【立山町の雪】雪の多い地域・地域差も非常に大きい

自然・気候

富山県中新川郡立山町(たてやままち)は、富山県の中央部〜東部にかけて位置する町です。町内は「立山」という名の通り立山連峰一帯(観光ルートである「立山黒部アルペンルート」区間の多くを含む)とそこから流れ出す称名川・常願寺川一帯にあたり、北西側は川沿いの平地(扇状地)が広がっています。

気候は「日本海側気候」の特徴が強く見られ、雪は山沿いほど非常に多くなる地域であり、平地でもかなりまとまった量の雪が積もることがあります。

豪雪地帯指定

豪雪地帯
特別豪雪地帯立山町全域

雪の時期

降りやすい時期12月〜2月
時に降る場合がある時期3月
ほぼ降らない(ごくまれに降る場合も)時期11月・4月
根雪・年ごとの差が大きい
・根雪にならない年もあり
・見られる場合は主に1〜2月中の一部
上記は「立山町中心部(役場付近)」の場合、山沿いなどは大きく状況が異なる点に注意
上記は「過去の一般的な傾向」

雪の量

立山町中心部(役場付近)・年ごとの差が大きい
・最大30cm以上積もる年が大半、50cm以上となるケースも一般的
・1m以上の積雪はまれ
・一部暖冬年は、最大30cm未満など少なめとなる場合あり
地域差・平地では山に近い側ほど雪が増えやすい傾向
・山間部の集落は積雪1m以上が一般的な場合も
・常願寺川沿いで見た場合、岩峅寺駅周辺より山側へ入ると雪が急増しやすい
・立山黒部アルペンルート一帯などは、場所によっては夏にも残雪が見られる特殊な環境
周辺地域との比較
※中心部の場合
・富山市と同等程度
・高岡市と比べ同等程度〜やや多い
上記は「過去の一般的な傾向」

雪の要因

大半の要因冬型の気圧配置(西高東低)
その他要因頻度は少なく影響は小さい(ごくまれに南岸低気圧など)
ポイント・冬型の場合、西側から雲が入る場合にまとまった雪になりやすい
・平地の大雪は、強い冬型に伴う「日本海寒帯気団収束帯(JPCZ)」の影響が大きい

ここがポイント

ホーム|立山町

立山町は、平地も含め雪がしっかり降ることが一般的な地域です。平均的な雪の量は平地の場合、富山市街地などと大きな違いは見られませんが、雲の掛かり方などに応じ積雪差が生じるケースはあります。

町内の地域差がかなり大きく、山沿いの集落などは特に雪が多く、1m以上の積雪が一般的な地域も存在します。富山地方鉄道立山線を利用する場合、終点立山駅方面へ近づくほどに雪が増加するため、町内の地域差がはっきりわかりやすくなっています。