【舟橋村の雪】降る・積もる基本的な傾向などを知る

自然・気候

富山県中新川郡舟橋村(ふなはしむら)は、富山県の中央部に位置する村です。村内はかなり面積が狭いため、全域が平地となっています。

気候は「日本海側気候」の特徴が強く見られ、平地ながら雪はしっかり降る・積もることが多い地域です。

豪雪地帯指定

豪雪地帯舟橋村全域
特別豪雪地帯

雪の時期

降りやすい時期12月〜2月
時に降る場合がある時期3月
ほぼ降らない(ごくまれに降る場合も)時期11月・4月
根雪・年ごとの差が大きい
・根雪にならない年もあり
・見られる場合は主に1〜2月中の一部
上記は舟橋村中心部(役場付近)の場合・過去の一般的な傾向

雪の量

舟橋村中心部(役場付近)・年ごとの差が大きい
・最大30cm以上積もる年が大半、50cm以上となるケースも一般的
・1m以上の積雪はまれ
・一部暖冬年は、最大20cm未満など少なめとなる場合あり
地域差・狭い村域のためほぼない
周辺地域との比較
※中心部の場合
・富山市と同等程度
・高岡市と比べ同等程度〜やや多い
上記は「過去の一般的な傾向」

雪の要因

大半の要因冬型の気圧配置(西高東低)
その他要因頻度は少なく影響は小さい(ごくまれに南岸低気圧など)
ポイント・冬型の場合、西側から雲が入る場合にまとまった雪になりやすい
・平地の大雪は、強い冬型に伴う「日本海寒帯気団収束帯(JPCZ)」の影響が大きい

ここがポイント

舟橋村
舟橋村公式サイト。日本一小さな村は日本一輝いている村です。

舟橋村は、富山市に近く、雪の傾向は富山市街地などに近くなっています。平地であっても雪が降る・積もる機会や量が多めで、時にはかなりまとまった積雪となるケースもあります。一方で、狭い村域で山地はないため、村内の地域差はほぼ見られません。