降る雪の「雪質」が変化する要因とは?

自然・気候

雪はいつでも同じような性質を持つものではありません。実際には降っている時の状況などに応じ、雪質は大きく変化します。

こちらでは、雪質が変化する上での要因について、重要なポイントをまとめて解説していきます。

気温が最大の要因

サラサラ、ベタベタなど「雪質」を決定する要因は、気温が最大の要因です。気温が高ければ氷は解け、気温が低ければ氷が生じるということからも分かる通り、気温が高めとなれば雪は水を含んで「湿った重い雪(ぼたん雪)」になり、気温が低めとなれば「乾いた軽い雪(粉雪)」となることが基本です。

地上の気温が0℃以上、プラスの気温で降るような場合、既に雪は解け始めている段階ですので、重い雪がほとんどです。山陰〜北陸〜新潟県内の平地で降る雪はこのような雪が比較的多くを占めています。

疑似液体層の存在

気温が下がると雪質は乾いたものに変化しますが、気温がマイナスになっても、雪は突然「水分なし」になって完全にサラサラな状態に切り替わる訳ではありません。

概ね-4℃以上の場合、マイナスの気温であっても「疑似液体層」と呼ばれる薄い水の膜がしっかり生じるため、雪片は実質的に「少し濡れた」状態となっています。すなわち、気温がプラスの時ほどではないものの、ある程度雪片が大きくなりやすい、湿った雪として降る場合があります。

真の「乾いた雪」とは?

北日本など-4〜5℃程度やそれ以下で雪が降ることも多い地域では、湿った雪とは全く異なる性質のかなり軽い雪が降ります。気温が低いため地面に落ちても解けることがなく、降水量に対しどんどん積もっていくことが多くなっています。

但し、この場合でも-10℃くらいまでは、実際に体感するほどではないものの、先述した「疑似液体層」が存在するため、乾いた部分だけではなく湿った部分も存在する状態が続きます。

疑似液体層が存在しない、ほぼ全て氷の結晶で構成された雪片、いわば真の「乾いた雪」となる状態は概ね-10℃未満の気温で生じるとされます。このような気温で降るケースは、北海道であっても内陸部を中心に特に強い寒気が入る場合に限られます。

水蒸気量も重要

気温により根本的に左右される雪質ですが、同時に水蒸気量も重要な要素です。上空の水蒸気が多い場合、大量の氷の結晶が発生し、落下する過程でそれぞれがくっついていく形となるため、雪の粒が大きくなりやすい特徴があります。

一方で、上空の水蒸気量がそこまで多くない場合は、雪片が成長しづらく、小さめの状態で降りやすい特徴があります。但し、小さめの雪片は気温が上がるとより早く解けやすいため、結果として気温が低い場合のみ降ることが多くなっています。

積もっている雪は異なる要因も

降ってくる雪ではなく、既に積もった「積雪」については、その雪質を決定する要因は異なります。

具体的には気温に加え「風」の強さ(雪の表面が風の影響で固くなるなど影響を受ける)、「日差し」の有無(日なたでは融解・凍結を繰り返しやすく、日陰は解けずに残りやすい)なども大きな要因となります。

また、積もった雪は物理的な力(人間・車両などにより踏まれる・解かされる)ことも多く、そのような影響により雪質が変化することも多くなっています。