雪はどのくらいの強さで降れば「積もる」の?

自然・気候

雪が単に降っているだけなのか、積もる状況になるのかはその時々の気象条件に大きく左右されます。

こちらでは「積もるかどうか」について「降る強さ」というテーマから考えていきます。

強さというよりは気温次第

雪が積もるかどうかは、雪の降る強さよりも「気温」に左右されます。

氷点下の気温が続く状況であれば、地上に落ちた雪片は解けない場合が多いため、わずかな量でもそのまま残りやすい状況となります。

逆に、0℃以上で気温が高いほど、地上に落ちた雪片が解けやすくなるため、急速に積もりにくくなります。

気温が低ければ「とても弱い雪」でも積もる

北海道など寒冷地では、気温が-5℃未満などかなり低くなることが多く、そのような気温で雪が降ることがあります。

この場合、降水量が少ない中で積雪がそれなりに増えるケース(例えば0.5mmの降水量で積雪が3cm以上増加)、または降水量を観測していないのに積雪が増加するケースが見られます。

これは、決して積雪計が誤作動を起こしていることが多いという訳ではなく、降水量の観測状況の関わらず実際に「弱い雪」が降っている状態となっています。その降る強さが弱くても、気温が低いため「非常に効率的に積もる」状況が発生するというものです。

気温が高ければ「強い雪」でも積もらない

北陸〜山陰や南岸低気圧通過時の関東平野などは、比較的勢いよく雪が降る一方で、気温が0℃を上回るケースが多々見られます。

こういった場合、気温0.0℃〜0.5℃くらいであれば、まだある程度積もりますが、0.5℃を上回ると急速に積もりにくくなり、1℃くらいになるとほとんど積もらない状況になります。また、みぞれや雨に次第に変わっていきます。

降水量が1時間7〜8mmなど雪としてはかなり強く降っているのに、積雪が増加しない、または増加しても1cm程度に留まるようなケースが見られる場合は、気温が高いケースがほとんどです。