吹き付けるため、状況次第では猛吹雪(暴風雪)に見舞われやすくなっています。高波の影響により航路が欠航になることも多いなど、雪の量に関わらず、冬の気候はかなり厳しい特徴があると言えるでしょう。