【朝日町(富山)の雪】県内東端部・少し異なる気象条件

自然・気候

富山県下新川郡朝日町(あさひまち)は、富山県の北東端に位置する町です。町内は一部が海沿いの地域・平地(扇状地)にあたりますが、大半は険しい山地であり「白馬岳」など後立山連峰の山々も町域に含まれます。

気候は「日本海側気候」の特徴が強く見られ、雪が降る・積もることは平地も含め一般的です。但し、海沿いの平地は富山県内で見た場合、海から吹く季節風の影響などから、最も冬場の気温が高い地域となっており、その他地域とは気候がやや異なります。

豪雪地帯指定

豪雪地帯朝日町全域
特別豪雪地帯

雪の時期

降りやすい時期12月〜2月
時に降る場合がある時期3月
ほぼ降らない(ごくまれに降る場合も)時期11月・4月
根雪・年ごとの違いが大きく、根雪にならない年も一般的
・見られる場合は主に1〜2月中の一部など
上記は朝日町中心部(役場付近)の場合・過去の一般的な傾向

雪の量

朝日町中心部(役場付近)・年ごとの差が大きい
・最大50cm以上積もる年もあれば、最大30cm未満に留まる年も
・1m以上の積雪は極めてまれ
・大暖冬の年は、最大10cm台などかなり少なめとなったケースあり
地域差・海側ほど少なく、山側ほど多め
・小川温泉一帯など山沿いの場所では、1m以上の積雪も珍しくない
・町域の大半を占める険しい山地は極めて雪が多く、人を寄せ付けない特殊な環境
周辺地域との比較・富山市と比べやや少ない
・高岡市と比べやや少ない
上記は過去の一般的な傾向

朝日アメダスの基本データ

年間降雪量(降雪の深さ合計)240cm(平年値)
年間最深積雪44cm(平年値)
観測史上最大の積雪深125cm(1981/1/17)

気象庁|過去の気象データ検索
気象庁|過去の気象データ検索

詳細は気象庁のデータをご確認下さい。

雪の要因

大半の要因冬型の気圧配置(西高東低)
その他要因頻度は少なく影響は小さい(ごくまれに南岸低気圧など)
ポイント・冬型の場合、西側から雲が入る場合に雪となりやすい
・但し、地形や風の収束に伴う影響で雲がへばり付くような動きとなる場合もあり、より西側の地域とは特徴が異なる

ここがポイント

ホーム|朝日町ホームページ - 下新川郡

朝日町は、平地で積もる雪の量は海沿いなどの場合、富山市街地よりやや少ない傾向にありますが、一部の暖冬を除きしっかり降る・積もる機会がある地域です。町内は地域差も見られ、山に近い集落などでは雪の量がやや多くなりやすい傾向となっています。

なお、雪雲の動くパターンが富山・高岡方面などとはやや異なる傾向があるため、雪がまとまって降るタイミングに状況によっては違いが生じることも見られます。